FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

続・クレア激燃えインタビュー

クレアのインタ

激萌えでしかも激燃え

写真では
その戦闘モードな表情に萌え
ただ燃えたぎっているだけではない
クールなハードボイルドさ
精悍さと冷静さに萌え

肩とか首とか胸とか指とか腰とか
そのフォルムのカッコエロクールに萌え

激萌えしつつ


インタビューの言葉のひとつひとつには
胸の奥底から炎が燃え上がるような
そんな熱い思いに燃えて燃えて燃えて

まさに
激萌え激燃えインタビューなのだ。


まだ読んでいない方もおられるだろうから
以下は隠します
(ネタバレオケーな方は、続きを読むをクリックしてくだされ
    





白井演出についての耕史くんの語りは、まさに全幅の信頼を置いている感じで、
耕史くんにとって白井さんは
「理想の演出家のひとり」
とな!
「一緒にやれるのであれば、どんな作品でもやりたいと思っていました」

うおおお~
すごいなぁ~

ここまでコウジヤマモトに言わしめる白井さんの演出は
「リアリティだけでなく、ファンタジックで観客に想像させる余白がある」
とのこと!

「観客に想像させる余白」

これだ!これ!!!!

「余白」は大事!!!!!!!

余白の無い作品は観ていてつらい
役者の余白のない熱演もつらい

余白のない舞台ほど観ていてキツイものはないのだ~

白井演出は「観客に想像させる余白」があると・・・
おお、マジで楽しみ過ぎる!

11年前の白井さんの舞台でのことを
「とても創造的な現場」
だったと。
役者と演出家が互いに即発されあってひとつの作品を創り上げる現場だったらしい。
だから今度のヴォイツェクも
「お稽古の中でどんどん変容していくのが楽しみ」
だそうだ。

いいですなぁ・・・

投げかけられたものを受けとめ
投げかけたものを受けとめてもらえる

力をつけてきた役者だからこそできるのだと思うし、
信頼の置ける演出家との相互理解の上で成り立つことだと思う。

時に寄り添ったり…
時に火花を散らしたり…

「創造」「変容」があり
そこに生まれる「余白」

うう~ん、あまりにも素晴らしい・・・


そして、

ヴォイツェクについても、耕史くんはいろいろ語っているのだが
そのヴォイツェク語りの中でイチバン琴線に触れた言葉がこれ

「愛ゆえに人を殺めたり、生きたいと願うがゆえに自分を苦しめたり」

うぎょ~~~~

まず
「愛ゆえに」
ってのでメロメロした(何)
この言い方がなんともロマンチで

「愛ゆえに」

エエなぁ

「愛ゆえに」

あ~いいなぁ


その次の

「生きたいと願うがゆえに自分を苦しめたり」

ああ、切ない
なんといえない切ない言葉だなぁ…


そして
「彼は周りから精神崩壊者だと言われますが、本当なら、皆、逃げていくはずですよね。でも、そうせずに皆が彼をわざわざ叩いていくんです」
・・・と。

「皆が彼をわざわざ叩いていく」

これ
まさにこれ

彼独特の言い方なんだが、まさにまさに!!

「皆が彼をわざわざ叩いていく」

うまい!!
本当にうまい!!
どうしてこんなドンピシャな言葉を言えるんだろう…

うううううっと唸ってしまう



そして白井さんが語る役者山本耕史は

「すべてに納得していない男」

っだだだだだだだだだだ!!!
そうだだだだだだ!!!
それだだだだだだだだだだだ!!

白井さん、さすがだなぁ~~~

この言葉に激しく納得(あはは)


そんな納得しない男の言葉は
「僕だって完璧ではないし、そう思ったら自分は終わりだと思っている」
とな!!!!

カッコエエエエエエエエエ

“自分は完璧だと思った時が自分が終わる時”
だなんて…

なんと壮絶な
なんと恐ろしい
なんと厳しい
そして
なんと素晴らしい言葉なんだろうか…

戦っているなぁ

戦う男だなぁ

ああ、クラックラする、もう


かつて

「天井の見える仕事はやらない」

と言い

モーサリ関連のアエラインタビューでは
「怖くないと興味がない。
怖くないものは面白くないし、
怖いからこそ自分に乗り越える力があるか試す場所になる」


と言っていた・・・

そして今また

「完璧ではないし、そう思ったら自分は終わりだと思っている」

と・・・。




「すべてに納得していない男」

は、

つまりは

「戦い続ける男」

なのだ!!!!!!!

かっこよさが極上すぎる

今さらながら…
役者山本耕史は、やっぱ「カッコイイ男」なのだ
スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

ない(ノД`)・゜・。

あまりのレク様の雄叫びに、これは買って読まねば!と、思い・・走りましたよ私も。
しかし、わが街にはありませなんだ・・・どこにも。ナビスマイルはどうにかGETしましたがね。なので即アマゾンへ・・・。便利な世の中になりましたね。
でも「30代のマストコスメ」って、本屋さんでは買うなってことだった?
URL | Haru #-
2013/09/07 19:05 * 編集 *

ゲットできましたか

Haru殿

雄叫び過ぎましたかな(笑)
叫ばずにはいられなくて、つい…

写真もいいし、言葉もいい!
やはり舞台を語るといつもより戦闘モードになりますから、かっこよさも倍増!!

疾走されたのにお店になかったときの脱力感はいかばかりかっ
・・・とお察します(>_<)
でも、手にした時の感激は大きくなりますよね、きっと!
必ず
「待ったかいがあった!!」
と思える内容だと思います
(^o^)/
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2013/09/09 18:44 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2318-b37d74fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top