FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

秀忠三昧(8)

秀忠三昧もいよいよ終盤

戦場の御曹司、再び

初登場は白と黒
そして再び戦場に現れた秀忠さまは赤~~
ってか、赤みがかった紫色、

まさにワインレッドの君だぁぁ

ふほぉ~~
美しいぃぃぃ~~

「恥を知れ!」

ってのが、まあっカコイイ~

「搦め手!?」

ムネりんの策を聞いているときの顔が、まあホントに鼻血出る
兵の使い方はダメそうだけど(あはは)



策がなくてやたらと討て~行け~倒せ~ばっかし
(苦笑)

ああ、この方ホントは軍師だったのに(違)
ああ、ホントは陸では負け知らずなのに(違)

「たかが浪人の寄せ集めではないか」

って、浪人の寄せ集めをあなどってはいかんぜよ!
そんなことおっさって、いいのか、もう~(違)
指揮官が優れていれば浪人って強いのよ~

あははh、つい「浪人の寄せ集め」に別のワタシが反応(何)


葵の染め抜きをバックに座る怒りの秀忠~

赤地に白抜きの葵の紋
そして
紺地に赤で白い縁取りの葵の紋

この紺地の赤が深みのある赤で、秀たまの来ている陣羽織の赤とコーディネイトされてるのが、たまらん…


こんな素敵な色の陣羽織姿が見られるなんて

ああ、まさに、戦場のワインレッドの君


ジロサブローさん登場で、不本意ながらもその場を去っていくときのほつれ毛のある秀たまに萌える~



で、

で、

まさか鎧兜姿で馬上の秀忠さまが見られるなんて
しかも徳川の大馬印である「金開扇に朱の丸」を従えて

秀友はこの姿を初めて観た時、感激のあまり思わず椅子から立ち上がったとな!

記念写真だわ~~~これは!!


千姫との対面の場面は、
わが子をも疑ってかかる冷酷さっていうより
なんか秀忠さまの人間不信が表われてて切なくなったなぁ…

いろんな目にあってきちゃったもんね、秀ぼんは…
「去ね」
って恫喝されたりしもんなぁ
(わたしゃこれがどんだけトラウマなんだ(あはは))

わが子の泣き声を背に聞きながらの無言の横顔が美しい
美しいけど、憂いがあってなんだか悲しい
(なんせ100%秀たまびいきだから)

ここでも、またまた秀忠さまの横顔のアップでCMへ!

美味しいですのう
スポンサーサイト



カテゴリ: 秀忠

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2535-818431c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top