FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

いい顔してたなぁ…

昨夜のAスタジオ

たぶん、拙宅へ来てくださる方で
いつものようにさぞや
「っぎゃ~~~」
っと燃えまくって叫んでいるだろうと思ってきてくださる方もおられるかと(笑)


見終わって、いちばん思ったのは
ワタシにとっては
「ものすごく真面目な番組だった」
ということだった。

いや、真面目っていうとニュアンスが伝わりにくいかもしれないから
「しみじみとした番組だった」
というべきか…

しみじみした思いを噛締める、そんな番組だった。

それもこれも、番組の最後のあの顔、あの表情を見たからだ。

退場して、裏で鶴瓶さんの言葉を聞いているときの顔

あれがすべてを持っていった感アリだ。

もちろん、
三谷さんの耕史くんへの言葉に胸を打たれ、
鶴瓶さんの言葉が素晴らしかった上でのことだが。

その言葉を聞いているときの耕史くんの顔が、
なんともいえない、いい顔だった。

多少の照れもあるかもしれないし、すごく嬉しい気持ちもあり
そして、誇らしげな顔だった。

いい顔だったなぁ…

見た目の美しさではなく、内面から滲み出る「いい顔」だった。

この顔を見ていたら、先日のゆうゆうワイドの記事で語った「ここまで来れた自信」という言葉を思い出した。

そしてさらにこの言葉…
「誰かが駆け上がった階段ではなく、自分で積み上げた階段を一段一段上っている。
だからこの階段は壊れないという自負がある。」


これは2006年に語った言葉だが、この姿勢はまったくブレることがなく、
あれから着実に階段を積み重ねてきているんだなぁ…


戦い続けているのは変わらないが、一段一段を着実に積み上げてきた「自負」が滲み出ているようないい顔だった。

「自負」って、ただ自信を持っているってだけじゃなく、そんな自分を誇りに思っているってことだよなぁ。


もちろん、天井の見えないものへの挑戦は続いているだろうし、戦い続けている中で、変わっていく部分もあり、進化していく中でどんどん変わり続けていっていると感じるし、そういう変化があるからこそこっちも観続けているわけだが。

一本筋が通っているからこそ、未知への挑戦もできる。

ブレない男であり続け、そして変わり続ける役者でもある。


これが、鶴瓶さんの言う「長さ」なのか…


・・・

・・・・・

・・・

と、まあ、あの最後の顔を見て、勝手にこんなことをしみじみ思ったりしました。

真面目でごめんなさい(笑)


でも

でも

でも

やっぱふっひょ~~~っとなったっすよ(あはは~)

だって、組!話で、また新しいことが聞けたんだもん!!

携帯の電話番号のエピじゃなく、楽屋の暗証番号の話で、新たなものが出るとは…
変え続ける局長、それを毎日盗み見している副長
そしてヒントを出す局長~~~

もぉ~~~~コノヤロ コノヤロ~~~~

そして何度も画面に出る夫婦写真(違)

ああ、幸せだ~~~\(^o^)/




そして

なんか、ボディービルダーのような半裸写真も出ましたな(笑)
なんざ、あれはああああ~~~(笑)
昆虫の裏側!?(あはは~)




ヴォイツェク宣伝のときに流れたのが、目玉ギョロバージョンだったってのも嬉しかった!



今また鍛えているのだな、ボディ~~~
ワタスも触ってみたい(結局そこかい)

そして、やっぱしスレンダー好み(笑)


・・・


・・・・・


・・・

ま、こんな感じでした(あっははは~)


「そんなシメでいいのか」(by 副長)
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2348-0b338033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top