FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

続 懐かしのパリ~♪

前にここでも書いていたが、
久々に古いアルバムを引っ張り出して、
20数年前に行った時のフランスの写真をじっくり見てみた!

アルバムは何冊にも渡り写真の数も膨大、
ほとんど色あせてきている・・・


そんな中、ナポレオン関連の数枚の写真をスキャンしてみた!

色あせてぼやけた写真ばかりだけど、
自分で撮った写真ってのが今や貴重だぁ

昭和62年(1987年)のフランスで撮った写真。(古い~
コウジくんがガブローシュを演じている頃のフランスだぁ…

まずは、ルーブルで撮ったナポレオン戴冠式の絵の写真
戴冠式ルーブル

妻のジョセフィーヌに冠を授けているのがナポレオンボナパルト!
当時は、ただ有名な絵だから撮っただけだったが(^_^;)
今見ると、自分で撮ったナポレオンってのが貴重な気がする(あは)
(トリミングしてレクブログ法度の写真に使用中)


そしてベルサイユ宮殿
ものすごい数の写真を撮ってて、1冊のアルバムがベルサイユだらけ(笑)

正面口
ベルサイユ宮正面


ベルサイユ宮の戦史の回廊
(496年のクローヴィスの時代から、1809年のナポレオンのワグラムの戦いまでが描かれている )
ベルサイユ宮内の戦史回廊


ナポレオンの命令によって作られたという凱旋門
(この門が完成する前にナポレオンは亡くなっている)
凱旋門横



今や、ナポレオンっていうともう野田ナポレオンしか思い浮かばんです!

あまりにも魅力的で

チャーミングでカワイイ
でも、どこか切ない
英雄としてこだわったもの
それは、英雄であるがためにこだわらなければならなかったもの…

恐ろしいほどの孤独

天才がいかに周りを翻弄するか
翻弄された人たちがいかに彼の魅力にハマっていくか

そして天才だけが持つ恐ろしさ

時折見せる天才としての鋭さ
恐ろしいほど切れている!
凡人にはとうてい及ばないような切れ味!

野田ナポレオン陛下、サイコ~~~\(^o^)/



ナポたんには関係ないけど
ワタシにとっての英雄の写真も

たまたま通りかかったパリの街角で撮ったボウイさまのポスター
(ポスターは1987年グラススパイダーツアーのもの)
もう破れかかっていたけど、それがまた退廃的で美しい~
ポスター_edited-1


スポンサーサイト



カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2101-17b033cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top