FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ヘド姐さんの心意気

tomo殿から教えていただいて(tomo殿本当に感謝です
ヘド姐さん入場のファンファーレ曲がわかったということもあり、
昨夜は、娘と久々に映画版ヘドを観た

で、娘と
「ヘドは本当に奥が深いよなぁ~
歌詞や曲の選び方、台詞の中に出てくる人物やひとつの言葉にも二重三重にひそませているものがあって」
という話になり…

「そして、思い当たったの
絶対的な権力は絶対的に堕落する」

でなくて (いちいちスンマセン(^_^;))

そして、思い出したの
ちょっと前にWig In A Boxの歌詞について、すごく興味深い話を聞いたことを!

(これを聞いた時、すぐに記事に書きたかったが、
あいにくバイトの忙しさががピークの時で書く余裕がなかったのだ)

英語に詳しいヘド友から
「shelf」
という言葉について教えてもらって
目からうろこじゃったああああ


で、その話とは…

『Wig in A Box』で繰り返し出てくる歌詞

I put on some make-up
and turn up the eight-track
I'm pulling the wig down from the shelf


みんなで歌うパーツよね~

ヘド曲でイチバン最初に覚えたのがこの歌詞だもんな~
だって、ヘド姐さんたちと一緒に歌いたいから~

当時は、毎日毎日
I put on some make-up
and turn up the eight-track
I'm pulling the wig down from the shelf

と車でも、キッチンでも、お風呂場でも
呪文のように唱えていたっけなぁ
こんな短いフレーズが、このざる頭では、なかなか覚えられなかったんで

で、このフレーズの中でも特に印象深いのが
the wig down from the shelf


なんか「shelf」という単語が初演時から印象に残っていたのよね

shelfって、いわゆる棚なのだが、
脱いだウィッグを棚からおろしてまた被るというヘド姐さん。
I'm pulling the wig down from the shelf
を何度も繰り返す歌詞になっているので
the shelf という言葉が、ものすごく頭に残ったのだ!!
なんか妙に気になっていたのだ。

from the shelf というのがなんかキーワードなのかなぁ・・・

「なんてことも考えた」

で、

で、

最近になって教えてもらったのだ
shelfという単語についての興味深い話を!!

そのヘド仲間の話によると
shelfには単なる「棚」だけでなく、使い方によってはいろんな意味がある。
で、
on the shelf
という言い回しを調べたら、おお!!と目からうろこだったと!

on the shelfは「棚上げされて」という意味からさらに広がっていて
握りつぶされて,
捨てられて
解雇されて.
婚期を過ぎて, 売れ残って.

という意味でも使うんだそうだ!!

おおおおおおお

なるほどおおおおお


おそるべし「shelf」

「shelf」サイコ~

だって、だって
アングリーインチを歌い終えて、Wig In A Boxを歌い始める時のヘド姐さんの状況って
まさに
「on the shelf」
そのものじゃないかぁぁぁ~


うおおおお~

Wigはいわばヘド姐さんの象徴みたいなもん!!

棚に置いたWigを棚から引っ張り出すヘド姐さん

つまり
ヘド姐さんは、自らの手で
on the shelf状態のwig
down from the shelf するのだ

これは、単に
「棚に置いてあるWigを棚からおろした」
っていう動作だけの意味じゃない気がする!!

で、

ここで俄然生きてくるのが「pull」という言葉。

I'm pulling the wig down from the shelf

pullって聞くと、単に棚から下ろすというより、
もっと強い意志みたいなものを感じてしまうなぁ~(勝手なアタシの思い込みですが…)
グッと引き戻す
っていうか
引きずり下ろす
っていうか

「on the shelf な状態のままなんて、冗談じゃないわ!
アタシのこの手でpulling the wig down from the shelfしてやるわ!!
捨てられた
裏切られた
行き遅れたけど、それがなによ!
立ち上がってやるううううう」

みたいな…。

それも
I'm pulling the wig down from the shelf
ってフレーズは何度も出てくるから

「何度でも立ち上がってやるわ!!」
と言うヘド姐さんが浮かんでくる!

ヘド姐さんの心意気が見えてくるようだ。


果たしてこんな意味も含めての歌詞なのかどうか、
本当のところはわかりません…
これは、あくまでもアタシの思い入れです…

でも、こうしていろいろ引っかかってくるモノたちがまだまだヘドにはあり、何年聴き続けても新しい発見があるのがヘドの魅力のひとつだし、引っかかったモノたちをふまえて観たり聴いたりすると、またまた新しいヘドに会える気がする・・・

だからエンドレスツアーなんすよね~ヘドは!!

ってことで、

つまりは、
ヘド姐さん、戻ってきてくれよ~!!!!!
って話だ。

結局ここなのよ、着地点は(笑)

気長にお待ちしてますわ








スポンサーサイト



カテゴリ: ・HEDWIG

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

なるほど!

なるほど!そんな意味もあったのですか
wig~は女性なら誰もが共感できる応援歌だと思っていましたが、ますますですね~v奥が深いなあ…ヘドウィグ…
URL | うみ #-
2010/07/21 01:08 * 編集 *

そういえば

ヘド翻訳をされた方のブログを見せていただいています。 
勉強になることが多いです。(最近更新されてないけど)

この北丸さんしかり スズカツさんそしてもちろん三谷さん・・・
クレバーかつインディぺンデェントな芯があり
尊敬できる方々にそろって賛辞をいただける 
役者山本耕史さん     いい!

URL | タイム #-
2010/07/21 13:06 * 編集 *

Wig In A Box

うみ殿

コメントありがとうございました(^O^)/
ホントに、ヘドってまだまだいろんなものが発見できそうで、奥が深いですよね!
Wig~は、あんなにポップで可愛らしい曲ですが、実はかなり悲惨で絶望しているヘドなんですよね。
それが、曲の途中からだんだん立ち上がっていき、再びパワーを感じさせてくれる…
そんなヘド姐さんが愛おしい~~~v-238
観ているこっちは、ヘド姐さんを応援しながら、自分も励まされているような気になりますねv-207
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2010/07/22 09:21 * 編集 *

さて

タイム殿

実力もあり、なおかつ信念もあり
なおかつ進化し続ける…
だからこそヘドウィグになれるんだと思うし、
そんな役者だからこその存在感だと思います。

さて、今度は新しいチャレンジですよね。
果たして各方面の方々からどんな評価を受けるのか!?
期待もあり不安もあり、でもやっぱ「楽しみが大きいですね。
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2010/07/22 09:26 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/293-ae042be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top