FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

エン活!(1)

エン活のヴォイツェクプロモ映像が凄すぎて眠れぬまま・・・

コマ送りしたり、止めたり
普通に再生したり

インタビューもリピリピ
撮影風景もリピリピ

で、まだプロモ映像を鬼リピ

趣味すぎるうううううう


ほとんど寝てなくて、リピし過ぎて
今日の仕事がどうなることか(不安)


ゆっくりした記事を書く時間は無いが、
インタとエン活レポをちょっと

「ようこそ新しいヴォイツェクの世界へ」
と画面に出た。

ポスター撮りの風景
映画版を流しながらの作品解説
キャスト・スタッフ紹介
耕史くん、マイコさん、白井さん、三宅さん、赤堀さんを紹介
白井さんと三宅さんがコラボした舞台ジャンヌダルクの映像も出た。

耕史くんの紹介のとき使ったのがぴんとこな映像ってのが、なんとも
ま、TBSだから仕方ないっすね(あは(^_^;))

ポスター撮り映像に映ったのは、いつもながらの美青年コウジ
なのに、あんな風になるのか~と感心した。
他のキャストのみなさんの撮影風景も出たが、みなさんカッコエエ~~~
ちょっとアンニュイな表情で素晴らしかった!










衝撃のプロモ映像じゃ~~~

チケット販売インフォの時にも繰り返し出てきた、
このヴォイツェクプロモ

どアップのヴォイツェクの目を閉じている顔
それが何秒かするとゆっくりと目を開ける

たったこれだけの映像
文字にするとたったこれだけ

でもものすごいインパクト!
ものすごい衝撃
ものすごく心を射抜かれ
ものすごく感動、いや、感激、いや感嘆

どちらも白塗りヴォイツェクなのに、写真と映像では違った~

ここに出ている写真のような固められて塗り込められた感がなく
流れるような息づかいを感じた。

恐ろしいほどの目
顔の全てを白く塗りつぶしていて
唯一、瞼だけにブラウンシャドウを入れている
だから、白く塗りこめられた中に目だけが異様なまでに迫ってくる

顔にはずっと水滴が流れていた
それも滴り落ちるんじゃなくて、逆回し
顔に水滴が吸い付くように見えた!
逆回しで撮ったのなら、実際には開いた目をつぶっているのかもしれない…

目の開け方が不気味
バチリと両目を見開くより、微妙な間で開くから
見ているこちら側が不安になりなんとも不穏な空気を感じる

ぐっと見開いた目を見て
「なにか凄まじいものが覚醒した」
と感じた。

覚醒なのか

なんなのか

わからないが、そう感じたのだ。


あえてカラーをモノクロにしたというより、
白と黒しか存在しない世界のようだ。

混沌

退廃

覚醒

いろん言葉が浮かぶ


そして

動画なんだが、なにか芸術品を見た感覚がある

理屈ではなく五感で感じる、とてつもないもの…


いやー凄すぎる

時間が無いってわりにはウザく語ってしまったな
(いつものことか(^_^;))
スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2263-57ac5277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top