FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

モントロンの魅力

モントロンのことを書こうとするとどうしても具体的な場面の描写も入り、ネタバレ満載になってしまう。
まだ初日から1週間だし、こういう推理劇は特にネタバレが最後の結末に影響してくるし…
なかなか加減が難しいですのう(^_^;)

だから今はまだ詳細な記事を書くのはためらってしまう

でも、やっぱ叫びたいわけで(あはは)

モントロン語りをしたいわけで(なはは)


※ここから先は、ネタバレはないつもりですが、モントロンについてのウザ語りなので一応隠します。



今の時点でのワタシのモントロンの印象は
「わかりにくい男」
そして
「わかりいやすい男」


あはは~どっちなんだ~~~


たとえば
ハドソン・ロウは屈折してはいても、軍人としての信念があり、その揺るぎなさ、一本筋の通った確固たる生き方があると思う。
だからこそ、同じ軍人として天才ナポレオンの素晴らしさがわかり、畏敬の念があり、その天才ぶりを愛しちゃっている。
同じ音楽家として、天才モーツァルトの才能を誰よりも畏れ誰よりも愛した、サリエリのように。

たとえば
アルヴィーヌは、計算高いしあばずれな面もあるが、心底ナポレオンを愛していたと思う。
その愛は一途で、けなげで愚かで可愛い。


でも

モントロンは・・・

こいつがまあ、めんどくせぇわけ!!(笑)

観ている最中にコロコロと印象が変わるのだ、こいつぁ~!

そんなに軍人って感じもしないし
ふらふらと行き当たりばったり

中途半端な男

と思いきや、すごく

執念深い男

とも思えたが

でも、なんだか投げやりな面もあって
根気が続かないところもあって

熱しやすく冷めやすい男

とも思えて



自己中なようでいても、けっこういいように他人に使われている気もして

おぼっちゃまな男



がしかし、綿密にことを運ぶような

策士な男

でもあり

腹黒い男

のような一面もあるが

そのわりに、なんかその場しのぎないい加減さもあって
で、けっこう

素直な男



無邪気な男

でもあり


人生捨てる系かと思いきやけっこう人生楽しんでいる風でもあり

プラス思考な男

苦悩しているのかと思いきや、そうでもなく
実は考え方が浅いから楽しく生きれるみたいで

浅はかな男

実は

何も考えてない男


野心家なのだがその野心が続かないみたいな
でも、自分にその反省がかえってこないような

お気楽な男

であり

神経質なようでいてどこか大らかで

」かと思えるようで実は「


モントロンは、なにか人間の二面性をコロコロと出してくる!
そしてそれがひとりの人物としてちゃんと成り立っていて、
あまり矛盾を感じない


なんだかんだで、最終的に「いいやつ」って感じがするのは

育ちのよさとか明るさとか
」な部分をすごく感じるせいかなぁ…



今まで耕史くんの演じた役はどちらかというと「ひとつの信念を貫く」っていうキャラが多かったから、逆にこのモントロンが新鮮で魅力的なのだ~~~



ここまで書いていたらミタニンの『ありふれた生活4』に書かれていた耕史くんの印象のページを思い出した!

ミタニンの耕史くんイメージは
オケピの稽古が始まる前は
ドラマで見た印象や外見から
「ナイーブな青年」
でも稽古が始まったら
ナイーブさは見せかけで
「怒れる男」
しかし、オケピが終わった時点で
「手先は器用だが、生き方は不器用な男」
であり
結局のところ
「一見ナイーブそうな青年は、実は熱い奴で、でもその実態はやはりナイーブという、結局見た目通りの奴であった」
…と。


モントロンのキャラとは全然関係ないのだが、
こう見えて、実はこう、が、しかし、こうであり、結局はこうだった
ってところがなんとなく…


モントロン、かめばかむほど面白い味のする男なのだ
そしてこれからも、あの濃い方々の色を受けとめて進化していきそうだ!!

そしてそして

今はこうだが、ワタシの印象もどんどん変化していきそうな気がする!
スポンサーサイト



カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

二面性

そうそうそう、
と画面見ながらうなずいてました。
よくぞ並べ立ててくださいました。さすがレクさん!
ありがとうございます!

そつがないようで、ちゃらんぽらんで、
最終的に憎めないやつ、って感じがしますよね。
二面性があって、しかも矛盾が感じられない。
どんなひとにもそういう部分はあるかもしれないけど、
お見事!って気がします。鮮やかな手さばき。
観ててわくわくして楽しい~♪

私もすっかりはまってしまいました。
なまじ劇場に近いだけに(何だかんだ言っていつも近い)、
公演期間中、今はあの場面かこの場面かとそわそわ。
モーツァルト貧乏のため、
こちらは一回か二回観られれば…なんて言ってたのに、
当日券に並ぼうかなどとまた夢想してる自分がいます。
危険危険。危険な魅力ですね。
URL | ふみ #mQop/nM.
2013/04/14 12:43 * 編集 *

評価が上手い!

さすが、レクさん!上手い!
おもしろい!お見事!The 山本耕史!

しかし、これって、間違いなく、三谷さんの代表作になりますね!

都心のライブヴューイングは既に、売り切れ。

たいしたものです。
URL | ミシェル #-
2013/04/14 15:51 * 編集 *

まだまだ

ふみ殿

コメントありがとうございます
(^O^)/

いまのところの印象なんで、まだまだこれからいろんなものがプラスされていくかもしれませんね~
舞台は生き物、しかもこういう役者ぞろいの舞台は、なおさらいろんな化学反応が起きていくかもしれませんから…

危険ですなぁ~(笑)
ワタシはすでに無い袖も振り切ってしまい、逆立ちしてもなにも出ない状態です
(あはは~)
モーチケでほとんど一文無し…
悔いはまったくありませぬが、
ああ宝くじでもあたらないかな~
って、くじを買うお金もないんですが(笑)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/04/15 09:20 * 編集 *

ありがとうございます!

ミッシェル殿

いえいえ、まだちゃんとつかめていないのですが…
今のところの印象です。
モントロンって、なんかつかみどころがないようで、実はそんなに複雑でもない、わかりやすいヤツかもしれない(笑)
いい加減なヤツだけど、なんかしら男っぽいし
地道に生きるより今日が楽しけりゃいいや~みたいな感じもあって・・・
なんか今までにない感じが、はまるキャラです

とにかく断言できるのは
フランス人よりも似合う、フランス軍服
コスプレ最強
ってことですな(あはは~)

URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/04/15 09:27 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2082-4bf0a32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top