FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

節分といえば

今日は節分

土日の引っ越しパート1でどっと疲れてグッタリ…
なんとなくぬぼぼぼ~っとしていたが…

節分と聞いたらやっぱ思い出さずにはいられませぬ

毎年毎年、同じような記事を書いている気がするが(^^;
2005年、2006年の節分の思い出じゃ~
高幡不動にて2年連続で副長が豆まきしてくださったんだよなぁ


あの時ブログをやっていたら、どんなにうざく熱い記事を書いていただろうか・・・
ブログを始めたのが2006年の3月。
惜しかった(あはは)

それでも、第一章のここや第二章のここなどにはその思い出が書いてある。
第二章にはこんな妄想記事もある(笑)



山本副長からもらった豆はもうないが、大阪の妹が銅版画にしてくれたので、今もその豆が飾ってあるのだ。

「豆こうじ」というタイトルの版画。
こうして作品にしてくれたおかげで、副長の豆を永遠に眺めていることができる

2011年のここにもアップしているが)

あらためて、その「豆こうじ」を写メしてみた

img20140203_110402.jpg


豆こうじ1


2005年は初めての豆まきだった山本副長
2006年では二度目ということで、様子もわかり、
できるだけ遠くへと、肩を脱臼しそうな勢いで投げていたなぁ(笑)

死ぬほど混雑してた高幡不動の境内
外の通りにも境内に入りきれない人が溢れていた。

「こうじく~~ん」
「山本さ~~ん
「歳三さまああ~」

などというおなごたちの大大大声援の中

「副長~~~」

という男性陣からの野太い声援も飛んでいた!!

(同じことを第二章の記事でも書いていた(笑))



山本副長が、リアル副長の故郷に来て、副長の菩提寺で豆まきをする・・・

今考えても、本当に奇跡のような夢のような節分だった。

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2580-31d2f625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top