FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

感動の5月11日

昨日は副長のご命日だった。

毎年この5月11日という日は、特別な日なのだが
昨日は本当に感動した日だった。

拙宅のこちらでの紹介したように、昨日はパレードを終えた隊士の方々が土方資料館前に集合して勝どきをあげたのだ!


もちろん、毎年コンテスト入賞者の方々は扮装のまま資料館へご挨拶に来られるし、隊服姿の方が個々やグループで資料館を訪れたりもするのだが・・・
100名以上のダンダラを着た隊士が資料館前に集合するのは本当に久々のことだった。
(10年ぶりくらいかな・・・)


沖田さん率いる一番隊から続く隊士の列

沖田さんの
「いいか~勝どきをあげるぞ~
一発で決めるぞ~」
という迫力の号令と共に資料館前であげる力強い勝どき

「えいえいおー」の他に
「打ち身捻挫に~石田散薬!!」
というユニークな勝どきもあって大ウケだった。

511(1).jpg



土方家の門を背に挨拶をする三番隊の斎藤さん
511(0).jpg


次々に勝どきをあげる隊士のみなさん

511(2).jpg


511(5).jpg


土方家の門の前にずらっとダンダラが並ぶ光景は感動だった

511(7).jpg

隊列を組んで去っていく後姿も圧巻
奥に見えるのは万願寺駅のモノレールの橋桁。

511(6).jpg

511(3).jpg


わずか数分のできごとだったが、本当に感動だった。

最後に土方資料館の館長である愛さんが感謝の言葉を述べられていたが、何よりも、土方家のみなさんがこの勝どきの様子をとてもうれしそうに見ておられる姿を見て涙が出た。

できることなら、来年も、そしてこの先ずっと毎年、この勝どきをやってほしい・・・

副長145年目の命日にこの感動的な光景。

副長もきっとこの様子を見て喜んでいたに違いない・・・


余談だが

この勝どきのために隊士のみなさんは大型バスで移動したのだが・・・。
偶然、万願寺の交差点で信号待ちをしている時にそのバスが目の前を通ったのだ。

観光バスの座席がダンダラを着た隊士で埋め尽くされている光景は、圧巻!!

「観光バスとダンダラ姿の新選組隊士」というミスマッチ感が何とも言えない感じ。
まるで、新選組がまるごとそのままタイムスリップして現代に現れたような、そんな錯覚にとらわれたのだった。


スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

感謝!!

お祭りお疲れ様でした。
久しぶりの日野はやっぱり泣きそうになったりテンション上がったりで素敵な母の日を過ごさせて頂き、日野の方々と隊士の方々に只々感謝。
帰りの時間の関係で閉会式後未練たらたら帰宅の途についたので、締めのレポートはとても有難いです!!読んでいて嬉しくなり来年の日野行きを勝手に誓いました(笑)
お疲れのところ本当にありがとうございました。

URL | 白山 #-
2014/05/13 00:18 * 編集 *

お言葉、感謝です!

白山殿

この日は日野に来られていたんですね~
充実したひと時を過ごされたようで、ヨカッタです。
ねぎらいのお言葉、そしてこの記事を喜んでいただけてとてもうれしいです!
\(~o~)/
土方資料館前でのこの感動の勝どき
やはり隊士の方々が集合するとテンションが上がります。
石田地区はパレードのコースから離れていてなかなか移動がたいへんかもしれませんが、ほんの短い時間でも、こうしてダンダラ隊士の方々が集まるというのがとてもうれしかったです。
来年もぜひ日野にいらしてくださいね(^^)/
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2014/05/15 14:25 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2723-b6cb5b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top