FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

第7話の激サバ

第7話

今やっと観た~(え)


頭の中、ヴォイ一色で、エン活ばっかし観ていたんで
激サバは録画しっぱなしだった

「ないがしろではないか」(by 三十郎)

すまんです、サバきゅん(^_^;)


おまけに、いつの間にか夫も激流にハマっていて、
毎週楽しみに観ているのが発覚(え)
で、こっちがまだ第7話を観ていないのに
「いや~やっぱああだったこうだった」
とネタバラシ三昧やりやがった

ガクッとなったじゃないのさ~~~


気を取り直して観た、第7話

激サバファン目線だと、サバきゅんの萌えどころがイマイチで
これといって叫ぶほど萌えたところがなかったので、サミシイ

でも、毛利センセの独白を聞いたときのアップの憂い顔に萌えた~

歩く全身ショットは、あまりの足長サバで、八頭身
他の同級生たちと骨格ちゃうもんなぁ…

肩幅もハンパなく
その胸厚ぶりに胸が熱くなる(うふふふ)

あんだけ大怪我で入院してたのに、
誰よりもガタイがいいサバきゅん



ドラマ的には、今回は賀来さんの主演舞台のようだった~
賀来さん、すげ~~
マジ迫力ああったなぁ~

歪んだ愛情が恐ろしいけど、悲しい

ホントに愛していたのは旭村センセじゃなくて冬葉たん
禁断の愛ですな、これは
これを感じたから旭村センセは離れていったんでは・・・

すかす、だからといって生徒の保護者と不倫すんなよ~

救急車も呼ばずに逃亡した旭村センセやら、冬たんママがクズ過ぎて、もう…
ひで~な、おい


真実の告白はなぜかいつも海辺…
これ定番ですな

あのまま校庭でもよかったのに
なぜみんなで海辺へ移動する(あはは)

激流だから、やはり海と波が必要
あの波打ち際は、そのまま心の動揺と激高を表しているようで、
あのシーンには抜群のシチュエーションだった。



もう最終回かぁ…
毎週、当たり前のように会えたサバきゅんにもうあと1話しか会えないなんて(>_<)

そう考えるとサミシイよ~


全部終わったら、ラストディナーを観てみようと思っている。

サンクマちゃんとサバきゅんカップルがすごく好きになったんで、違うドラマながらも、2人芝居のラストディナーで新しい魅力を感じることになりそうじゃ~







スポンサーサイト



カテゴリ: 激流

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2268-ba8bde1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top