FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ヴォイツェクの手(2)

マリーの浮気をほのめかす大尉とドクトル

それを聞いたときの怒りのヴォイツェク

メラメラと燃える怒り
ワナワナと怒りに震える手

ヴォイツェクらしいのは、
怒りで手を握りこぶしにするだけではなく、
時に手がものすごく突っ張ったりするのだ!

大佐に食ってかかった時も
床に倒れこんだ時も

「やはり何でもありだ」

怒りに震えて突っ張った手!

「やっぱりそうだと違うの間には」

両手を微妙に合わせて指を絡める手も、指の先まで力が入っているような突っ張り感があった。

「こいつをひとつじっくり考えてみたいです」

せわしなく顔の汗をぬぐう手。

手そのものが激しく動揺しているかのようだった!
なんつうか、上手くいえないが…
感情が手に表れているというよりは、手自体に感情があるような…そんな印象。

これがヴォイツェクハンドだ




鼓手長に叩きのめされる場面での
ヴォイツェクの痛々しい握りこぶし…

あの握った手がすごく切なかったなぁ

ヴォイツェクは殴られて机の下に逃げ込む前に、一度だけ握りこぶしを振り上げて反撃しようとするのだ!

でも、それは一瞬で、すぐに振り上げた拳を降ろして、机の下に逃げ込む。
反撃など許されないのだ、彼のような最下層の兵士は。

あのヴォイツェクの握りこぶし…

なぜだかすごく幼く見えた。
幼い子どもが自分の身を守るために精一杯振り上げた握りこぶしに見えて、痛々しかった



湖でのヴォイツェクの手

「寒いのかい、マリー」
とマリーをさする手。
今までのマリーへの優しい手に比べて、かなり強い。

そして…

ナイフを持つ手には狂気と殺意があり、
ナイフを持ちながらマリーへ差し伸べた手や
冷たくなったマリーの髪を撫でる手には
マリーへの愛情があった。


でも

「俺はまだ血まみれかな」
と言いながら湖をさまよう時には
手はもう何も語らなくなったような気がした。

なぜだろう

なんとなくそんな気がした。



ああ、こんな風に記事を書いていたら、ヴォイツェクハンドがみたくなってしまった~

まだ今は頭の中に浮かべることができる
あのウネウネと動く指
ワナワナと震える手

・・・

・・・・

記憶が薄れていくのが怖いよぉ~


スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

手。

通りすがりあらため、はちです。
素晴らしい臨場感。
なんとも言えない緊張とはかなさを感じます。
貴blogのテンション、大好きです!
またお邪魔させてください。
URL | はち #WOq6nlhY
2013/10/29 19:57 * 編集 *

ありがとうございます!!

はち殿

嬉しいコメント、ありがとうございます
(^o^)/
ヴォイツェクについては、思いが深く大きいのに、なかなか上手く書けません・・・
(^_^;)
でも、何かしらブツブツと書いていくと思いますので、よろしければ読んでくださいね!

こんなスチャラカブログをいつもよんでくだって、本当に感謝です!
\(^o^)/
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/10/30 10:41 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2428-4c3daf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top