07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

フレコン(2)~コウジ登場

いよいよ第二部
コウジヤマモト登場となるわけだが・・・

なんせサリエリ様に魂もっていかれたんで
他の記憶がほとんど飛んでます!
ほとんどがあいまいなんで、そこんとこヨロシクですm(__)m

一部では歌ごとの解説やキャストの紹介はなく、ひたすら歌歌歌~~
で、たまに何曲かの歌と歌の間に抽象的な感じのナレーションが入るだけだった。
(ナレは日本語で、愛とは、破滅とは、自由を求めて云々という感じ)

二部は、キャスト紹介とゲスト紹介があった。
(この時は通訳も登場)
一人のキャストが別のキャストを紹介し、その方がまた別のキャストをというバトン形式でのキャスト紹介があり、最後の方がスペシャルゲストとして「コウジヤマモト」を呼び込んだ。

コウジヤマモト、キタ~~~~
\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

下手袖から登場

それが、なんか、普通に「やあ」みたいに手を上げながら出てきたんで笑いも起きた!
あんまりにもその醸し出す空気感が自然体で(笑)

白い光沢のあるシャツブラウスにうっすらと色のついたベスト
ラインの入った黒っぽいボトム(ビロード素材?)
短めの淡い色の?スカーフを巻いて
短髪ヘアー
というビジュアルでご登場

で、まあ、まんまる目玉でてへへって顔してて
ゆるーい感じで、タレ目ちゃんだった(笑)

「いや~なんか囚われた宇宙人みたいで」
とタレ目コウジ。
これがいまいちウケなかった模様(笑)

この後、なんか二言三言話していたけど、内容は忘れました(^^;
雰囲気とか動作や受け答えが素朴すぎて笑いが起きていたような気がする(笑)
(友から教えてもらって思い出した)
「みなさん楽しんでますか?」
って客席に向かって呼びかけていたんだった!

まずコウジヤマモトの1曲目は
オペラ座の怪人から「All I ask of you 」のラウルパート

トークの時はまん丸目玉のタレ目ちゃんなのに
いざマイクを持ってイントロが流れ始めると
きりっと顔が変わった!
いきなりグッと顔が締まって、目がぐいっと吊り上がり
まん丸タレ目から切れ長へ
そして顔もきりっと鋭角になった・・・

この一瞬の変わり目が毎回凄いのだが!
久々にこの「変わり目」を生で見た!!

別人になるんだよなぁ~

で、All I ask of you は、あまくあま~く歌っていた。

ちょこっとたどたどしいような、そろそろそろり~っと歌う感じ
ラブソングのわりにはあっさり目というか
濃密な愛というよりは、まだ出逢ってまもない淡い恋のような印象。

でも囁きかけるような声が色っぽかったなぁ

マイクを持つ手がちょっと震えていて、片手を両手にしていた。
やはり緊張していたのかなぁ

最後に相手の方にちゅってしてたけど、これはお約束らしい・・・

なんか、あんまりここは歌が印象に残らなかった(^^;
っていうか拙者の脳はあまりにも殺シンで打ちのめされたんで
他はほとんど飛んでますのや~
スンマセン(^^;

でも、マイクを持って歌いだしたとたんに、表情が一変して
きりっとした二枚目顔になった、その切り替わりに萌えました

ぐいいいいいいっとじわわーーっと顔に緊張が走り
見る見るうちに顔の全体が引き締まっていく・・・
それを生で見たのだった。

耕ちゃん、八頭身過ぎて、しかも色白で
舞台上の方々の中で一番の外人体型っちゅうかなんちゅうか(あはは)



そしていよいよサリエリ様降臨へ


スポンサーサイト

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2930-a2603592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top