FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ラスティ(6)~ジョンソン先生 the final【1】

さて

ジョンソン先生

もう知れ渡ってるよなぁ
あの無法地帯のフリーダムな医者のことは(笑)

なにをどう書いていいやら・・・
あまりに無法過ぎて(あはは)

この舞台は
「前代未聞の大舞台」
というキャッチコピーだったわけだが
前代未聞はおまえやったんかいな~
ってほど前代未聞だったな、オーラスは(笑)

華麗なる舞台人のべネさまがカテコで
「舞台を長くやってきましたけど、上演中の舞台の上で写真撮ってもらったのは初めてでした」
みたいなことをおっさって大うけしてたもんね(あはは)

いったいジョンソンて何者やねんな(笑)

演技のレッスンでもう一人のジョンソンが降臨したり

ジョンソン登場の前にフランクさんが
「この後はみなさんお待ちかねのジョンソン先生です」
って引きずられながらおっさって大うけしてたし

カテコの挨拶でもジョン口調でしゃべり出して
局長に「普通に話せ」的な目線を送られとったし。
(2つのカテコについては別記事で書く予定でつ)

ある意味オーラスはジョンソン祭りだった(だはは)
愛されてるなぁ、ジョンソン先生

初日のジョンソンがどんなだったか!?
もはや基本形が思い出せなくなっているほど進化したもんね

初日は普通のおっさんドクターだった気がする
それでも十分笑ったが・・・
今思えばシンプルだったな(笑)


今、記事を書こうとすると
あの愛らしいまるっこい白衣姿と
「みひをあけてきゅだひゃい」
という愛らしい声(笑)が聞こえてくる

単なるお笑いキャラじゃなく
いつの間にかハートを鷲掴みにされてたのね
ジョンソン先生に(あはは)



まずは前楽のジョンソン先生

オーラスの破壊力が過ごすぎて、影が薄くなった感ありの前楽のジョンソン先生だが・・・

前楽だけ観ていた時は笑った笑った
ほんとにオオウケで、涙が出るほど笑ったのだ

金髪の大きなリーゼントウィッグを被って出てきたジョンソン先生

頭の倍以上あるような大きなヅラで
しかも全体が細かいカールだから
ふわっふわで、リーゼントには見えない感じ
むしろモフモフだった(笑)

このモフモフリーゼントのさきっぽがひょんひょんと揺れますのや

ふわふわモフモフだから、
頭を揺らしてもダイレクトに揺れず
やや頭の揺れより時間差があって揺れるから
もう~たまらんかった

もふゆら頭(笑)

これだけでも笑い死ぬかと思ったのに
さらに
後ろのパラディストの方々も参戦!
ジョンソンの「もふゆれ」に合わせて首をふんふんと動かすから、
また爆笑

ジョンソンのヅラの揺れに合わせてに何人もの首が動くんだもん
笑い死ぬで、まったく

で、べネ様が受難過ぎて、もう(あはは)
笑うのを極限までこらえてるべネさま

「おまえどっからこんなものを探してくるんだ」

と言いつつフルフルしていたような(笑)

ジョンソン先生のお言葉は

「札付きの悪でしょ!?」

そしてさんざん「もふゆれ」で笑いをとったあと
いつもながらの「ひゅじゅつにはどおいひょが」をかまし、
一応、リーゼントのワルってことでバイクを運転する仕草で退場していった。

「札付きでひょ」

って言いながら・・・

リーゼントのつもりで暴走族風を狙ったんだろうけど
ヅラのふわふわもふもふ感が思いのほか可愛くて
ワルテイストが出なかった(笑)
むしろ出ていたのは、ぬいぐるみ感
キモカワエエぬいぐるみみたいだったんだもん(笑)

お約束の懐中電灯のあとは

「札付きだったでひょ!?」

あくまでも札付きのワル主張(笑)

笑ったなぁ~

こんなに笑ったんでオーラスはこれを越えられるのか!?
って思ってあれこれ想像してみたが・・・

やはり斜め上を行く男には到底かなわず

オーラスでは前代未聞の大ウケがキタのだった(あはは)


続く~


さすがジョンソン先生だ
彼の記事だけパート2がある(笑)




スポンサーサイト



カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2813-be475381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top