FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ヴォイツェクアフタートーク(4)

いよいよ三宅さんの作り出したヴォイツェク曲について

「さっきまでこの会場にいて、今はもう帰ってしまったんですが…
帰ったからいうわけじゃないですが(笑)」

と白井さん。

三宅さんとの曲作り(歌詞も含めて)は大変だったそうで。
時差のある中のやりとりだから
三宅さんが曲を完成させて、それから2人で延々とディスカッション
時差が8時間だから、白井さんは夜中から明け方までだったそうな。
三宅さんとの曲作りはかなり緻密でワンフレーズにもこだわったとのこと。

あの名曲の数々はそんな風にして生まれただなぁ~

耕史くんは最初に渡されたのがヴォイタンゴだったそうな。

「初めて聞いたヴォイツェクの曲があの明るい曲だったので、全部がそういう明るい曲調だと思ったら、あとの曲は全部CMで流れているああいう感じの曲だったんです。
ああ、この1曲だけが唯一の明るい曲で、他の曲からは浮いた1曲なんだってその時初めてわかりました」

あのCM曲を聞いたとき「カッコイイ!!」って思ったそうな。

ここで鼻歌ではあったが、チラッとあのタンゴを口ずさんでくれました(喜)

ヴォイツェクの曲については、やはりかなり難しいとのことで

「半音上げるという音の取り方は今までもあったけど、一音上げるというのは難しい」
とのこと。

そして

「僕、今までにちゃんと歌えたって思ったことないですもん」

とおっさったのだあああ~~~
マジかああああ~

「もちろん、お客さんに聴かせるレベルは超していますけど…」

この言葉は意外中の意外だった!
あんなに素晴らしいヴォイツェクの歌声
あれでもまだ自分では「ちゃんと歌えてない」と思うのか~すげ~~

これでよし!と思っていないところが凄い!
歌に関してのこの発言はマジでおろろきました~


「自分の中では、歌っていてもこの音でいいのかな~って不安になることもあって」

あるときは音がわからなくなって譜面を見たことがあったそうだ。

「あ、でも、俺は譜面が読めないんだった~って気づいて(笑)、ベースの人のところへ行って、ちょっとこの音出してもらえますか~って言って音をとったりしたこともありました」

客席の笑いを取っていたが…、

笑いながらも
「あの山本耕史をしても音が不安になったりするのか」
っと、あらためてヴォイ曲の難しさを実感させられた。


そんなこんなで、まだまだいっぱいあったような気がするが、
トークレポはこれしか書けませんでした。
しゃべり言葉にはしてありますが、かなり意訳です。
うろ覚えで全然正確じゃないので、ご了承くださいね!

※何か思い出したり、友から聞いたら追記します

耕史くんが何度も繰り返して言っていたのは、
「ヴォイツェクは自分の中に役を深く入れ込まないとやれない」
ということだった。

今までにない役にチャレンジしている姿はカッコイイ~~~

まだまだ進化し続ける、そんな素晴らしい舞台も東京はオーラスだ…
もっともっとやってて欲しい

心の底からそう思える

本当に素晴らしい舞台なんだよなぁ


スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 8
go page top

この記事に対するコメント

速い!濃い!

レクイエム殿

早速の充実のトークショーレポ、ありがとうございます!
カテコのヴォイツェクは、
口を一文字にしてかみしめるような顔で、まっすぐ前を見るだけなので、
客席を見渡して余裕が感じられる今までのカテコとは違う、と思いつつ、
とはいえ、挨拶なしお辞儀のみ、なので心中の手がかりなく。
唯一の和みポイントは、レクイエム殿の言われるように
「ドライヤーで乾かしたまんま出てきちゃいました」状態の
前髪を見て、何とかほっこりするくらいだったので、
今日のトークが聴けて、
創り手の今の心象風景を知ることが出来て、安心したというか、
あんなにお二人とも話して下さって、有難かったですね。

こんな(重心の高い)状態で、
お客様の前に出していいのか、と思うくらいだ、と。
だからこそ、役をいつもよりもっと深く入れておかないと、
表面的では演じられない、と。
切り替えの早い山本さんでさえ、すぐには抜け出せない役。
すごいチャレンジを目の当たりにさせてもらって、
本当に贅沢な舞台です。
URL | プクポン #-
2013/10/14 01:38 * 編集 *

ありがとうございます

トーク内容再現ありがとうございます。
11日夜観劇し、昨夜宮崎に帰郷しました。
夢の中にいた2時間。
初体験で感じたことを胸一杯味わい中。
歌声をもう一度(百回位)聞きたい♪
今日のラスト、胸を熱くしています。
URL | 安姫 #-
2013/10/14 08:48 * 編集 *

いいなぁ

いいなぁ、レクイエムさん。いいなぁ。
おこんちゃんのようにつぶやいている私です。
トーク再現、ほんとうにありがとうございます。
URL | bluegreen #-
2013/10/14 14:47 * 編集 *

