07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ラスティ(6)~ジョンソン先生 the final【3】

ジョンソン無双はまだまだ続く

集合写真を撮ったあと

「ワタシのアイホンでも撮ろう」
(「僕の」だったかも)


と言いだしておもむろにポケットからアイホンを取り出すジョンソン無双

(この時「ワタシも入りますからね」って言ってたかも)

客席に降りてセンター最前列のお客さんにアイホンを渡す
ジョンソン・ヤマモト

どんなアイホンだったんだろ!?(そこかい(笑))

渡された方もさぞやビビっただろうなぁ
どこを押すとシャッターが切れるのか!?とか・・・
自分だったら心臓そっくり返ってワナワナしまくって
うまく操作できないだろな

こんな状況の中でもアイホンをすぐにフォトモードできるコウジヤマモト
舞台の申し子だな、いろんな意味で(笑)

ステージ上の皆さんをバックに従えて
階段に座ってピースした写メを撮ってもらうジョンソン先生


べネさま、キャラを立て直しつつ

「ここは無法地帯か!!!」

このべネさまの一言でさらに客席が爆笑

ここで撮影会が終わり
「ありがとうごじゃいまちた」
とお客様にお礼を言いつつアイホンを返してもらい
舞台に戻ったジョンソン

周囲の戸惑いとカオスな雰囲気をまったく気にせず
いきなり芝居を続ける

「このかんじゃは、ひょっこくにゅういんのひつようがありましゅ」

笑い過ぎて死んだもんね

「勝手にしろ!!!!!」

とべネさま。

すかす、さっきチェキで撮った写真をジョンソンからもらい

「この写真はもらっておく」

と写真を内ポケットにしまう(あはは)

(ジョンソンカメラマンはべネさまに向かっても
パシャパシャ撮ってたんだもんね)

笑ったけど、そのべネ様の「内ポケットへしまう仕草」がダンディで
萌えたぁぁぁ


「ひゅじゅつには
・・・

・・・・

・・・・

どういひょがひつようなんですけどもぉ」


おなじみのジョンソンに戻って台詞を言ってたけど
なんか動きが変だった(笑)
妙にウキウキしてて小躍りしてるような感じ

さらにべネ様に怒られて
(なんて言って怒られたか忘れました)

「わかりまちた!!
ではけんんひゃのけっかがでたらおちらせしまひゅ」


ここまではいつもどおりだったが
さらに

「あとで写真も送ります」

もう爆笑爆笑爆笑

べネさまは

「いいから早く行け~~~」

と怒鳴りつつも

「写真ができたら送ってくれよ」

とかなんとか言うから、またさらなる爆笑が生まれる

ジョンソン 対 べネさまが見事過ぎて、もう\(~o~)/
さすが舞台の申し子と華麗なる舞台人の対決じゃ~

退場する間際までパシャパシャとシャッターを切るジョンソン先生
ラスベガスシートのお客様に向かってもシャッターを切っていった・・・


・・・

・・・・・

・・・・

笑い疲れて死んだ



そして、懐中電灯の歌の後は

「(写真は)後でラインで送るからね~」

すでに笑い死にしていたはずなのに、
このとどめのひとことでまた笑った・・・


ものすごくカロリー消費したとおもう
笑いだけで(あはは~)


無法過ぎるううう

オーラスはジョンソン祭りかぁ~(笑)



友だちからも覚えていることを聞きつつ
こうして思い出し思い出ししながら書いているだけで疲れた・・・

(記憶もあいまいだし、かなりいい加減なところだらけなんでそこんとこご容赦を(^^;)

なんかオーラスのジョンソン先生記事は、ものすごくパワーを使うのだ

ジョンソン無双過ぎて受け止めきれないからだろうな(あはは)

派手な扮装、派手な言動ばかりを思い描いていたら
掟破りな「思い出作り」でくるとは

「見た目のインパクト」という笑いのさらに上をいきやがった(笑)

そういや、チェキをラストシーンでも持ち込んでて
ダニーとテスを撮っていたなぁ

どんだけ~~~~


でも、カッコイイラスティがチェキを持っている姿と
ジョンソン先生がチェキで無法するのとは全くの別人

ラスティが舞台にいる時
「今、ジョンソン先生は楽屋でうひゃうひゃしながらくつろいでおられるんだな」
と本気で思ってしまった。

もはやいるのだ、ジョンソンという人物が。
コウジヤマモトとは別に存在しているのだ、きっと。

今もどこかで「わまりまちた!」って言ってるんだ、きっと。

ジョンソン先生に持っていかれたな、アタスは(笑)

スポンサーサイト

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

しゅごい

役者も役者ならファンもファン
レクレポも斜め上いってます。
おもしろくておもしろくて。
このレクオリティはジョンソン先生のサインがいただけそうなレベル。
ああ、楽しいな。
続きも待ってます。
URL | タイム #EKsGaSlY
2014/07/09 19:51 * 編集 *

めっちゃ面白くて、一人で笑っちゃってます(笑)
カメラ頼まれた人、めっっっちゃうらやまし~!!
頼まれたい(笑)
URL | キャッシー #6AHhNYIE
2014/07/09 23:12 * 編集 *

うれちい

タイム殿

なんかジョンソン先生っていうより幼児言葉のようになってきましたが(笑)

おおおおおお
このオーラス記事はかなり楽しんで書いてますから、そんな風に言っていただくとマジ嬉しいです
\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

ちゃんと順序だてたレポってのがどうも書けなくて
性に合わないんで
こんな風に書き散らかしつつも、一応記事の最後はシメるって方向でやってます(あはは~)
臨場感命!って感じです(大げさ)

楽しんで笑ってもらうのが生きがい(大げさ2)

やっほほほ~い!!
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2014/07/13 08:21 * 編集 *

予想超えていましたな

キャッシー殿

ほんとですね
でも、自分だったらあまりにパニクッて上手く写メできないかも・・・
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2014/07/14 18:57 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2815-f5d6c95a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top