FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

愛された記憶

素晴らしいドラマをありがとう
チームMotherのみなさん、本当にお疲れ様でした。

最終回も、マザーテイストをこわすことなく、いえ、あえてさらに貫いて
切なくてもしみじみとした空気感で、落ち着いたランディングでした。


考えてみれば、ワタシは、ここ数年ドラマを見て考えるのは
「誰が犯人か?」
「どんなトリックか?」
「どんなプロファイルか?」
「どんな証拠があったか?」
ということばかりだった。

久しぶりに、それ以外のことを考えるドラマだった気がする!

詳しい感想記事は、帰宅後にゆっくり書きたいと思いますが、
ちょこっと印象に残ったことを…
(まだまとまっていませんが(^_^;))


昨日観終わってまず感じたことは
誰かに守られた記憶があれば、誰かを守れるものなのだ
ということ!

誰かが必死に自分を守ってくれた日々
誰かに心底愛された日々があれば、
その人は、誰かを愛し誰かを守れるものなのだ。

愛されれば、愛せる
守られれば、守れる


自分が愛されている、守られていると実感した時、人は自分の存在価値を実感できる。
「自分は生きている価値があるんだ」
「自分は生きていていいんだ」
と…。
そして自分を認めて自分を愛せる。
自分が好きになれる。
だから人も愛せるようになる。

愛を与えられた人だからこそ、愛を人に与えることができる

そうやって繋がっていくんだなぁ…


観終わった後、そんなことを真っ先に思ってしまった。

それは、きっと、昨日の最終回を観終わった時、なんかすごく印象に残っていたのがうっかりさんのこの台詞だったからだと思うのだ。

「あなたがあの子に何ができたかは、今じゃないの
大人になった時にわかるの」


この台詞が、妙にいつまでも頭から離れたなかったから…


・・・

・・・・・

・・・

そして

・・

・・・・・

・・・

『聖母』という記事、読んでみたいぞ~~~
『凡人日記』に続いて、心底読んでみたいと思ったのだ~~~

・・・

・・・・

・・
「そんなシメでいいのか」

あははは(^_^;)


では、バイトに行ってきます(^O^)/
スポンサーサイト



カテゴリ: ・Mother

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

「Mother]とはちらっとも関係が無く恐縮ですが、たまたまBSで時代劇体操(瀬川瑛子嬢)を見かけたところ、「土方歳三」体操を「ヒジ♪ヒジ♪カタ♪カタ♪…」などとやっておりました。
ご存知でしたらごめんなさい。
あれって再放送でしょうか~?
バイトを終えられて帰宅後、凝った身体に効きそうでしたよ。
URL | さーっと通りすがります〈笑) #-
2010/06/24 09:43 * 編集 *

副長体操!?

さーっと通りすがります〈笑)殿

コメントありがとうございます!
お返事が遅くなって、すみませぬ
<m(__)m>
時代劇体操~~~
面白過ぎるううう\(^o^)/
肘、肩に効きそうですなぁ
細かい数字や文字を見る仕事なので、
肩こりがひどいんですが、
機会があればぜひやってみたいです。


URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2010/06/27 23:26 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/265-48bd6730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top