FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

2014年初資料館

昨日は土方資料館の開館日だった!

ワタシにとって2014年初の資料館。

風が強く、時折突風の吹く中、
副長の矢竹は青々としていた!

矢竹1

矢竹2




副長の生家から移築した大黒柱あらためてじっくりと眺めてみた

横になっているのが生家の大黒柱
大黒柱1

副長が育った生家ではこの柱が大黒柱として縦になっていたわけだ。

少年時代の副長は、この大黒柱で、お風呂上りに相撲の張り手の稽古をしていたとのこと。

大黒柱3



以前は、どちらが天井だったのかわからなかったので
この大黒柱を見るたびに、
「副長が触っていたのはこの辺りかな
こっち側が天井ならこの辺かな」
などと思いながら、結局はまんべんなく見入ったり、
ちょこっと触らせていただいたりしていた。

一昨年には、どちらが天井でどちらが床方面だったがわかったのだ。

(土方資料館日記にその詳細が書いてあります)

矢竹側が天井にあたり
大黒柱5


資料館の解説プレートがある側は床にあたる
大黒柱4


直に副長が触れたもの
しかも、副長が少年時代に生活していたその実感が得られるもの
その実物をこんなにも間近に見たり触れたりできるなんて…

あらてめてその幸せを感じながら、保存してくださっているご子孫の方々に感謝の気持ちでいっぱいになった…


ここに副長の生きた証があるんだなぁ…
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2559-176cc037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top