FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

奇跡の1枚

ヴォイツェクの扉は開かれ
再びヴォイツェクの世界に溺れてます・・・

ヴォイツェク以外の音はいっさい排除したい!!
・・・そんな気持ちになってしまう。

家の中では極力音の出るものを動かさない!
家族が見るので仕方なくつけざるえないリビングのTVの音も
ぎりぎりまで音を絞る(家族からはブーイングの嵐だが(^^;)


無音の世界

そして浸る、ヴォツェクの世界

部屋で流すのもありだが
やはりヘッドホンで聴くと溺れ方がハンパない


溺れるなぁ・・・




キーワードは

「寝た子」「呼び水」


CDは、曲だけではなく音のあるシーンはセリフも入っているので、リアルにその場面が蘇ってくる・・・

そして、蘇るがゆえに

「ああ、ここはこの先のあの台詞が好きだった」

「この歌の前の、あの言葉が聞きたいよ~」

「あのリフレインがあればいいのにぃ」

・・・などという、いわば「寝た子が起こされた」状態になり
「もっともっと、全然足りないわ」と気分はマリーになる(あはは)

飢餓感にさいなまれて悶えるぅぅぅ





こんな風に飢餓感が募るという反面

さわりだけ聴ける台詞から、その先にあったヴォイツェクの声がどんどん脳内再生されていく・・・

頭の中で勝手にどんどん再現されていき、
見えないものが心の目で見えてきて、
脳内上演されていく・・・

つまりは、聴いた台詞が「呼び水」となって、頭の中で舞台が動きだすのだ。

飢餓感を軽く凌駕する、この「呼び水」再演!!!!!

自分でも信じられないほど鮮明に脳内再現されていく・・・


ヴォイツェクの言葉が「呼び水」となって、再び戻れるのだ、
あの世界へ・・・


ああ、本当にこのCDの力はすごい!!




このCDの封を開けて、初めてブックレットを見たとき泣いた

まるで舞台を再現してくれるかのような
舞台写真の充実ぶり

まだ、CDをかけていないのに、ページをめくるだけでもう脳内上演が始まっていた。
気持ちはすっかり2013年の10月に戻っていた。

ここでもうすでに涙目になっていたのに、
ブックレットの最後にあるCD化にあたっての文を読んだら
もう、もう

特に
「音質やバランスのハンディを差し引いても
赤裸々な記録として残す価値があると考え」
のくだり

ここを読んだ途端にものすごく泣いた

泣けて泣けて泣けて泣けて
しゃくりあげるほどに泣いていた

こんなに泣くなんて、なぜだぁ~
自分でも驚いたくらい

なぜこんな泣いたのかは、自分でもよくわからない・・・

「自分の音楽劇『ヴォイツェク』へかける熱い思いを、
たくさんの方々と共有出来ている」
・・・そんな実感が得られたからかもしれない。



この時は泣きながらも
まだCDを聴いてもいないのに
もうこんなに泣いてるなんて
「早いな!」
などと、いつもの自分らしい突っ込みを(笑)自分に入れつつ。




このCDを世に出してくださったすべての方々に心から感謝します。

まさに奇跡の1枚なんだなぁ・・・


スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2623-1b3f57b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top