FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ちょっとしたロス的つぶやき

「協奏交響曲K.364の第二楽章」でオスカルとアンドレを思い出す!
…な~んて記事を書いたが(^_^;)

実は、もう2箇所ほど、この舞台とは全然関係ないことを密かに思い浮かべてしまう場面があったのだ
(^_^;)
2箇所ともサリエリさま場面…


ひとつは『殺しのシンフォニー』の
「狂ったこの世界」
という歌詞

♪狂ったこの世界に捧げよう♪

♪狂ったこの世界を終わらせよう♪

って感じで、この「狂った世界」は何度も出てくるから印象に残るのだ!

(痛みこそ真実でも「狂気の世界」って歌ってるし…)


このフレーズを聴くたびに思い出していたのが

「この世は狂うておりまする。
私ほど国のことを考え、 働いてきたものは他におらぬというのに」

という頼長さまの台詞。


「この世は狂うております」

これはまさに「狂った世界」ってことなんだが…

でも、頼長さまのいう「狂った世界」は自分を取り巻く現実世界。
つまり外の世界のこと。
頼長さまは自分のことを正しいと思っていて自分に対してはなんの迷いもないから、自分の内なる世界が狂っているとは微塵も思ってはいない。
あくまでも自分は正しくて、外の世界が狂っていると思っている。

それに対して、サリエリの言う「狂った世界」は自分の中にあるもの。
その狂いの元凶であるモーツァルトを抹殺したとしても、彼の音楽は抹殺できない。
それに、自分の内なる世界が狂っていると思っているから、
いくら外の世界に働きかけてもその狂気は止められない。

外の世界へ何かを働きかけて勝利しても、
内なる世界は狂ったままでそれをどうすることもできない。
彼には「狂った世界を終わらせる」ことができないのだ。

そこがものすごく苦悩に満ちていて痛々しいんだよなぁ…


なんてことを考えていました。





もうひとつは『勝利の代償』の途中のローゼンベルグ伯爵の台詞
(魔笛のことを揶揄している場面、
台詞は自分で覚えたままなんで正確じゃないかも)

「あ~そうだった!
憐れな作者によるダメ人間のための道化芝居」

この「ダメ人間のための」ってのがなぜかものすごく印象に残ってしまって…

で、この台詞を聞くといつもいつも思い出してしまうのがMNRのこのフレーズ

♪All The Misfits And The Losers
Well, you know you're rock and rollers♪

「The Misfits And The Losers」
(はみ出し者や落ちこぼれ)
つまりはローゼンベルグ伯爵の言う「ダメ人間」。

MNRを初めて聴いた時からイチバン琴線に触れたのが
「All The Misfits And The Losers」だった・・・
まさに自分のことだと思ったから!

だから

“み~んな、はみ出し者のダメ人間ばっか
でも、だから、みんなロケンローラーなのよ”

って、ヘド姐さんはダメ人間にこそ愛を与えてくれた~
(愛すべきダメ人間)って感じで
ここがイチバン好きなのだ

全然モーツァルトと関係ないじゃないかぁ~(笑)

まるで関係ないし、なにもリンクしていないんだが(^_^;)
でも、なぜか、ローゼンベルグさまが
「憐れな作者によるダメ人間のための」
って言うたびに、MNRのこのフレーズを思い出していた。
なぜかわからんが、いつも…




以上、どうでもいいようなミクロネタでした(^_^;)

スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

およよ、

関係ないか?
いや関係あると思うがなあ。。
て、へ? ロッカーだべ? ダメ人間はもちの、憐れな作者、モーツァルト自身も。
というか、"モーツァルトはロックスター"、のコンセプト伺った瞬間から、ヘドヴィグ&トミーね、オッケー。と解釈していた自分の立場はどうしてくれよ。。

周辺事情。 ら? なんか変。まい。

ダメ人間のための道化芝居。ん。
内なる世界の狂い。ん。


あ、親子だ・・。
既視感、きた。
レクさん的にはうんと異議ありやもしれまへんが?
娘さんも別の作品からヘドを連想されてましたな。


もとい。モーツァルトも、ダメ人間にこそ最大の愛を与える音楽作った人と、200年前から決まってる。たあぶん。
そこんとこあたりも、お友達に伺いたいとろろ。もしくはサリエリ、ヴィオラとか弾いてないで教えろー!あんたが一番よくしってんだろーー〜ー!・・と、丑三つ時に吠えてみる。
URL | ま #JalddpaA
2013/03/19 02:54 * 編集 *

あ、バレてましたか…

ま殿

丑三つ時過ぎる~(笑)

で、やっぱバレてましたか
さすが、なんでもお見通しだ~

>モーツァルトはロックスター"、のコンセプト伺った瞬間から、ヘドヴィグ&トミーね、オッケー

これ、基本っすねv-219

関係ありありだから書いた(言った!)
でも素直じゃないから、
敢えて「全然関係ないじゃん」みたいなフレーズもはさみ~のv-356
普段はわりと感情のまま叫ぶのに、イチバンの肝はストレートな書き方ができないっていう偏屈なとこあります。
素直に書くのが悔しい~みたいな。
そういう偏屈を見抜いてくれる人と共有したい!みたいな・・。
しかし、バレバレだ(笑)
ヘド姐さんがエンドレスツアーから帰りそうもないって悔しさもあるからよけい素直に書けない
(^_^;)

「ダメ人間のための道化芝居」
これって裏を返せば、サリエリのことですよね
きついっすよね、こんなん!
でも、だからサリたんが好き~
屈折してるから、いっぱい鎧を着て自分を必死に守ってる感が、臆病で偏屈なワタシにはすげ~わかる
で、
だからワタシはモーツァルトに救われるのだ~

・・・と早朝から敢えて吠えてみる(笑)

ある日の匿名壁新聞掲示板より

>トニー、あなたの気持ちよくわかります
by レク

>おまえに何がわかるというのだ
 byトニーエンジェル

>明日新作発表の演奏会があるんだyo
by あひる王子

>空気読めよ by レク

>どこで何時からあるの!?by トニーエンジェル


・・・こんな感じでどうでっしゃろ!?(笑)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/19 07:42 * 編集 *

信頼があればこそ・・・

ま様とレクさんの応酬?・・読みごたえありましたね!(^^)

思わず「おおっ!」と声を上げ、読後は「ううぅーーん」唸りました。 「深いなぁ~」と・・・。 役者コウジヤマモト同様、レクさんの記事も一筋縄ではいきませんね~(笑) とても印象に残るやりとりでした(^^) 

新参者の私なぞがコメントするのは僭越なのですが・・・(^^;)
URL | はとこ #-
2013/03/20 09:47 * 編集 *

はとこ殿

「全然関係ない」
「まるで関係ない」
「リンクしてない」
「自分でもわからない」
と必要以上にむきになって連呼している時点であいたた~って感じでしたな
(^_^;)
ま殿はきっと
「なにむきになってんだ!周辺事情なんかあったか」
と気にかけてくださったのではないかと…

みなさんからいただくコメントは嬉しいので、コメント返しをする際には何度もよませていただいています!
自分が書いたものを様々な角度から受けとめてくださっていたり、共感してくださったり、よくぞわかってくれた~と嬉しくなったり!
時には違う方向へいったり、全然思いも寄らない解釈もあったり…
楽しいです\(^o^)/





URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/20 20:37 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2032-94f950ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top