FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

秀忠ジレンマ

※ちょとネタバレ的なものがあるので未見の方はご注意を!


ああ、もう

せっかく秀忠セレクションを作ったのにぃ
秀たま三昧してウザく書きまくりたいのにぃ

ずっと昼間はバタバタしていてゆっくり秀ボン鑑賞する時間がなく…
夜は夜で、リビングのデッキは夫が陣取って、溜め込んだクラッシク音楽録画を編集したりディスクにおとしたりしてるし、2階では娘が陣取ってて、録り溜めした海外ドラマ三昧してるし・・・

家族が寝静まった深夜に秀たま三昧しようと思っていたが、疲れと寝不足で起きてられないし

なさけねぇ~~~(>_<)

三昧する準備はできてて
三昧したいのに
三昧できない

ああ、もう歯がゆくてギリギリするなぁ…



秀忠さま
ほんと愛しいよぉ

人生カラまわり~
一生懸命なんだけど、なぜかいつもうまくいかない

浅はかで愚かで短絡的なんだけど
一生懸命なのよね!
一生懸命なんだけど、それが裏目に出る出る!
思い通りにいかない~



今回の秀忠は、小悪党とか小物って感じとは一味違う・・・
なんつうか、御曹司なんだもんね

乗馬も弓矢も鷹狩りも剣も、
幼い頃からきっちりやってきているんだろうけど、
なんだかなぁ…
あくまでもお稽古事の一環って感じがして…
実戦とかマジで血をみたら腰が引けそうなボクたんに見える。

なにかあるとすぐ「殺せ」「殺せ」って言うけど、あんまり冷酷な感じがしない!
殺すってことがどんな悲惨なことか、実感としてわかっていないまま言ってるような気がして…

アホぼんでも御曹司なんだからもっとゆったりとしててもいいのに
なにかしらいつも焦ってしまって、前のめりになってて失敗するってパターン

御曹司らしからぬ、この焦り、この切羽詰った感
これは劣等感からか
きっとこの秀ボン、幼い頃から兄上たちと比べられてきたんだろうな…
戦上手だったのに非業の死をとげた長男や養子に出された次男
仕方なく三男が跡継ぎかよぉ・・・みたいな空気があってそれをなんとなく感じながらここまできたのかも…

で、
なんとか自分を認めてもらいたくて、
なんとか自分を評価してもらいたくて
頑張るんだけど・・・
方向性が間違ってたり、
焦りすぎて失敗したりして、
墓穴を掘るタイプ(あはは)

と、そんなことを感じさせる秀忠でした。


追いつめられて最後の最後に言う悲痛なひとこと

「父上!」

あのひとことに全てが集約されていたように思える。

自業自得なんだけど、なんか可愛そうで切なそうで…
いつまでも父の愛情に飢えている子どもで、
大人になりきれていないボクたんなんだけど
そこがなんだか不憫で愛しい秀忠だった。

ん、もう

早く三昧したいよ~~
スポンサーサイト



カテゴリ: 秀忠

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

愛しき秀ぼん

ご無沙汰しております。
本年もお世話になります。
新年から快調なレクさまの筆に、日々の活力をいただいております。

愛しき秀ぼん。

秀ぼんと呼んで、「よしよし」としてあげたくなる。
厳しく、偉大な父と優秀な兄と常に比べられ、本人なりにいろいろがんばっているんだろうけど、空回りしてあーなっちゃったのね、と同情してしまいました。
あんなまで、お付きのおじ様がたに面と向かって「お前は家康の跡継ぎに向いてない!」と罵倒されまくったら、そりゃいじけたくもなるというもの。

私が秀ぼんをムギューとしたくなったのは、征夷大将軍を二郎三郎たんにせまったのに逆に反撃され、嘲笑されまくった場面。怒りより悲しみの涙でいっぱいになった目。
そして、最後の「父上!」

秀ぼんは、ただただ父上に認めてもらって愛してほしかったんだろうなー。
「もう、みんなしてそんなに秀ぼんをいじめるなよー」
と、一人画面にむかって叫んでました(笑)

しかし、ご登場のたびの華麗なるお召し替え。正月から眼福でした。戦闘コスも高貴なコスもほんとにお似合い。

年末にたっぷり半兵衛さまを見直していたので、秀ぼんとの落差に改めて「山本耕史複数説」を確認しました。

レクさま、まだまだ秀ぼん語りをしてくださいませね。楽しみにしております。
URL | あき #-
2014/01/06 17:31 * 編集 *

まだまだ

あき殿

こちらこそ~
今年もヨロシクお願いしますv-222

そして、秀忠さまへの熱いコメントありがとうございます!

何の気なしに始めた秀ぼん三昧の記事ですが、
あそこまで書いたら、このまま最後まで書くっきゃない(笑)
まだまだ、もう少し続きます(うは~)
暑苦しい記事ですが、読んでいただければ嬉しいです!

悪い役でもやっぱなんか切ないですよね
どの場面も美しいし~
愚かなんだけど、愛しいです、秀ぼんv-10

URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2014/01/09 15:51 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2519-b2763dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top