ヴォイ曲

耕史くんの役の上での歌唱力は言うまでもなく卓越していると思っていて、今回も客席の私は 声そのものの魅力に、ダイナミクスにリズムに情感に、惚れ惚れ感動していました。

これまでの舞台で聞いた曲では、セクシーさや情感に耳を目を奪われがちであるとしても実は、音が大きく飛ぼうが転調が多かろうが、和声もリズムも見事にゆるぎなくカチッとはめてきていた耕史くん。

今度の「ちゃんと歌えていない」発言は、そんな完璧主義の彼ゆえの自身へのだめ出しだったのですかね。
ギタープレーヤーでもある彼の音感覚では、おそらく調性と和音の感覚が完成されていると思います。

そこに三宅さんのヴォイ音楽は時に 長音階短音階の調性でなく旋法というか、たとえばですが第7音と第8音の間が半音でなく全音(耕史くんの言う1音) みたいなモードが織り交ざっている感じです。しかし本来彼が持つ調性の音感覚にひきずられてフラットをナチュラルにとってしまった(その逆とか)・・・・部分がある・・・・、しかもその方がありがちで自然なので「きれいな方へ流れてしまって」by耕史くん・・・・・。


私自身絶対音感もないし記憶力も悪いので印象だけで間違えて取ったかもしれませんが、少なくともあのアフタートークを聞いた時には、こんな感じに受け取りました。
そんな微妙なこと、言わなくてもいいのに負けず嫌いくん。
オリジナルだし客席にもどっちがホントかわからない・・・。
でも
大阪公演ではきっと、モードと調性が入り混じろうが楽器パートがじゃま(効果ともいう)してこようが、バチッと決めてくると思います。聞いてる方はわからなくてもご本人の中では完璧に。

些末なことを書いてしまいましたが、
素晴らしい作品でした。
ほんとに。

URL | タイム #EKsGaSlY
2013/10/17 11:59 * 編集 *

充実したトークでした

プクポン殿

アフタートークレポを読んでくださり、ありがとうございました。
今回は本当に記憶があいまいで…
一緒に聞いていた友達何人かに助けを求めても、みんなあまり覚えていなかった…
それでも人生は続いてゆく~
でなくって(あはは)
それでも書き始めたら少しは思い出したので、断片をつなぎ合わせて書いたレポです。
実際はもっともっといっぱい話していたんですよね・・・
思い出せなかったですe-330

役者魂の真髄みたいなものを感じましたし、
ものすごいチャレンジだったんだなぁとあらためて思いました。
壁は高いほどいい、それを乗り越えるための戦い
有限実行ですね、まさに!

惚れるうううう(何度もですが)


URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/10/17 13:58 * 編集 *

余韻が残りますね

安姫殿

遠征お疲れ様でした!

ぬけだらけのいい加減なレポですが、
うろ覚えの記憶をたどって書きました。
読んでくださってありがとうございます。

本当にいつまでもいつまでも余韻が残る舞台ですよね。
観劇直後よりもむしろ時間が経てば経つほど心が揺り動かされ、メロディがよみがえってきます。
こんな舞台は初めてかもしれません。
まさに名作です!
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/10/17 14:05 * 編集 *

なんとかやっと

bluegreen殿

今回は本当に覚えていなくて…
やっとこさ搾り出した感ありありですv-356
かなり意訳になっているし、聞いているときに
「おお!これはキーワードだな」
って思った言葉がいくつかあったのに、それがなんだったか思い出せません。
キーワードだと思ったてことだけしか覚えていなくて(あ~あ)
こんなレポでも読んでいただけて嬉しいですv-342
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/10/17 16:38 * 編集 *

ヴォイツェクの曲

タイム殿

素晴らしいですなぁ
さすがです!
コメントを読ませていただき、なるほどとうなるばかりです。
タイム殿はそうとうクラッシックなどに精通されておられ、
もしかするとご自分でも演奏される側だったことがおありなのでは…

わたしは専門的なことは全然わからずなのですが・・・
今回の曲は、かなり幾重にも仕掛けがあるなぁと感じていました。
一筋縄ではいかないメロディライン。
複雑なようでいて、いつまでも心に残る旋律。
人間の感情って「怒る」「泣く」という単純な言葉で表すけれど、実は、例えば「怒る」時は、何十にもいろいろな思いや感情の糸が絡み合っていて、その結果「怒る」ということになるわけで・・・

ヴォイツェクの曲は、そういう人間の感情の糸の絡み合いをたくさんの音で表わしていて、なおかつ曲としての輪郭をきちんと保ち、さらに表すだけでなく、聞く側へ挑発する部分もあり・・・
歌いこなすのはかなり酷なことだろうけど、
はまったときにはすごいものができる。
・・・とそんな風に思っていました。

って、こんな風にあだこだ言ってみましたが、
とにかく、いい曲だということですな(あはは)
いつまでも曲が五感に絡み付いてきます。

うううううう・・・
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/10/18 07:19 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2401-4b6dcaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top