07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

動き出したLMT

始まりがあれば終わりがある
終わりがあれば始まりもある

オーシャンズの千秋楽が間近になりつつある中
確実に動きだしているLMT

『ロストメモリーシアター』は

ホントにわからない
どんなものかわからない

でも、このメンバー、この企画、この劇場
きっと見ごたえのあるものが出来るに違いない!
・・・という期待値だけでチケットをやたらと買った。

こりゃ、すごいことっすよね

もちろん、耕史くん目当てってのもあるが・・・

何よりも、
自分が想像できないものを見るっていうドキドキ感がハンパない!
そして
感性の勝負・・・みたいなワクワク感
ウケて立つぜ・・・っていうイケイケ感
頭ではわからないが
体全体、五感が総立ちになるかも・・・っていうハラハラ感

今のワタシにとってLMTは
ドキドキワクワクイケイケハラハラなものなのだ!!

白井さんのインタビューが立て続けにアップされた!
なんか、いよいよLMT始動って気がしますなぁ

・ぴあ白井さんのインタビュー

・マダムフィガロ内の白井さんインタビュー

「無謀なやり方なんだけど・・・台本はありません」
「見通しの立てづらい作品」
「こんな無茶なことを」

そうそうそう
でも、そこがワクワクするのだ~

この作品の創作に耐えうる、っていうかふさわしいキャスティングってことだ!

そして、その中に山本耕史がいるってのが誇らしいし楽しみだし
新たなチャレンジを観られるという喜びはこの上ないものだし

2つのインタビューを読むと、白井さんはかなりダンサーに、それもバレエダンサーに惹かれているようだ。

LMTという作品の中に流れる芸術性の核はバレエダンサーかもしれないなぁ

芸術性、美的感性、そして肉体を極限まで鍛えぬき、
なおかつ、その苦しさ痛さをみせない優美さ

ありとあらゆる表現者が持つ共通項が、凝縮されているような気がする。

そんなこんなで

まあ、
なんつうか

ラスティもやるがLMTもやる

このすごさよ!!

なんだかわからないが期待が高まる
わからないものを見る前の不安と期待感

これがいよいよ現実のものになる~~

動き出しているのだ、LMTが!!

スポンサーサイト

カテゴリ: Lost Memory Theatre

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2800-26a341a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top