FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

モーストリークラシック11月号

ヴォイツェクインタビューが載っているということで
本日発売の『モーストリークラシック11月号』を買った!

1000円だし、どうしようかなぁとちょい迷っていたら
クラッシック好きの夫が
「オペラ特集だから僕も読みたい」
というので買った!

で、

で、

ワタシにとっては
「ああ、買ってよかった~~~」
と思える内容だったっす!

オペラ特集での名作ランキングには、
モーツァルト作品がベスト10の中に4つもあった
さすがだ~~~




それぞれの作品についての写真や解説がすごくいいのだ
ワタシのようなオペラ初心者にもわかりやすくて読みやすい。
フィガロの結婚のページには、2006年のザルツブルグ音楽祭で上演された舞台の写真が載っていた。
(モーツァルト特番『山本耕史とたどるモーツァルトへの旅』の中で耕史くんが実際にザルツブルグ音楽祭で観たのと同じ舞台だと思う)


そして11位には、なんと『ヴォツェック』がランクインしていたのだ
そう、これはヴォイツェクのオペラ版。
今この時に作品解説を読むのもタイムリー!

オペラ悪役ベスト10にも『ヴォツェック』の登場人物が入っていた!

オペラの国別の特色を書いたページもあり・・・

「バロックオペラの魅力」というページを見たときは一瞬
「ロックオペラの魅力」に見えて、胸が騒いだ(あはは)









※発売されたばかりなので、インタビューの詳細は控えますが、ここから先は少しインタビューの内容に触れていますので、ご了承ください!



そして、ヴォイツェクインタビュー

記事のタイトルは
“ビューヒナーの衝撃作「ヴォイツェク」上演 ACTシアター
「理解できないかも知れませんが、想像はできます」と山本耕史”


モノクロ1ページで写真は青ヴォイツェクのヴォイたん

img20130920_134645.jpg


「ヴォイツェクには1本道しかなかった」
と耕史くん。

ヴォイツェクに関して今までとは違う語り口がいくつもあって、すごく興味深い内容のインタビューだった!
読む価値ありだ~~~~\(^o^)/

インタビューの最後は耕史くんの
「心を痛めるような作品ですが、今、やる意味があるのです」
という言葉で締めくくられている!





スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2346-8902c7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top