FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

感動の写真展(3)

今回の前期展示でもっとも感動した写真はこれだ!

「徳川幕府脱走兵之士」

函館市のサイトのここにも載っているが、
フランスの軍事顧問団と一緒に副総裁の松平太郎さんなどが写っているこの集合写真は、あまりに有名で、戊辰戦争関係の書籍には必ずといっていいほど載っている写真だ。

この写真は後年プリントされたものではなく、
撮影時の写真そのものなのだ

ワタシもこれまで書籍で何度も見てきた写真なのだが、
実際に実物を見てその鮮明さに驚いた!

松平さんが持っているサーベルの持ち手の飾り細工の精巧さ!
みなさんが着ている軍服の刺繍や縫い付け飾りの素晴らしさ
なんとおしゃれなことか!
履いているブーツの光沢とシワのより具合い
ブリュネさんなんか、上着の裾と袖口の擦り切れ具合いまで鮮明に写っていた!
松平副総裁のきりっとした男前の目と鼻筋も!

どれもがあまりに鮮明に写っていて驚いた

みなさんの息遣いや談笑している声まで聞こえてきそうな写真だった。
この写真撮影の様子をすぐ目の前で副長や総裁や大鳥さんが眺めていたんじゃないか~って妄想まで湧いてきた!

感動感激

そし写真のこの説明書きを読んで、さらに感涙したぁ~

「写っている人物は、前列左から砲兵隊頭取細谷安太郎、ジュール・ブリュネ大尉、陸軍奉行並松平太郎、田島金太郎(応親)、後列左からアンドレ・カズヌーブ伍長、ジャン・マルラン軍曹、福島時之助、アルテュール・フォルタン軍曹の8人。
いずれも、箱館戦争に参加した人物である。これとほぼ同じカットの写真がフランスに存在しており、人物のポーズがやや違うものの、まちがいなく同じ時に撮影されたものと分かる」

うおおおおおお~

“これとほぼ同じカットの写真がフランスに存在しており”

だとおおおおお~~~

“フランスに存在”

つまりは、これと同じときに撮った集合写真をフランスに持ち帰った方がいるってことだ!
それは、ブリュネさんかもしれないし、違う人かもしれない…

でも、なんだかすごく胸が熱くなりました(涙)

フランス軍事顧問団が脱走軍と一緒に苦楽を共にしてきた月日
その日々の記憶は彼らにとっても凄く大切なものだったんじゃないかなぁ…
その思い出を一生大事にしていたんじゃないかなぁ…

そんな風に思えてきたから(涙)

もちろんワタシの勝手な解釈ですが(^_^;)

1枚の写真の持つ重みと深さを実感しました。

(この写真、リスト表を見ると「前期」に入っている
もう一度見るには、前期展示期間中に行かねばならないのか!?)




他にも屯田兵の写真や、北海道の開拓写真
幕末から明治にかけての家族写真や
会津の磐梯山噴火時の災害写真
明治の頃の江戸城、町の人々、
・・・などなどたくさんの貴重な写真があり見応え十分!

そして

後期展示では、明治に撮影された白虎隊の墓や鶴ヶ城の写真も展示されるようだ。

本当に素晴らしい写真展だった。
後期も行くぞ~~~

2013-03-08_16-22-11_178-1.jpg



※なお、展示チラシには

【巡回予定会期】
北海道立函館美術館 5/18~7/14
鶴岡アートフォーラム 7/2~8/25
郡山市立美術館 11/2~12/15

と書いてあります。

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

おかえりなさいませ☆

早速行かれたのですね、写真展☆  心震わせながら写真に見入るレクさんの様子が目に浮かぶレポです(^_^)皆が懸命に生きて、そして死んでいった・・・。 レクさんのおっしゃる通りです。とても共感します。ああ~『組!』『組!!』が観たくなりました♪(≧▽≦)      と、その前に『ヨシオ』ですね☆ 切なくて切なくて・・・きっとまた泣いてしまうのだろうな~。コウジヤマモトはホントに罪な男だ。レクさん、いつもの笑えるレポよろしくです(笑)  
URL | はとこ #-
2013/03/09 16:32 * 編集 *

いざ、行かん!

写真展、かなり濃密な内容のようですね~。

副長のりりしいお顔をどーんと起用してくれた東京都写真美術館様、ありがとう!
そして、そして、函館でもやってくれるんですね~e-259
札幌からこのためだけに、いざ行かん!
URL | あき #-
2013/03/09 21:53 * 編集 *

1枚の写真が語るもの

はとこ殿

あの集合写真はいつも書籍上で見たきた写真でしたが、実物は驚くほど鮮明で、細かいところまで確認できました。
1枚の写真が、本当に多くのことを語りかけてきました。
後期も絶対に行くつもりですし、前期の間にまた行ってしまうかもしれません…

ヨシオ
あまりの透明感に切なくなりました~
あれは罪だ~~~
ホント、おっしゃるとおり罪な男ですよね!
なかなか正気に戻れませんな(笑)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/10 09:51 * 編集 *

ぜひぜひ!

あき殿

函館にも巡回予定があって本当によかったですね!
とにかく見応えのある写真展です。
前期後期でかなり入れ替えがあるようなので、どちらも行けたらいいですな~

1枚の写真が多くのことを語りかけてくれます。
その語りを受け取れるかどうかは、見る側にかかっていると思うんです。
しっかりと受けとめられるように、もっと感性を磨き、また知識も増やしていきたいですなぁ…
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/10 10:01 * 編集 *

お詫び

「写真が語りかけるものを受けとめられるよう 更に感性を磨き、知識を増やしたい・・・」 レクさんの言葉に「はっ」とさせられました。 まだ実際に写真展に足を運んでいない段階で、共感するなどとコメントした自分が恥ずかしいです。m(__)m 舞台であれ映像であれ、作品の目に見えない部分も感じ取れるよう 私ももっともっと感性を磨きます!(^o^)/
URL | はとこ #-
2013/03/10 11:30 * 編集 *

そんなぁ~

はとこ殿

お詫びだなんてとんでもない
記事を読んで共感していただけるのは嬉しいです~
共感していただけたというのは、きっとはとこ殿も副長への思いが強いからだと思うので・・・

拙宅はホントにスチャラカブログなんで、気楽にコメントしてくださいね~
でも、その熱い思いは嬉しかったです
(^o^)/
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/11 18:08 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2021-313a8b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top