09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

LMT考~呼び起こされたいくつかのRの記憶

※この記事はちょっと内容に触れるのでネタバレになるかもです。
ご注意ください。




これまで2回LMTを観て、場面場面で、いくつかの自分の中の記憶が蘇った。
記憶というか思い出というか・・・

そんないくつかを書いてみたい

Rてワタスのことどす(しつこい)





・呼び起こされたRの記憶1

ますはYの歌声から・・・

第一幕で1曲
第二幕で2曲

その歌声を聴かせてくれる。

ここでも書いたように特に好きなのは3曲目の歌

この歌声を聴いていたら、学生時代に(20代だからそう遠くない昔(笑))ちょっとシャンソンにハマっていたことを思い出した。
よく聴いたのがジルベールベコー
中でも好きだった曲が「ワルソーのピアニスト」
ああ、そうだったなぁ・・・
で、実は自分からシャンソンを聴き始めたわけじゃなく、
当時自分にとって特別だった人がベコー好きだったから影響されたってことで
その人のことまで思い出して、ちょっと胸キュンになった

ああ、あの頃・・・
あの歌声・・・





・呼び起こされたRの記憶2

バレリーナさんたちの踊りも本当に素晴らしい。
トウを履いたクラシックバレエの場面もいいが
二幕始めの、あの不思議なダンスもいいなぁ~(うっとり)

バレリーナさんたちが、クラシックと創作舞踊的なダンスを交互に踊っているの観ていたら、自分のバレエ時代を思い出した。

幼少からやってたのが、当時でいうモダンダンス
創作ダンスみたいな感じ。
途中からはクラシックバレエもやり始めた。

小学校の頃はレッスンに明け暮れていた。
バレエシューズとトウシューズ、お稽古着を持って通った。
小学校5年の頃、発表会で3人だけで1曲踊るというメンバーのひとりに選ばれた。
他の2人は中学生のお姉さん、そして小学生のワタシの3人
こりゃ、大抜擢だぁ~
抜擢されて大喜びしてたら、ある日、自分のお稽古着がずたずたに切られて捨てられていた。

・・・という少女漫画のような展開になったのだ(あはは~)
こんな展開、実際にもあったのよね~

ワタシのバレエ人生は幼稚園から始まり中学生で終わった。



・呼び起こされたRの記憶3

一幕の最後の場面
江波さんの素晴らしさにただただ見惚れ、聞き惚れている

「ああなんて綺麗」「綺麗よね」「ああ綺麗」

ここを初日に観てすぐに思い浮かんだのは
ミュージカル『サンセット大通り』の「With One Look 」を歌うグレンクローズ
だった。
(彼女はこの作品でトニー賞を受賞している)
アンドリュー・ロイドウェバーの50th バースデーコンサートでこの曲を歌った彼女をWOWOWで見たとき、あまりに圧倒されて、感動で胸が張り裂けそうだったのだ。
過去の栄光に生きる女優の哀しい狂気の姿。
今もその映像は手元にある。

LMTの初日を観て、帰宅してすぐにこの録画を観た!
そして、また感動したのだった。


スポンサーサイト

カテゴリ: Lost Memory Theatre

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2864-6a8cb857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top