07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

失いたくない記憶

ここに書いた天使の息づかい

昨日の席では見えなかったなぁ…

あのとき座った席、
最上手で舞台を見上げるような位置

場面によってはセットに隠れて見えない部分も多々あって…
何よりも、いちばん見たい天使の寝顔が
天使本人の腕によって半分隠れてしまうような
そんな席だからこそ、その位置でしか見えない胸だったのだ。。

なにかを犠牲にしたからこそ見ることができた、
あの速く小さい天使の息づかい

美しさと残酷さを感じた究極のエロスは
あの劇場、あの位置、あの角度でしか見えない
隠れた何かだったんだなぁ


こんな風に、隠れた息づかいに美を見出したくなる
これはロストメモリーならではのことだろう、きっと。

あの世界に身をおくと、美意識が刺激され、美が見出され、
見出した美がさらに美意識を刺激する、
そしてその美意識がさらに美を見出すのだ。。

天使の息づかい
あの胸の上下、あの生々しくも美しい光景
あのとき感じた美とエロスは忘れない。。
失いたくない記憶のひとつだ。




スポンサーサイト

カテゴリ: Lost Memory Theatre

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

きれいなひと

さすがレクさまの文章もなんだか格調高いですね。
素晴らしい舞台、終わりましたね。横浜も西宮も堪能しました。
全部大好きでしたよ。クリエイティブで新しくて美しくて繊細で大胆で。
当代を代表するクリエーターたちの創作共演を観ることができたのも私には耕史君のおかげです。
そしてやはりいかにも
Yが
きれいすぎてどうなの。
終わったから白状しますが、初めてこの場面を見た時ただでさえその前の歌の魅力でクラッとなってるのに上着を脱ぐから、森山さんと同じ格好に(つまりもっと脱ぐのかと)なるのかとドキドキしてしまいました。(ただしレクさまの影響もある)
近くの席で見た時にはあまりの透明なエロス感のために陶然となり、音楽が大きく鳴ってくれないとゴクンと唾をのみ込む音がYに聞こえちゃうんじゃないかと心配でした。
そして息使いは、ささやかですがシャツの揺れを感じることができたのを覚えています。ブルッときました。
どこも全部きれいだがここはすべて耽美なY。
URL | タイム #EKsGaSlY
2014/09/08 14:17 * 編集 *

まさに!!!!

タイム殿

>森山さんと同じ格好に(つまりもっと脱ぐのかと)なるのかとドキドキしてしまいました

おんなじおんなじ
初日に
「もしかして脱ぐのか
正夢だったのか
脱ぐ脱ぐ、脱げ脱げ」
と激しく思ったことを白状します(笑)

すかす、あの透明感はなんなんざんしょう
透明感があるのに、いやあるからこそなおエロいって・・・
何者やねん、ったく

息遣い
ふふふ(何)

あの席の日、始まった時は
「ああ、見えねぇじゃんかよぉ」
と思う場面が何度もあって、自分のなかで残念感が漂っていたのですが
あの息遣い、あの胸の上下をはっきりくっきり見ることができて、もう余は満足じゃ~~でした。
何かを手に入れるためには何かをあきらめねばならんってことですな~
(ちょいヘドっぽい)
あの息遣いだけで、もう他にはなんもいらん~~~ってほど萌えましたから、十分でした(あはは)

URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2014/09/12 11:21 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2891-d20fe27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top