06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

大阪オーシャンズBDすぺさる(2)

・パラディッソでテスと遭遇するシーン

テス
「ラスティ?」
ラスティ
「…うち~?」
テス
「そやで、あんたやで。」

ラスティ
「ダニィ~!!」
ダニー
「ラスティ!久しぶりだが、今は失礼するよ。」
握手を拒否されてもしつこく握手しようとするラスティ。
「…さっき、優しかったのに…」
とがっかりして捌けていった。

(ラス子たん、可愛いすぐるううう


ついにこれだ~(笑)


・ジョンソン先生

前のシーンで
「誕生日のジョンソン先生は何をしてくれるのかな?」
と言いながらつまみ出されたフランク。

「はい、みちをあけてください。みちを。」
と出てきたジョンソン先生は、ハロウィン仕様の三角帽、
手には赤いピッチフォーク、「今日の主役」のタスキを斜め掛けにしてた。
助手の二人もハロウィンの被り物、持ち物(なんだか忘れた)

ジョンソン先生
「はっぴーはろうぃん♪はっぴーはろうぃん♪
アンタがかぼちゃのばけもの?」

ベネさま
「どこがだよっ!」
ジョンソン先生
「今日はいろんなことがあってなんだかわからない。
(助手の二人を指して)かわいらしい人たちもいますよ~。」

「わたしは、パーティー大好き!救急医療センターのジョンソンです。」
ベネさま
「パーティーピープルじゃないか!」
ジョンソン先生
「しゅじゅちゅには・・・どういしょがひつようだよ、
かぼちゃのばけもの。」

ベネさま
「だから、どこがかぼちゃなんだ!早く病院に運べ!」
ジョンソン先生
「わかりまちた。検査の結果ははっぴーはろうぃんで連絡します!
さあ、かぼちゃの…ばしゃへ(笑)」

なんやねん、これは(笑)

警備員の歌のあと、
「ユニバーサルスタジオより楽しいでしょ?」
と、せり下がっていきました。

ベネさまの秘書べスは
「明日は2回公演なのに、きっと朝まで飲むであろうハッピーバースディのジョンソンという医者も存在していません!」と。
そのとおりだったのね~。


偽ダニーで暴れまわったあと、
「ハッピーバースデイ おれ~♪ ハッ」
とラスティは捌けていった。
ベネさま
「バースディとハロウィンって欲張りすぎだろう!おめでとう!」



次はカテコです(^^)/
スポンサーサイト

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2965-cc7b8091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top