FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

モントロンさまああ~

※この記事はちょっとネタバレもあります!


昨日の初日を観た!


ああ…

あああああああああああ~


ダメだ(何)

やられちまった…


前記事でこんな風に自分で書いていた(^_^;)
案外まともなワタシだった・・・

だったが


やっぱし、まともじゃなかった、俺は(何者)

昨日はモントロン様に
燃えて萌えて燃えて燃えて萌えて萌えて萌えて萌えて燃えて燃えて萌えまくってしまった!!

もはや冷静さを失って、ひたすらひたすらひたすらひたすらひたすらひたすらひたすらひたすらひたすら(しつこいぃ)モントロンにロックオン状態で観ていた!
いいのかそれで~(^_^;)

すごく前の席だったってのが、理性消失の元だった!
あんなものをあんな前で観たら、頭溶けるで、ったく!!


最初にやさぐれモントロンとして登場
やさぐれた態度、やさぐれた服、やさぐれた胸元

ジゴロ・ド・モントロン

ぐはぁぁ~

すべてがルーズで
いささかだぶついたダークカラーな衣装

このルーズでダークな大人の男の色気

でも、どんなにやさぐれて薄汚れていても
どこかに漂う気品
落ちぶれても貴族オーラは消えていない

この“やさぐれ貴族ジゴロ”にまずはヤラレタ

はだけた胸元に、ワタシの心もはだけた

もう、このプロローグの段階で理性消失しかかっていた…


そしてセントヘレナ島になり
登場した青い軍服姿のモントロン

あああああああああああ~

このモントロン登場の瞬間に理性は消失した

「早いな!」(笑)

やさぐれモントロンから一転

しゅっとタイトな青い軍服とブーツ
颯爽と凛々しい貴族
(ほころんだり落ちぶれたりはしていても)

モノトーンからブルーへ

ルーズからタイトへ

やさぐれから颯爽へ

この、「ダブっとしたものがシュッと引き締まった感」

これが見ていて快感で快感で(ぐほほ)

普通に見ても琴線に触れる軍服姿が、この落差ゆえに、さらにかっこよさが増幅された感じだった・・・

登場した時点で頭が溶けたんで、もうそれからは理性もなにもあったもんじゃなく(あはは)
ひたすらドロドロしながらモントロンにロックオンしていた

だめだ、こりゃ(^_^;)

「日本一立ってるだけで絵になる男」

「日本一フランス軍服が似合う男」

「日本一椅子に座っているだけで絵になる男」


昨日は“サリエリお辞儀”が出た!!!
陛下に向かって軽くお辞儀をする時に、
「左手を背中に回し、右手を胸にあててお辞儀」
っていう、あのサリエリお辞儀が~

「日本一優雅にお辞儀をする男」

特に萌えるのが“睨み顔”
しかも
“体は後ろ向きになっていて、顔だけゆっくりと前へ向きながら睨む”
てのが最高~~~

睨む時の目の鋭さ
刺すような目線
その鋭さはナイフの如し

「日本一振り返りざまが絵になる男」

そして

17歳の回想シーンであこがれのナポレオンを目の前にしたときの目の輝き
このシーンだけ目に星が入っていたあああ~

一緒に見ていたモン友いわく
「目に星を入れることさえ自由自在にできる男」


ナポレオンに
「陛下~~」
とすがって足蹴にされて床に崩れ落ちる姿に激萌えだったぁぁぁ~
あの崩れ落ちる感じが、かよわくて姫っぽくて、ツボってツボって
あそこだけ鬼リピしたいくらいツボッた!
なんでこんなに好きなんだ、足蹴にされているのが(笑)

「日本一・・」えっと、なんていえばいいんだろ(あはは)

かと思えば

「俺は」
「俺の」
「おまえは」
「うるせぇ」
「覚えてねえのかよ」

等々の俺さま言葉を言う時のモントロンにも激萌え~~~
貴族で「おれさま」が最高~~~

「日本一おれさま口調がカッコイイ男」


あははは~
日本一連発!!!!!


昨夜は、こんな風にいちいち萌え過ぎたんで、
まったく冷静さがなく、目も節穴状態で、頭の中が沸いていて
舞台に関しては何も語れないのだ。
(十分語っているじゃねえか、方向性が斜めだけど(^_^;))




昨日のモントロンは、プレビューより台詞や動作や表情にメリハリをつけていたなぁ・・・

コノヤローのときの顔とか
でへってしたときの変顔とか



“モントロンの逆襲“場面も凄かったもんね!

(あそこは勝手に「モントロンの逆襲」って名づけてます(笑))

「おれはだれだ!?」
の目の見開き方がすげ~~~のなんのって!
目がこぼれそうだった!

あのグラス芸はもはやマジシャンの域じゃ
手にグラスが吸い付いているようで(笑)
昨日は、あのテクがさらにさらに倍増していて、まわしにまわしていた!


まだまだあるのだが、何をどういう風に萌えたのか、
「うおわああ~」って特別なピンポイントが何個かあったのだが、あまりに萌えたんでどこだったか忘れてしまった…
だからあまり書けないです…
(って十分ウザく書いてるけど)

スポンサーサイト



カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

おかしくなってます

プレビュー初日と本公演初日を観るとはさすがですね。
私はまだ、プレビュー二日目しか観ていませんが、もう、もう、変に偏になっております。
毎晩、モントロン様が夢にあらわれて、で、それが、なぜか、50代のモントロン様です。
耐えきれず(?)「アタシんちの男子」を早送りでときちゃんのところだけ全部観てしまいました(なぜだか自分でもわかりません)。
はぁ、これが一か月も続くかと思うと、幸せすぎて、
ひたすら、三谷さんに感謝しています。
URL | ミシェル #-
2013/04/10 14:24 * 編集 *

そうこなくちゃ

レクさまの本領は萌えレポにあり。
>案外まとも  
だと欲求不満が解消されないんですよ。私の。

レクレッシェンドありの反復ありの斜め目線最強レクオリティ記事を読んで気分がスカッとしました。これで落ち着いて観劇日が待てます。
特別ピンポイント部分を思い出されたら続報要請します!

URL | タイム #EKsGaSlY
2013/04/11 09:54 * 編集 *

あ、やっぱり

タイム殿

ちゃんとした作品の感想や共演者の方々の感想も書きたいのですが、いつもコウジ萌え記事だけで終わってしまいます。
そですね
タイム殿のおっさるとおり!
ちゃんとしたレビュー記事は他の方々に任せて
ここはスチャラカでゴーってことで(あはは)
ひたすら頭の沸騰レポに徹します(笑)

ピンポイント、思い出せない~~~
うひょ~って体が反応したことしか覚えていませんのや(笑)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/04/11 10:42 * 編集 *

すごいですなぁ

ミッシェル殿

コメントを読ませていただいたら、あまりにウケテしまって…

毎晩50歳のモントロンが夢に降臨とは
うらやましい~
「毎日モーツァルト」
ならぬ
毎晩モントロン」ですな(笑)

そしてなぜに時ちゃん!(笑)
でも、なんか自分でもわからないまま取り憑かれたようにひとつの作品を観てしまうことってありますよね…
きっと、深層で心が欲しいえいるんですな、時ちゃんを!

URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/04/11 10:44 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2077-61fa8661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top