FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ゆうゆうコウジ(2)

おのナポ裏話

「三谷さんは大変なことがあったんですよね。
おのれナポレオンっていう舞台で」
という大沢さんの話しから、おのナポ話しになった。


「ボクそれ出演していたんですけど、あの、天海祐希さんが途中で体調を悪くされて、それで、まあ、2日3日くらいの稽古で・・・
ボクはちょうど相手役だったので、稽古はつきっきりで、
あの、みなさんそうでしたけど…
やっぱり台詞の分量は当然、こう、いろんな人に振り分けたりとかしたので。
りえさんも、もちろんゼロから作り上げるという意味では、本当にびっくりするくらいの時間で~とも思いますし…
周りの人もそれをカバーするっていうか、そういう意味では、本当にみんなで作り上げたということになるのかなと思いますけれども」


たいへんだったよなぁ・・・
なんだかずいぶん前のような気がするが、まだ数か月しか経っていなんだもんなぁ

「野田秀樹さんが、まだ天海さんが体調を悪くされる前に、冗談で
“これ誰かが倒れたら絶対できないよね”
なんて言ってたんですけど…
それをやってのけるプロの集団ってのは素晴らしいものがあるなぁと。
みんなで支えあって(やり遂げました)」


ここで大沢さんが、りえさんとそれを支えた周りの役者さんたちを絶賛!
「やればできるもんだね」
という大沢さんに対して

「本当はできちゃいけない気もするんです。
こう、あの、できちゃうという事実が残ると、なんかそういうことが起きた時にできるでしょってなっちゃうのは・・・
いやいや、そういうことではない気がするんです。
そこはプロ根性でやってのけたけれども、
極力そういうことはない方がいいので」


う~む…
なんか言いたいことがわかる気がした。
(わたしなりの勝手な解釈ですが・・・)
お客様に完全な形で見せるのが本来のものだってことかなぁ・・・と。



台詞の覚え方

お稽古に入るときはもう台詞を頭に入れていて台本は離しているという耕史くん
「何が何でも覚えこんでいくんでしょ!?」
と大沢さんに言われて

「台本を持ちながらっていうのが、なんか自分の性に合わないというか…
両手が開いていた方がいいので」



ドラマについては

「ドラマは現代劇と時代劇とありますし…
あとは、ちょっと言葉が難しい医者とか弁護士とかいろいろありますけど。
役によって時間の費やし方も違います。
やっぱり口語が今の現代で、今の自分の年が(役に)合っていてっていうのだと、わりとスッと入りますけど。
やっぱり、医学用語とか、そういう法ものとかになると、ちょっと聞いたことがない言葉も出てきますからね。それは何度も何度も言う時間が必要ですけど」


それはあの役かなその役かなって、いろいろ勝手に想像しますな~

台詞をきちんと入れていくのは
「皆さんに迷惑をかけないってのもあるし、後は恥をかきたくないってのもあるでしょうね」

どうやって台詞を覚えるんですか!?と聞かれて

「ボクは黙読っていうか、口にはあまり出さないですね。
脳で口を動かしてるっていうか…
周りに人がいるときにあんまり声を出してってのはないので」


「脳で口を動かす」っておもしろいなぁ~~
ほんとにオモロイ
コウジ語録に入れたい一言じゃ~~~


去年は一度に仕事を5本抱えていたという話しになって

「去年は確かそれぐらいありましたねぇ
ドラマがかぶっちゃったりとか…
全部違う役でしたね」


さぞやたいへんだったでしょうと言われ

「そうですね。でも1日に5本あるわけではないですし、
もちろんサイクルがそれぞれの仕事で違いますから。
ただ、明日はこの役をやってその次の日はまた違う役をやってのはありますから…
台詞がとっても多い役ってのがあるんですよね。
それで、1日にぎゅっと凝縮されると・・・
あの、向こうとしては僕のためを思ってまとめてくれるんですけれども。
役的に台詞の多い役だと、1日に5シーンあったら、全部10ページしゃべるみたいな。そうすると、必然的に50ページしゃべってるってことになるっていう…
嬉しいんですけれども…」


ああこれはあの役のことだな
日本一似合う、麗しの麿

そして、同時期に違う役を演じ分けることもうそうだが、同じ役でも変っていくという話しになり

「シーンを重ねるごとに変っていくこともありますし、生まれてくる感情や、生まれてくる新しいその人のテイストみたいなものも増えてきますからね」

落ち着いた口調で低いコウジボイスで淡々と話すのが、
なんとも大人の男でしたなぁ

なんだろう、このゆるぎなさは…
声に落ち着きと自信を感じるんだよなぁ



次は先輩俳優のあの人語りにオケピ、そして酒話しへと続く~


まだまだ先は長い
(腹へったな~
スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

初コメ失礼します。
少し前から拝見していました。
首都圏のはずなのにラジオの電波が全然届かず、とても悔しく思っていたのでレポがすごくありがたいです!!
これからも萌えを分かち合いましょう♪←
URL | Mimi #-
2013/09/13 15:16 * 編集 *

歓喜感激感謝!!!

あ~っ!♪やっと、やっと!内容を山本さんの言葉で知る事が出来ます!!
特に蜷川氏の舞台云々は思いがけない、でもファンになって以来、頭の隅にあったことでした(山本さんの慎重な言葉選びながら言わんとしてることに、大いに納得。)
記事UPして下さって本っに当有り難いです。地方住人としてPCで挑戦したのですが、玉砕。
ツィッターを追いつつも山本さんの言葉が判らず物足りなくて…やはりblogは内容をしっかりと読むことが出来るので有り難いです。
文字起こしは大変だと思いますが、続きも宜しくお願い致します。
長文大歓迎で御座います!!(図々しくてスミマセン)
URL | いつもお邪魔人 #tHX44QXM
2013/09/13 17:57 * 編集 *

ありがとうございます!

Mimi殿

こんなアホブログを読んでくださってありがとうございます
(^O^)/
そしてレポを喜んでいただき、嬉しいです!
完全なもんではなく、けっこうはしょったりしていますが、トークの雰囲気が伝われば幸いです
\(^o^)/
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/09/14 10:07 * 編集 *

こちらこそ!

いつもお邪魔人殿

そんな風に言っていただき、こちらこそありがとうございます。
レポは、その言葉の微妙なニュアンスにさらに書く側の思い込みが入ってしまうので、なかなか正確に上手く書けないのですが、なるべくわかりやすく、そしてそのままの言葉で・・・というのを心がけました。

ねぎらいのお言葉、感謝します。
ヨレヨレになりながら書いたのですが、なんとか完成までこぎつけてヨカッタです
(^O^)/
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/09/14 10:47 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2331-20b600f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top