09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

こんな夢にうなされた

局長のサッカー記事に「オーシャンズ11」という言葉も出ていた!

・スポニチ
香取慎吾 “不敗神話”継続なるか?今回は日本から「神通力

サンスポ
デイリー
報知などなど

そうかぁ
6月25日は休演日だけど、さすがに現地へは行けないもんなぁ・・・
でも、局長の神通力を信じてます


で、

話は変わって


明け方に見た夢が奇妙だったんで
その夢についてちょっと書きまする。


劇場の入口近くのカフェ
自分は友達数人と開場を待ちながらコーヒーを飲んでいる

「もうすぐ開場だよね」
「そろそろ行こうか」

などと話しながらチケットを取り出して見た。

チケットは『ドリアングレイの肖像』だった。

「さてソワレだ~」
と立ち上がってもう一度自分のチケットを確認したら
なんとマチネのチケットだっだあああ~

友達のチケットは全部ソワレ
なのに、自分のチケットだけマチネじゃないかあああ~

「どどどどうしよう
ワタシのチケットはマチネだった・・・
もう終わってしまった・・・」



呆然としているところで目が覚めた。

なんとも恐ろしい夢だったし、ものすごくのどが渇いていた。
で、キッチンへ行って水を飲み、また寝た。


そしたら、なんとまた同じようなシチュエーションの夢を見たのだ~

また劇場に向かう自分

友達とゆっくりお茶し過ぎて開演ぎりぎりに劇場へ駆け込み
2階席への階段を上った。
やっとこさ間に合って席に着くとすぐに幕が上がった。

演目は、またも『ドリアングレイの肖像』・・

2階席で観ていると突然後方からドリアンが登場した。
あの、最期のドリアンのような白づくめの衣装にロン毛。

なぜか2階席の観客にフレンドリーに話しかけるドリアン

フレンドリーなドリアン様はいろいろ話しかけた後、1階へ降りていったようで、その後舞台上に現れた。

ドリアンが台詞を言うとなぜか2階席へその声が届くのが遅くて、観ている動作と声が合わない。

「誰か劇場の係員に言ってきてくれ~」

と思えど2階席のみんなは舞台のドリアンを見ることに集中していて誰もいかない。

自分が行こうとも思ったが、やはりドリアンさまから目が離せず、立ち上がれない。

「どうしようどうしよう」

と思っているところで目が覚めた。




なんか一度目が覚めたのに、前の夢と続いているかのような奇妙な夢だったのだ。


それにしても、なぜドリアンが出てきたんだろう!?


この連続した夢は明け方に見たのだが・・・

明け方、オーシャンズの公式をやっと見ることが出来て、ひととおりページを見てから寝た。
その時の夢だったのだ。

たぶん、オーシャンズサイトのコウジプロフを見て

「なぜヘドが入ってないのにドリアンがある!?」

と疑問に思ったことがこのドリアン夢を見た原因だろうな、きっと。

「近作の舞台を載せているのはわかるが、ヘド再再演は2009年12月だったから、2009年8月のドリアンより後なのにぃ~」

などとブツブツ頭の中でぼやきながら寝たせいだと思う(あはは)
なんせワタスはヘド姐さん至上主義者なので(ふふふ


焦ってばかりの夢は、きっといろんなこと考えてプレッシャーに感じているせいだろう。


ああ、それにしても
夢の中のドリアン様は実際の舞台と同じで美しかった・・・

美しさは同じでも、2階席の観客に
「2階席でもちゃんと見えますか?」
「みなさん来てくれてありがとう」
などと話しかけるフレンドリーなドリアン様ってのがなんかウケた(笑)

あまりに舞台のドリアンとキャラが違い過ぎて(笑)





スポンサーサイト

カテゴリ: ・ドリアングレイ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2686-5da5a6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top