FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

漢(おとこ)

ああ、まさに漢だなぁ

大澤雄大…


第4話を観終わったあと

萌えたとか
しびれたとか

そういう感情よりも真っ先に浮かんだのが

漢(おとこ)という文字。

男ではなく「漢」と書いて「おとこ」と読む…
この読み方は司馬遼太郎さんの作品を読んで初めて知った。

『燃えよ剣』の中にもそれが出てくる。

大政奉還の後、病床の総司を見舞った副長の場面。

「しかし、土方さん」
と、沖田はちょっとだまってから、
「新選組はこの先、どうなるのでしょう?」
「どうなる?」
歳三は、からからと笑った。
「どうなる、とは漢(おとこ)の思案ではない。婦女子のいうことだ。おとことは、どうするということ以外に思案はないぞ」
(司馬遼太郎著『燃えよ剣』「大暗転」より抜粋)



漢という字でおとこを表すことで、
信念を貫き通す強さ、潔さを感じる。
その生き様に美学がある。


なんだか、今回の雄大さんを見ていたら「漢(おとこ)」という字が浮かんだのだ。

もちろん、カッコイイから
燃えて萌えて悶えて溶けて呻いて唸ったのだが

それだけじゃなく、なんだか切なかったなぁ…


殴られるシーンを見て萌えながらも

ゆうやけこやけを聞いて

「お手てつないでみな帰ろってんだろ
聴く度にさ、どこに帰るんだ。
俺は家ねぇんだよって、いつもキレてた」

という話しをしていた時の雄大さんのことが浮かんできた…

ああ、あの雄大さんはすごく切なかった

ああ、切ない

切ないけど、カッコイイ

なんだかこれまでの彼の人生がすごく切ない気がして…
いろんなものを背負ってきたような気がして…

この切なさに「漢(おとこ)」を感じる
生き様に美学がある、

そんな気がした。

漢だなぁ…


惚れた

惚れた


ああ、ガラガラと自分が崩れ落ちるように惚れた!!


しびれました、ホントに…


とりあえず、夜中にしびれっぱなしのままつぶやきました(あはは)

うおおおおお~~~

ハンドルネームを林檎に変えちゃおっかな
(変えないけど(あはは))



スポンサーサイト



カテゴリ: 大澤雄大

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

夜中に…

映像にあまり期待しないなんて思ってたわたしはアホでした。まだまだ未熟でした。
なんですか、この男、いえ漢は!!!
飲み会から帰ってきて、かれこれ二時間半釘づけです。
いいかげん寝よう、落ち着こうと思ってこちらを覗くと…レクさんが夜更かししてブログ更新してた…ってことで(ん?)、やっぱりもう一度見よう、溺れよう。

ああ、林檎…。

すいません。夜分に失礼しました。


URL | kumi #-
2014/02/08 03:02 * 編集 *

燃えよ剣の土方さんと大澤君

いつも楽しく読ませていただいてます。
憎まれ口をたたきながらも桜先生に落ちていく大澤君は
ミタニンの「面白くてひねくれた副長」にどこか似てる
感じもして、組!でファンになった私にはたまらない
ご馳走でした。
組!の山本土方に落ちるのとほぼ同時期に(頭の中が
それ一色になる程)スキになった司馬さんの漢、土方
も耕史君と同じ位スキで、レクさんが、燃えよ剣の話を
書いてくれる時はとても嬉しいです。
URL | するめ #-
2014/02/08 09:39 * 編集 *

同志!!

kumi殿

溺れてますか~(あはは~)
いや~、本当に雄大さんがあまりにもド真ん中過ぎて
どうしたらいいかわかりませんなぁ・・・

あの漢ぶりは、罪過ぎて、もう

おっしゃりとおり!!
釘づけですよね、まさに!
オンエア後には夜せん友達から萌えメールがいくつも来るのに、第4話のあとは全然こなかった。
次の日から、やっとちらほらと来出したりして・・
みんなが異口同音に言うには、雄大さんにあまりに心を持っていかれてかえって語れなかったからだそうです。

本当に凄すぎました、あの漢ぶりは…
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2014/02/10 10:33 * 編集 *

燃えよ剣

するめ殿

燃えよ剣話にコメントしてくださって、うれしいです!
ありがとうございます。

なんせ『新選組血風録』と『燃えよ剣』は私の原点ともいうべき作品ですから。
この司馬遼太郎さんの副長は、組!の副長とはまた違う魅力があるんですよね。
今回の雄大さんを見ていると、なぜか組!よりも『燃えよ剣』の副長と重なってしまう・・・
特に、流山で局長と別れてから箱館に渡るまでの間の、北へ向かって転戦していく副長のイメージと重なるんです。
一匹狼的なアウトロー感があるっていうか、なんていうか・・・
だから、胸の奥から切ない気持ちが湧いてきてしまいます。

ほんとにカッコイイですよね!!
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2014/02/10 10:41 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2586-d963a8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top