FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

娘のサリエリ

まだ日本版開幕前のこと。

フランス版DVDを娘に貸していたら、あまりにハマってしまい、
毎晩のように観ていたそうで…

フランス版のDVDを観たときから、
うちの娘はとにかくサリエリサリエリ!
ほとんどサリエリしか眼中にないほどのハマりよう

「サリエリ様大好き
サリエリしか観ていないってくらい好き!
サリエリのとこばっかしリピートしてるもん」

と言っていた。


そんな娘がルージュバージョンを観たときの感想はここに書いたとおり

「あのサリエリはフランス版サリエリ様とならんだ!」
と言っていた。

これは娘なりの大絶賛なのだ~

そうだろうそうだろう
思い知ったか、コウジヤマモトの素晴らしさを!!

で、先日娘と会った時にもサリエリ話になり、
「フランス版のサリエリさまのここが好き!この仕草が好き!この表情が好き」
とまずは元祖サリエリ様のことを語る娘。

で、次にコウジサリエリのことになって

「イチバンきゃ~ってなったのはあそこ」

「え、どこよ!?」

殺しのシンフォニーのあれかな
それとも乱れ髪ダンスかな

といろいろ予想していたら

「一幕でサリエリが仮面をつけて出て来て、モーツァルトに話すとき仮面をはずすじゃない!
あそこが最高にきゃーってなった」

え!?
なんで

「だって仮面をとった顔がうそみたいに整ってて美しくて
生身の人間の顔とは思えなかったから…
仮面の下にまた仮面があるのか~って思ったくらいだった!
あれは感動した~」

うお~
また、なんつうマニアックな
なるほどそうだ!
確かにそうなんだが
そこを第一位にもってくるとは(驚)

「あともうひとつ
最後のサリエリ曲で地獄に堕ちると~って歌ったあとに呆然と去っていくじゃない!
あの去っていく時の歩いている姿が最高にきれいだった!
こんなに完璧な人がこの世にいるのか~って思ったくらい感動した」

これまたマニアよのう(笑)
確かにあそこは激萌えなんだが

このふたつをメインに持ってくるとは
ある意味、ウチ娘はようわかっとる!!

これを聞いてあらためて自分の娘だと実感したのだった(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

Re:

レクイエムさまも、恵比寿の写真展へ行かれれば少しは落ち着かれるかも?(笑)私は明日の「ラストディナー」を楽しみにしております。
それにしても耕サリエリは…罪なほどの美しさですよね!
モーツァルトLost症候群私の場合は、朝起きるとまず♪耕モー「じょおしきぃ~なん~て~♪」と舞台が頭のなかで開幕(*_*)そのあとはやれ☆ジョージ・パパ「俺に従うのだ~!」の唄だの☆「ナーナーナーナナー」だの☆kojiモーと耕サリの唄が次々オンパレード、美香ナンネルの哀しい歌声やダンサー達の動きがフラッシュバック~そしてラクリモ-ザ♪が鳴り響き…。まぁ、あれだけ見に行ったのです・染み込みますわね~◎いっぱい唄が染み込みました(^_^;)幸せなことですね(笑)
URL | 小麦 #-
2013/03/08 13:38 * 編集 *

素敵母娘さん

レクイエムさまのお嬢さんは玄人の目と耳をお持ちなので…。なんて素敵母娘さんなんでしょう。いい会話だ~v-352
あのサリエリは世に「サリエリカタログ」なる物があれば必ず載せていただきたい!どこから語っていいのかわからない完璧さでした。
中川さんverの沸点低そうなサリエリも魅き込まれました。
というかカンパニーその物が大好きでした。ほんといい舞台だったなあ…。
これがロスなんですかねえ?v-409でも思い出せば幸せな気持ちにもなれるんですv-398
URL | echu #-
2013/03/08 20:30 * 編集 *

お察しのとおり!

小麦殿

>恵比寿の写真展へ行かれれば少しは落ち着かれるかも?(笑)

まさに「ご想像どおりの展開」(笑)
ちょっと正気に戻りました!

でも、完治するにはまだまだですなぁ…
ってか、ロスが少し薄らいできたころにCDが発売になり、
それを聴くとまたぶり返すような気がします
(^_^;)

小麦殿も、染込んでますな、そうとう奥深くマデ(あはは~)
ワタシも同じです!
ものすごい当たり役の舞台を同時に2つ観たようなもんですよね~
どっちも好き過ぎて、つらい!!
本当に贅沢な舞台でした~
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/09 15:13 * 編集 *

幸せな舞台でした

echu殿

娘とワタシはまるで正反対なんですが、ある一定のところだけは趣味が合致しているみたいです(笑)

とにかく、サリエリもドハマりだし、モーツァルトもドハマリだし…
一度にものすごい耕史くんを二つ見られる、
そんな夢のような舞台でした。
そして、もちろんワタシも、出演者全員とスタッフ全員、
とにかくチームの素晴らしさゆえの大成功だったと思います。
なにもかもレベルの高い極上の舞台でしたよね!
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/09 15:26 * 編集 *

たびたび失礼致しますが、、小ネタ(ご存知かもですね)ですが。。モーツァルトのあの回る舞台は、ナントたった三人の人力で回っていたそうな☆~すごい☆この情報にはびっくり致しました!。。舞台美術のことはよくわからないのですが、華やかな世界の、文字通り舞台裏ではハードな世界もあったのですね。頭が下がる気持ちになりました。
URL | 小麦 #-
2013/03/09 16:50 * 編集 *

総合芸術

小麦殿

そうらしいですなぁ…
あれが人力だったと聞いた時は本当に驚きました!
舞台というのは本当に総合芸術だと思いました。
演出、出演者はもとより、照明・衣装・メイク、大道具、小道具、舞台セット等々
演者も、歌と芝居と間合いとその立ち姿と、そして周りとのバランス、客席の空気感と…
そのすべてを結集したパフォーマンスなんですよね!
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/03/10 09:55 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2017-ecb6dcb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top