FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

朝刊に陽くん!

今日からアニマルプラネットというチャンネルでオンエアが始まる
『くろねこルーシー』

なんと新聞のテレビ欄に陽くんの写真が載っていた!
(拙者が見たのは読売朝刊ですう)

1406589819959.jpg


これだけで朝から幸せ気分ルンルン

オンエア当時のブルーレイ録画もあるし、DVDも買ったんだが
また録画してしまう、なぜか・・・また・・・

このドラマ、不思議な魅力があった
まず、共演者のみなさんが個性的で好きな役者さんばかりでヨカッタ
鷲尾さんと陽くんの親子はホントにエエ味出してましたなぁ

なんとなく情けないけどいいヤツ
どこにでもいそうな、優しいけどちょっと頼りない、
そんなキャラを演じている耕ちゃんが新鮮だった

かなり好きなドラマだったよなぁ

映像はもうあるからいつでも観られるのだが、
こうしてオンエアになるとまた観てしまう

オープニングがモーツァルトのアリアをアレンジした曲ってのも
何かの縁を感じたのだった。

モーツァルトの他にも、こちらの記事にあるように
クラッシック音楽の使い方が絶妙だった



最終回は泣けた・・・

そして、ほのぼのした・・・

ホントにいいドラマだった…

最終回を観たあとの拙者の感想は以下の通り
2012年の記事より引用でネタバレあり)

「何度となく涙が出たが、最終回でもじんわりと泣けた。
ワタシが泣けたのは、泣きのヨーくん場面ではなく、なんともさりげないところ。

夜、占い師の仕事を終えて帰ろうとしている時
奥さんのミキちゃんが双子の子供たちを連れてヨー君を迎えに来た場面。
ポットのお茶をそそいだり、あとかたづけをしたりして
ごくふつうの家族の風景なのだが…

なんともさりげない場面なんだが、
家族の愛情がにじみ出ていて
ほのぼのしていて、
父の顔になっているヨーくん。

ささやかだけどヨー君はとても大切なものを手に入れたんだなぁ~
と思ったらなんか泣けてきたのだった…」


なんとなく陽くんが懐かしくなって
テンプレも今日だけルーシー仕様にしてみた!
初回オンエアってことで\(~o~)/

スポンサーサイト



カテゴリ: 黒ねこルーシー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2832-3a783a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top