FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

フレコン(1)~第一部

あまりにサリエリ様の殺しのシンフォニーに魂持っていかれたんで
他が全部すっとんだ感じですが(^^;

本当に素晴らしいステージだった!

「レベルが高い」っていう言葉が安直に聞こえるほど、
とにかく来日キャストの皆さんがどの方も素晴らしすぎて
感動また感動

知らない曲でも、その歌声に聞き惚れ、時には涙がこぼれた。

歌の魅力とはこういうものなんだなぁ・・と実感!!


レポというか、おもに「コウジヤマモト in フレコン」レポをサラッと書きまする。
殺しのシンフォニーだけはめっちゃ熱く語る予定(あはは)



で、第一部

ROM曲以外は知らない曲ばかりだったが(^^;

たとえ曲を知らなくても、
言葉がわからなくても
聴いていて本当に楽しかったし
歌の魅力を堪能できた!

表現力と歌唱力のハンパなさ
・・・さすがでした。

歌い上げる曲もあれば
ロックテイストでノリノリの曲もあり

中でもやはり、なじみのROM曲が流れたら
テンションが上がりまくったもんね~

Place Je Passe(夢を支配する者)のメロディが流れ始めた瞬間に
体中の血が沸いた!!!!

会場もノリノリだったし・・

あのメロディが流れると、脳内ではモーたんの魅惑のダンスが浮かび、
大勢を引き連れて踊ったり歌ったりするあの場面が蘇った!
そんあこんなで、テンション上がりまくって、
手拍子も力が入り過ぎて
手のひらが痛くなってしまった(愚)

しばらくは手がジンジンしてたもんね(あはは)


これだけでこんな状態なんだから
第二部でサリエリ様の殺シン聴いたら、アタシどうなるの・・・

と不安になったほどテンション上がったのだった。


スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2929-2580519b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top