FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

秀忠三昧(1)

やっと1人の時間ができて
死ぬほどリピしまくっておる~

秀たまセレクションをリピリピリピ
次から次へ秀忠さまばっかし(うほほ~い)

まさに秀忠三昧

独りで見てるのに

「ひゃあ~」
とか
「うづぐじぃ~」
とか
「きゃっわいい~」
とか
「ううううう~シビレル」
とか
ついつい声に出してしまう(あはは)


やっぱぁ…
影武者との対決で涙目になるところと
最後の「父上!」が最高に好きなんだが
(あき殿もコメントで書いてくださっていますな)


あの秀たま、この秀ぼん、その秀忠、

こまか~~く、うざ~~く
ちまちまとねちっこく
ウダ語りせずにはいられない(笑)




まずは登場シーン

なんつっても絵になる、この戦場コス。
半兵衛さまは赤だったが
白と黒もエエですなぁ
ホントに御曹司で品があるうう

葵の紋を背にしているのがいろんな意味で嬉しい~

焚き火の中から浮き出る姿もいいが
やっぱ一番のツボは
「肩でつくため息」

ぐぐっと入った眉間のシワ、
そして肩で大きく息をつく

ああ、これだけで萌えるううう

この登場シーンからずっと一貫してるのは
「無駄に動かず、目で話す」
ということだ。

動きを極力抑えて、なおかつ淡々と話す。

何度も出てくる影武者との対決シーンでも、それは一貫している。

抑制された動き、そしてそこに迫力を出す
見た目激しく動くよりも、ぐおお~~っと出てくるその迫力よ!

御曹司は、そんなにちょこまか動くもんじゃないよ、そうなのよ

だからこそ最後の場面の秀忠の動き、その愚かさが映えるのだ!

いつもながらトータルに役作りをする、その素晴らしさよ!





家康(実は影武者)との対面
必死の覚悟で怒りの父(と思っている)の前にひれ伏す秀たま

家臣の言葉を聞きながらの厳しい表情なんだが・・・
「殿も同じお考えでございますか」
と榊原さんが家康に聞いた時、父の方へ視線を向ける秀忠は、わずかに指が動くのだ。
きゅっと手を握る感じで。
一瞬ですが(こまけぇ~)

父からいったいどんな怒りの言葉が来るか、
ぐっと緊張が高まってビクッとした瞬間に動く指!

さすがだなぁ~


そして知る父の死・・・

周囲の怒号の中
秀忠だけが、まったく視線が動かず、
静かに炎を燃やし始めた感じがたまらん!

ぐぐぐっと惹きつけて、最後のニマっ

ニマっ

グサッ(心射抜かれる音)

リピする度に

ニマっ
グサっ

ニマっ
グサっ

ニマっ
グサっ

こんな不敵な笑みを浮かべてたのに
こんなに悪い顔してみせたのに

これはこのときだけだった…

ああ、そのすぐ後からは~
秀たま悔し涙だらけぇ~



その後の話し合いでは
古参の家臣たちに囲まれて、もうボロカス

おじさまたちから言われ放題
無礼だらけ

言い返したくても「関ヶ原に遅れた」ってのが致命的で
そこを言われるとなんも言い返せない~

ひどいじゃないのさ~~~

ここでイチバン胸キュンなのは

「さようなお方に御家を継ぐ資格があろうか」
とまで言われて

いくらなんでもこれはないだろ~~
誰か反論するだろ~
って、すがるような目で本多弥八郎さんや本多忠勝さんを見るのに、
誰も反論してくれない!
誰もかばってくれない!

この時のすがるような目が愛しいわぁぁん
ちょっと涙目っぽい、あのつぶらな瞳

たまらんなぁ~

「武威も人望もない」とか言われて、
もうほんとによく耐えるな、秀ぼん

なんでこんなに、ううう

目つきが、切なさから怒りに変っていくのが、
ジワジワって感じでいなぁ



怒りの葉っぱ斬り

ここもピンポイントでリピしてしまう(あはは)
だって、やたらと刀さばきに切れがあるんだもんね~

あいう装束での抜刀はめずらしいから好きっ

「そのほう、いつからここに」

って、柳生ムネノリさんに刀をつきつけるポーズがワタシ的にツボじゃ~
ちょっと別のお姿とダブルから…


アップの憂い顔もふひょう~
夜にも映える、麗しき若殿ぶりがエエですなぁ

うづぐじぃ~~~~~
スポンサーサイト



カテゴリ: 秀忠

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2523-0db2f8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top