FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

今さらながらの東京オーラス(1)

もう今さらって感じですが(^_^;)

ファンヒーターのキラキラ星で発狂したんで(笑)
東京オーラスのことをちょこっと書いてみまする


スペシャルカテコの前に本編のことをひとつふたつ


君の胸にタトゥーの場面

いっきなり袖から高ジャンプで出てきた~
そのジャンプの高いこと高いこと

今までの出方の数倍の高さ(大げさ)

そして、前奏の「タタタタター」にピッタリ合わせて横ステップ踏んで
「ツン」ってポーズしたぁああ~~~
この出方、まさにフランス版のモーたんとそっくり
いやあのジャンプは高さと勢いありすぎ~(笑)

これを見た瞬間
「ぎゅご!」
って声に出したらしい
(隣の席だったモー友が「変なうめき声がした」って言ってたんで(笑))

で、このオーラスのタトゥ場面がチャラエロくてチャラエロくて
(ぐふふ)

今まで「やっぱモーツァルトだし」ってことだったんだろうか!?
妙にハンパなモテ男だったから、見ているこっちが照れくさかった(ワタシだけか)
すか~す
オーラスのタトゥは、モテ男全開だっだのだ~
もうなにも迷いが感じられず(あはは)
心底イケイケモテ男だった~

ぐほ~~~~~

ここまでやるかっていうほどチャラエロかった
オマエは愛の戦士か~~(笑)

大阪のこの場面が見ものですな!
モテ男路線を極めるか!?
それともおさえるか!?

ワタしゃエロチャラ道を極めて欲しい
(そんな道があるのか)



レクイエムが流れる中、モーツァルトがベットに横たわって苦しんでいる場面…
痛みにもがき苦しむその時、何度も白目をむいていた
これがホントに衝撃だったなぁ…

そして最期に光の中で神に召されるモーツァルトが一瞬微笑んだ
その微笑があまりにも透明であまりにも神々しくて泣けた…

すべてが光の中に包まれて浄化されていく~
それは舞台の上だけでなく、客席も一緒だった…

すべてを包んでいってくれた…
その包容力の大きさよ
大きな愛に包み込まれたようなそんな幸福感を味わった気がした

今思い浮かべても涙が出ます…


スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1981-156bef09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top