09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

Yふたたび

神戸のLMT

KAATに比べてかなり舞台が高かった。

舞台が低く、客席との一体感のあったKAAT

神戸の方は通常の舞台の高さなんだが、
KAATが低かったので、舞台が高いなぁという印象。

照明も微妙に違った。。

光と影のメリハリがちょっと弱まっていたような…
臨場感がちょっと弱まった分、まぼろしの世界にいるっていう感じが強くなった…

そんな印象。。

あくまでもワタシのかんじたことですが…

劇場が変われば印象も変わるもんですなぁ


Yうという男

なんか、艶艶してて、なんだあの美人度アップはぁぁぁー

KAATのときのちょっとやつれた感じがないから
あの時感じた悲愴感のようなものがないじゃないのさ

とにかく、ただただ、ひたすらひたすらひたすら美しかったっすよ

なんだなんだ、なんなのだ、あの美人ぶりは~

声にも艶が増していて、
セクシーボイスに磨きがかかっていた、

顔も声も艶艶してるんだもんね





気の抜けない休憩時間はえらいことになっておった(あはは)

すっごい人人人

休憩時間も舞台が続いていて、
山本耕史ではなく、あくまでもY


休憩に入り、緊張から解放された観客たちが思い思いに劇場の中へ散らばって行く
そんなカオス状態の劇場内をSから案内されるY

S氏から説明をうけて
なるほどそうなっているんですね
と答えていたのが聞こえた。


しばらく劇場内を歩いた後でまた舞台空間へ戻ってきたらしい。
早めに客席に座っていたらいつの間にか舞台に二人がいておろろいたもんね。
二人で舞台に上がって、舞台上を散策していました。。



カテコは熱かった

ブラボーの声が何度もかかり
鳴り止まない拍手がいつまでも続き
本当に熱かった

カテコは5回くらいあった気がする

舞台上のみなさんの感極まったような顔を見たら、なんかぐっときてしまった。。

神戸は燃えていた!



スポンサーサイト

カテゴリ: Lost Memory Theatre

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

観たかった。

こんにちは。
レポ有難うございます♩
行きたかったけど、気がついた時にはチケが完売してて遅過ぎたー!と当日券も出ない様だったので断念しました。

やっぱり箱が変わると、当然ながら演出も変わるんですね。
幕間も。
横浜千秋楽も物凄い人出でしたものね。金曜よりも倍以上の土曜よりも増えていたvという事は明日の大楽は如何なってしまうんでしょう。。
色々と知りたかった事を知ることが出来て楽しいです♪
明日、思いっきり楽しんで来て下さいね。
そしてまた、千秋楽の様子を教えて頂けると嬉しいです。
あの音が支配する世界にまた浸りたかった〜(泣)
URL | 風忍。 #JalddpaA
2014/09/07 03:05 * 編集 *

ありがとうございました!

風忍。殿

コメントありがとうございました!

そうでしたか・・・
神戸行きが叶わなくて残念。
レポと言うほどではありませんでしたが、オーラスの様子など少しはわかっていただければ嬉しいです。

LMTは、本当に素晴らしい、今までに観たことのない舞台でしたよね。
どこがどうだったかというより、観て何を感じていたか!?、何を思い出したか!?など、自分の感情の変化を楽しめた気がします。
新しい形の舞台は大成功でしたね!
\(~o~)/
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2014/09/12 11:02 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2884-55c4bacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top