FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

大千秋楽カテコ(1)

昨夜は寝るまでサリエリ脳

お風呂で
♪この手を血で染めて~♪
台所で
♪鏡の中から聞こえる~♪

と歌い続けて寝た・・・


で、今朝起きたとたんに
♪常識なんて~♪
だの
あっ!あっ!あっ!あっ!あ!
で机に駆け上がる姿だの
がいっきにフラッシュバックした

なんでこんな風に交互に出てくるのさ~
サリエリ脳だったはずなのに、一晩寝たらモーツァルト脳
唐突すぐる~~~


で、もう今さらなんですが、(^_^;)
せっかく帰りの新幹線でモー友・サリ友と一緒に思い出してメモしたんで、ファイナルカテコをちょこっと!

※順序とか言葉は、かなりうろ覚えです
(^_^;)
はしょったところもいっぱいありますのでヨロシクです
m(__)m


ついに迎えてしまった、大千秋楽のカテコ…

東京オーラスでは皆さんがけっこうしゃべったりしていたけど、ファイナルということで、感極まっておられる方が多く、何か話そうとすると泣いてしまうようで、みなさん泣き笑い…な感じだった。


オールスタンディングで鳴り止まない拍手!
会場も客席も熱い思いで迎えたファイナルカテコ…

まず2人のモーツァルトが階段を降りて登場。

コウジくんが

「みなさんお疲れ様でした~」

と言いながら、袖にいるみんなを舞台へ呼び込んだ。

やりきったという充実感に満ちた顔、顔、顔
でもこれで終わるという寂しさもあり、感動もあり
舞台上のすべての方々が本当にいい顔をしておられた!


拍手の中、コウジくんが客席に向かって

「本当にありがとうございました。
みなさんのおかげでこうして大阪で最後を迎えることができて幸せです」

とご挨拶。

「え~っ
今日で最後ですが、モーツァルトも言っていたように
“旅の終わりは始まりに過ぎないんだ”と」

ここで客席が大拍手と歓声!!



「あ、でもサリエリは
“すべてはいつか終わるものさ”
って言ってます。
ま、シュールな感じで(笑)」

客席「えええ…」

あっははは~
順序が逆やったら歓声で終わるのに(あはは)
もう、こういうところがコウジヤマモトなんだよなぁ(笑)

このシュール好きめが(笑)


で、隣の中川くんは素直に喜びと感動を語るっていう、
ええコンビやなぁ…

「今、耕史さんと2人で階段を降りてきたじゃないですが
それが、え、と、それが、ビートルズの来日した時みたいだなって思って
ビートルズに重なって…
いつも…」

ここでちょっと感極まって泣きそうになっていて、言葉につまった中川くん。

その横で大泣きしているコンスたん。
その大泣きを見てもらい泣きしながら

「ちょっとそんなに横で泣かないでよ…
そんなに大泣きしてどうする・・・(涙声)」

と中川くん。

そんな2人を微笑んでみている、シュール好きなグレイのテル似
(あはは)
もしかしてコウジくんも目がうるんでいたのかもしれないなぁ…


コンスたんが泣きながら挨拶

「AKB48の看板を背負ってこの舞台に出させていただいて…
始めは怖かったんです…
でも、こんな素晴らしい舞台で真ん中に立たせてもらって…
とても自信になりましたし、本当に幸せでした…」

言葉につまりながらボロボロ泣いて、でも、一生懸命挨拶する才加ちゃん
会場のあちこちから
「頑張って~」
「才加ちゃ~~~ん」
と声援がいっぱい飛んだ!
男性の声だけじゃなく、女の子の声も多かったなぁ…
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2002-05971fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top