FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ママムーシってなんですかぁ

「ママムーシ」ってなんですかぁ~!?

おのナポを観るたびにそう思っていた…

「ママムーシ」ってのがあまりにおもろい響きなので

「もしかしてミタニンが考え出した言葉で
それをモリエール劇に潜ませているのかも」

と勝手に思って、疑問をそのままにしていた。


意味があるのかないのかわからん暗号のような
答えがあるようで、実は無いような言葉
「赤い洗面器の男」再び~みたいな感じで(あはは)

勝手に思い込んで観ていました~(愚)

だって、「ママムーシ」って、聞いた時に適度に脱力させてくれるような、不思議な響きなんだもんなぁ(笑)


ところが、モン友が、ちゃんとモリエールを読んだ上で教えてくれたのだ!

すごいなぁ~
ワタシなんか
「何だろう!?この不思議な言葉は…」
と思いつつそのままにしていたのに…


劇中でアルヴィーヌとモントロンが見せるモリエール劇は
『町人貴族』
という作品で、その中にちゃんとあるそうだ「ママムーシ」が!!

「貴族になりたがる主人公が娘の結婚相手まで貴族のバカ息子にと押し付けようとするので、皆で主人公をだます。
嘘のトルコの王様から主人公へ授けられるのが「ママムーシ」というトルコの騎士の称号。
モントロンが演じている場面は、主人公が騙されているとも知らずにトルコの騎士になりきっていて、その姿を見て驚いている主人公の妻の場面」
とモン友が教えてくれた!

おお!そうか!そうか!そうだったのかぁ~

「ママムーシ」ってトルコの騎士のことだったのか

それでモンたんはああいうガウンのような衣装を着ていたのか!
そういわれてみると、あれはトルコ風な衣装だわん

今やっと気がついた(遅)

「ママムーシ」って本当にあった言葉だったのか~


モントロンはトルコ風な衣装も似合うのよね~
あそこは、本当はもっと笑いたいんだけど…
あのガウンを羽織った姿が美しくて
見とれてしまって、笑いそびれる(あはは)

で、ガウンを脱ぐと、青い軍服姿に戻るのだが
これがまた「うお~」っとなる

ずっと軍服姿でいるのもモチロン萌えるのだが

ああいう風にいったん長いガウンを羽織っていて
それを脱ぐとシュッとした軍服姿になるってのが、たまらんなぁ(鼻血)

今まで観ていた軍服姿が、さらにさらにさらにカッコイイものに思えるんだもんね(ヨダレ)

でへへへへへへ(何)



モリエールを読んだ友が、おのナポに出てくるもうひとつのモリエール作品についても教えてくれた!

それは劇中でアルヴィーヌがナポレオンに読んで聞かせている
『病は気から』

※ここからネタバレありなので隠します












モントロン夫妻のナポレオン襲撃場面(あはは)

モン友曰く

「あの場面でアルヴィーヌが朗読するのが『病は気から』の一節です。
あの台詞に続く場面では、女中が主人公の顔に枕を置いて、主人公から“こいつめ!わしの息をとめる気か”と怒鳴られています。
まるで、そのままですよね!
アルヴィーヌは、自分が読んでいた所に出てくる「枕で顔を覆い息をとめる」から発想して同じように「枕」を使ってナポレオンを殺そうと思いついたのかもしれませんね」

な、な、なるほど~~~

いろいろなことが込められた引用なんだろうなぁ
台詞のひとつひとつにもみんな意味があるのだ!

『町人貴族』は、貴族になりたい男が騙されたり翻弄される話で、
『病は気から』は、重病だと思い込んでいる男が藪医者に的外れな治療を受けたり、若い後妻が遺産を狙っていたり…。
こんな風にあらすじを知ると、さらに舞台の内容といろいろダブってきて連想できるもんなぁ…


わからないまま観ていたが、こうして教えてもらえるとさらに「なるほど!」を思えてくる場面が増えますな!



そもそもタイトルの

『おのれナポレオン
  L'honneur de Napoleon 』

この「L'honneur de Napoleon」の部分が!!!!!だもんなぁ…

舞台を観終わって、あらためてこの舞台のタイトルをかみしめました!
なるほど!!!!と
スポンサーサイト



カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

楽しみ~

レクさま
ご無沙汰しております。

(あまりのご無沙汰でボケてしまい、「感動の写真展後期」に「写真展!」の名前で入れてしまいました・・・すみません)

おのナポも観られない・・・と泣いておりましたが、ライブビューなるものが札幌でもあると知り、藁にもすがる思いでチケを申し込み、めでたくゲト~。生には適いませんが、どんなカタチでも観られるだけシアワセです。
あとは当日、だんなが早く帰って、子どもとお留守番をしてくれることを願うだけ。

レクさまの詳細レポでもう頭のなかは妄想だらけですわ。 
URL | あき #-
2013/04/21 16:52 * 編集 *

モントロン50代の背中

レクさん、

先日、ステージシートの一番前でチェックしたところ、50代の衣装の背中は、少し厚手の詰め物を入れて、膨らませている感じでした。
だから、普通にしていても、背中が若い時より、大きく、丸まって見えるようでした。





URL | ミシェル #-
2013/04/21 23:30 * 編集 *

ヨカッタです!

あき殿

コメントありがとうございます(^O^)/
あのコメントはあき殿だと思っていました。

ライブビューイングをご覧になれそうですね!
本当にヨカッタです\(^o^)/
日々、うざく叫んでいるだけでレポになっていないんですが
(いつものことですけど)
とにかく「日本一フランス貴族の似合う男」をご一緒に体感して、共に萌えまくりましょうねv-10
ふふふふ~
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/04/21 23:50 * 編集 *

ステージシート

ミッシェル殿

おお!ステージシートでしたか~
うわさのステージシート席でご覧になったんですね!
あまりにも近くてとろけたのではv-10
もちろん、そういう衣装の工夫もあるんですが、そこに、さらにニュアンスの違いを背中や佇まいで出している、その微妙な表現力が素晴らしいんですよね♪
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/04/21 23:55 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2093-fb98d66a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top