FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

この2曲

『ヴォイツェク』上演中は、ほぼ毎日ヴォイツェクだったので、
観る度にその変化や進化を感じ、役が生きていく様をリアルに体感していた。

これぞ生の舞台の醍醐味!

イチバン変わったと思った曲が「悲しみのない世界」そして「赤い紐」

この2曲は特に思い入れがあり、ヴォイツェクの生き様とともに日々変化してきた曲でもあったので

全テイクの中から選ばれたのはどのバージョンだろう!?
三宅さんが選ばれたのはどのヴォイツェクだろう!?

それがCDを聴く楽しみのひとつでもあった。
もちろん、選ぶ基準は歌い方だけではなく録音状態も基準だったろうから、一概には言えないのだが…




「悲しみのない世界」は初日あけとオーラスでは印象がかなり違った。

いわゆる「ヴォイタンゴ」・・・

明らかに違うのは

♪君はどこに~

♪君はいない~

「に~」「い~」のファルセットが後半は地声に変わったというところ。

この違いがこの曲全体の変化の象徴でもあると思う。


最初のころのヴォイタンゴは
声がふわっとしていて弱弱しく儚げで
重力のない歌声というか、なんというか
コントラストの弱い色合いで
輪郭もぼやけた感じ
曲の全体のトーンが同じだった。

力のない微笑みを浮かべて歌う姿は
実体のない蜃気楼を見ているような、
…そんなヴォイツェクだった

それが後半からは
もっと声に存在感が出て、歌い方にもメリハリがついていたような・・・
弱弱しく歌うところときっちり歌うところのコンストラストがついて
曲の輪郭がはっきりと浮き出てきたような・・・
そんな印象に変わった。

もちろんこの曲を歌う時のヴォイツェクの空気感・世界観は同じであり、痛々しさと悲しみと計り知れない絶望の深さはずっと貫かれているのだが・・・

微妙に曲へのアプローチが変わったような気がしたのだ。

ホントに微妙なニュアンスの変化だし、
こちらの主観なのだが。


そして

CDでは、ファルセットバージョンが入っていた。






冷たくなったマリーを抱いて歌う
「赤い紐」

「今日は髪を結わなかったのかい
ザンバラだぞ」

この時の泣きの度合いは、日によって違ったのだが・・・

ワタシの印象だと、最初のころは泣き方が静かだったし、泣き声をマイクが拾えるほどに声をあげてはいなかった日もあった。

それがだんだんと声を出して子供のように泣くヴォイツェクになっていった。

イチバン泣いていたのは、東京のオーラスだったと思う。
この時は子供のように泣きじゃくっていた。


そして

CDでは、子供のように泣いているバージョンが入っていた。





(印象の違いはあくまでのワタシが感じたことであって、微妙なニュアンスや空気感のことです。)




初めてCDでこの2曲を聴いた瞬間に
「やったあああ~」
と思った!

2曲どちらもワタシが好きなヴォイツェクの方だったのだああ~


モチロン、どの日のヴォイツェクも全部好きだ!
どの回のヴォイツェクもぜん~~ぶ愛しい!。
ただ、やはり自分のイメージとか好みがあると、その中でも特に好きなヴォイツェクが出てくる。

ヴォイツェクの中でも特にこだわっていた2曲
CDに入っているその2曲が、どっちも自分の好きなヴォイツェクだったのが、うれし~~~




そんなこんなで、溺れに溺れています、ヴォイたんに・・・

結局それが言いたいだけだ(あはは)

招待状作りも部屋の片づけも、急にピタッと止まってしまった。
お雛様も出し忘れている(^^;


やばいです
溺れてます
堕ちてます

頭の中にキノコがニョキニョキ生えてます


扉の向こうはやはりヴォイツェク地獄だった(喜)


「おまえは精神が錯乱しておる」

あっはははは~~~

スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2624-30aa3b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top