09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

フレコン(6)~フィナーレとカテコ

第二部の終わりはレミゼ3曲だったが
その前にちょこっとトークがあった。

殺シンを歌い終わったすぐあとに
「山本さんはフレンチミュージカルとはどんな関わりがありますか?」
と聞かれ

「今歌った曲がロックオペラモーツァルトのサリエリっていう曲で
あ、サリエリって曲じゃないですね(笑)
僕がサリエリをやった時の曲で・・・
あとはレミゼラブルではガブローシュとマリウスをやりました」

とコウジヤマモト。
(うろ覚えなので言葉はかなりいい加減です)

これを受けた来日キャストの方が
「ああ、それなら僕たちはもう要らないですね」
と言って笑いをとっていた。

なんで
「ロックオペラモーツァルトではモーツァルトとサリエリどちらもやりました」
って言わんのよぉ(^^;
と、ちともどかしく感じたが、これがコウジヤマモトなんすよね(笑)


第二部のラストのレミゼ曲の3曲目では全員が勢ぞろいして「One Day More」
それぞれがソロやデュエットで歌いつつ、最後は大合唱になったのが圧巻だった!

レミゼって観たことないし
レミゼ日本版CDは持っているが
マリウスコウジのところしか聴いてないんで、
全然わからんのですが・・・(^^;

耕史くんが歌ったのはアンジョルラスという役のパートらしい
(レミゼ好きの友から聞きました)
革命戦士で志半ばで命を落とすという役だそうで
なるほど、この時の表情はかなり戦闘モードで厳しくも勇ましい顔だった!

張りのある声が良く響いていて素晴らしかったぁ

何人かで掛け合いをする時も、コウジボイスがはっきりと聞こえてきた!
あの凄いメンバーの中でよくぞあれほど響いていたもんだ~
と感激しましたぁ

レミゼって、耕史くんにとっては本格的なミュージカルに出た初めての作品。
日本初演ということで現場も熱かっただろうし
いろんなものを吸収したんだと思うから・・・
やはり彼のどこかで核になっている作品なんじゃないかなぁ・・・

アンジョルラスとして皆さんと共に熱唱している姿を見て
ふと、そんなことを考えていた。

この時のコウジヤマモトは黒っぽい上下で(よく覚えてないっす)
首にフランス国旗を象徴するような赤と青のスカーフを巻いていた。
なんかカワエエ



カテコではジーザス・クライスト・スーパースターから「Superstar」
来日キャストのみなさんがロックでガンガン
客席にも降りて皆さんでノリノリ

ワタスもこの曲が好きだからうれしかったっす\(~o~)/
有名なのはサビだろうけど歌いだしのメロディが好きだ!

その後のカテコでは耕史くんも呼ばれ
皆さんでノートルダム・ド・パリの.Le temps des cathédrales /を歌った。
耕史くんもまたまたフランス語でがんばって歌っていたような・・・

たまに来日キャストの方と顔を見合わせると
ニコッと微笑みかけられて微笑み返すのがチャーミングだった

いつからか客席は総立ちになっていて
さらに次のカテコでもう1曲(耕ちゃんはいなかったが)
客席もステージもノリノリで本当に楽しかった\(~o~)/

最後のカテコでは、耕史くんも呼ばれてまたまた再登場
みなさんで挨拶

バンドの方に拍手を送ろうとしていたら幕が下りてしまったので
また再び幕が開いて、今度はバンドの皆さんへも拍手が送られた。

そして拍手拍手の中フレンチミュージカルコンサートは終わったのだった。

サリエリ様で圧巻オーラだったのに
呼ばれて袖から出てくるときはなんかハニカミながら
ちょっと遠慮がちに出てくる、そのギャップが凄いカワエエ~~~

ああ、それにしても夢のようなひとときだった
素晴らしいキャストのみなさんに感謝あるのみ


そして、

やはり

ああ、サリエリ・・・

ああ、サリエリ・・・

ああ、サリ・・・・この思いエンドレスだぁぁぁ~

さらに

モーたんの曲もぜひフランス語で聴いてみたい願望がムクムクと湧いているのだった

スポンサーサイト

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2934-e8f08a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top