FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

大千秋楽カテコ(2)

コンスたんの涙涙の挨拶のあと
なんか他の方々もあまりにも感極まってて…
どうしていいかわからん感じで…

そんな時は、やはりこの男がしめるわけだ

「もう長くしゃべるのもあれなんで…
パーッといこうってことで」

すると会場から

「えええ~~~」

の不満の声(笑)

すると

「“え~”じゃない!!
そういうことです!!」

とキッパリ!

ワタシの耳には
「え~じゃねえんだよ
カテコってのはそういうもんだ」
って副長の声で変換された(笑)

あははは~

そして

「じゃあ、みんなで盛り上がりましょう!
“夢を支配する者”!」

と副長コウジ。

この時の「夢を支配する者」って言い方がすげえカッコえかったあああ~
何がどうカッコえかったかというと、具体的になかなか説明できないんだが
(^_^;)
落ち着いた口調で、
なんつうか
ぐいっとみんなを引っ張っていく感じ

例えて言うなら
一軍を率いる指揮官みたいな
二股口の副長みたいな

あはは(^_^;)
スマンです
例えがどうしてもこっち方面になってしまう(笑)


ここからはもう
ステージ上のみんなも
客席のみなさんも
みんながチームモーツァルト!!
って感じで、一体感があっての大盛リ上がり

コウジバージョンだったのか
歌い出しはコウジくんが先だった!

ここでは、自分があまりに跳ねてガンガン飛ばしていたんで
ここの記憶がほとんどない(^_^;)

おぼろげな記憶だと

ステージ上の丘に上がったキャストたちが、ドレスや貴族コスのままガンガンノリノリで踊り狂っていたような…

アロイジアさんなんか、頭振り過ぎたのか、ポンパドール頭がまがっていたような(笑)

で、ガンガン盛り上がって会場のテンションも最高潮になったあたりで

コウジくんのバックちゅーが出た~~~

あのコスで、あぶねぇ~(^_^;)
しかもすれすれで手をついてバク転にした感じで~

きゃああ~
おおお~~
うわああ~

と会場から歓声が上がった!

このバク転のすごいところは
歌いながらバク転したってとこ~

止まって、「せ~の、はい」っていうんじゃなく
歌いながらやってんだよな~
声を出しながらのバク転
しかもあのコスプレで~

床スレスレで、ひやひやしたが、でもすげ~~~

(舞台でバク転を見たのは、いつかのジェイミー以来かなぁ)


夢のような会場ダンスフロア状態も終わり、
拍手と歓声の中、袖へはけていくみなさん

みなさんありがとうございました~~~
また会いましょう~~~

と2人のモーツァルトは歓声に応え

(投げキッスとハグはここだったかな!?
ちょっと忘れましたが)

笑顔でお手振りしながら去っていった…


去り際にコウジくんが

「バク転、危なかったです」

と言ったんで、会場拍手と爆笑だった。


そしてついに最後のカテコへ
ここでは感動の即興ハモリが出たのだった

スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2003-06c483bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top