FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

アンドレース!

ああ、ヴォイツェクが~~~

♪まだまだ続く30年♪

ならぬ

♪まだまだ続くヴォイツェクロス

原作を読んだり
パンフを見たり

相変わらず他の音楽を封印してます。

・・・と

それで・・・


アンドレース、ありがとう!!!!!

突然何!?
発作か(あはは)

唐突になんか言いたくなる(^_^;)


ヴォイたんにも友だちがいてホントにヨカッタ
独りじゃなかった、ヴォイたんは

ワタシにとっては、アンドレースの存在が唯一の救いなんだもん
他に救いようが無さ過ぎて

あんな(どんな)ヴォイたんにも友だちがいたんだ~
って嬉しかったもんなぁ~
アンドレース、ホントにありがとう
アンドレース、「いい人だぁ」(by 殿内さん)

愛しいよ、アンドレースが!



「ここにも阿保がいた」

って阿保呼ばわりしてるくせに、
ヴォイツェクに「逃げろ!」って言われると一緒になって必死に隠れてるところ



馬人間と掛け算対決シーン

「2かける2は!?」
の問いに頭をひねってるヴォイたんを見て
「ヴォイツェク、がんばれ~」
って感じで応援しているアンドレース

そして、答えられないヴォイたんを見て
「あ~あ」
って真剣に残念がってるアンドレース


もう見るからに変になってきちゃったヴォイたんなのに(^_^;)
ちゃんと酒場に連れてきてあげてるアンドレース
興奮して走り出したヴォイツェクの後を追っかけて、なだめながら連れてきたのかな!?
ヴォイたん、興奮すると足速そうだから、後を追っかけるのもたいへんそうだ(笑)

アンドレスとヴォイツェクが二人並んでちょこんと座っている姿が、カワエエのなんのって…


真夜中の兵舎
「俺はおまえが嫌いだよ」のシーン
ここは本当にけなげだなぁ、アンドレース

「本当はおまえなんかとつるまない男だからな、俺は」

もう、カワエエ~~

「嫌いで嫌いでたまらないんだよ」
なんて言っちゃうアンドレースがけなげで愛しくて…


ズタボロになったヴォイツェクをいたわるアンドレースがすごく切ない
ヴォイツェクへの思いがすごく伝わってくるから。
ホントに心配してるんだよなぁ、心から。
そんなアンドレースに大切にしていたものあげようとするヴォイツェクが痛々しくて泣ける…


ヴォイツェクの殺人を知った時、アンドレースはどれほどショックを受けたんだろうか!?
「自分が止められなかったのか」と悔やんだかもしれないし、
「こうなっても仕方がないと思っていた」と半ばあきらめの境地だったのかもしれない

唯一の友だったヴォイツェクがいなくなり、
アンドレースは一人ぼっちになってしまったじゃないのさ

そう思うと切ないよ~~~~~


2人が友だちになったのは
疎外された者同士で引き合ったのかもしれないし
ヴォイツェクしかいなかったからかもしれないし

でも、それだけじゃなくて…
きっと通じ合えるものがあった2人だったからこそだったと思いたいなぁ…


酒場で
「ヴォイツェク!」
「ヴォイツェク~」
と急に周りがヴォイツェクの名前を呼び始めた時に、
「なぜみんな彼の名前を呼ぶんだ!?」とアンドレース。
これは
彼にもこのとき「声」が聞こえたってことなのか…
それとも
すでにヴォイたんの妄想世界なのか…

よくわからない

わからないけど

一瞬でも2人が「声」を共有したと思いたい。

なんかそう思いたい!


スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2441-63462e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top