FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

モーツァルトを語れない…

コウジモーツァルトの感想はアフタートークのレポがあって書く暇がない…

てのは実は口実で(^_^;)

ホントは語れないんでつ


あまりに愛おしくて・・・
あまりに切なくて・・・
あまりに心を持っていかれて・・・


なんだろう

サリエリはもう自分の趣味ど真ん中で、
そのエロ美しさと妖しさとセクシーボイスと
自己崩壊していくドラマチックさ、滅びの美学

とにかく完璧なサリエリにずぶずぶと溺れるだけ溺れる感じ…

モーツァルトは観れば観るほど切なくなって
その繊細さ、そのけなげさ、純粋さが痛々しい

なんだろう

コウジくんのモーツァルトは現世での救われなさが大きくて
天に召されていくことでやっと安らぎを得た感じが本当に切ない…

観終わった後も、そのせつなさがいつまでも胸に残って心が泣いてしまうのだ。

みんなに愛情を与え続けるモーツァルト…
でも、その愛情は自己犠牲のもとで注がれる
愛情を降り注ぐたびに自分の傷が増えていく

白鳥が自らの羽をむしってその羽でみんなを暖めるような
この感覚は…

なんか『幸せな王子』っていう童話が浮かぶ

サリエリは、もう心行くまでズブズブと溺れる快感がある
地獄まで堕ちてもいい~~~~っていう

モーツァルトは何度でも観たい
でも観ると切ない
でも観たい
最後に浄化されていく姿が本当に神々しい


たとえていうなら

サリエリに溺れる感じは
頼長さまに溺れる感覚と似ている
自己崩壊の美学

それに対してモーツァルトに心を持っていかれる感じは
薄桜記の典膳に心を囚われた感じに似ている

素晴らしい音楽を作ってただただみんなを幸せにしたい
でも、時代に翻弄され、理不尽にいろんなものを奪われ、
最後には命さえ奪われる…
それでも最後の最後まで美しい音楽を作ることに身を捧げ、それを貫き通していく
そして死が彼に安らぎを与えれくれる…

こういうのに弱いのだぁ~
こいうのがもうダメなのだ~

いつまでもいつまでも尾を引く胸の熱さと切なさ…


だからなかなかモーツァルトを語れないのだ


・・・って

けっこう語ってしまったな(あはは)
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

東京千秋楽

終わってしまいましたね~
予想をはるかに超えてすばらしかったモーツァルト。

レクさんのこの語りで、語りつくされてる気がします。
今日が見納めだった私は、帰ってからもぼーっとして、
やっとこちらにお邪魔したら、
今まで赤青半々だったテンプレの薔薇が青一色になって、
はらはらと星が降っていて、胸をつかれてしまいました。
昨日でルージュが終わり、今日はインディゴのみ、
で、とうとうおしまい。

死に近づいてゆく耕史モーツァルトの
どんどん透き通ってゆくような透明感はただならぬものでした。
その弱り方の切なさ、愛おしさ。
でも最後のサリエリとのデュエットで私たちも浄化されるというか。
階段をのぼってゆく姿がジーザスに重なりました。
耕史くんの愛しい役が、またひとつ増えましたね。
URL | ふみ #mQop/nM.
2013/02/18 01:04 * 編集 *

また逢おう×2 モーツァルト&サリエリ

v-266東京公演終了しましたね。
結局六回も行ってしまい^^;三回行く予定がもののみごとに「二役分」行った計算になったわけで(笑) 
まだ大阪がありますが、昨夜の東京オーラス感動しました。エンディングで全出演者が居並んでコメントする場面ではチームのムードの良さが伝わってきて。。主役も素晴らしいけれど出演者やスタッフすべての人々の力がないと進んでいかないですよね。今回プレビューから東京オーラスまで各所通しで観て、そのすべての人達のパワーアップをひしひしとe-266感じることができ幸せでした。まさに『希望』を頂きました。
それにしても、耕史さんのv-266歌声『薔薇の香りに包まれて』v-266『殺しのシンフォニ』(カナ?^^;すみませんサリエリの2番め・ぐるぐる回るステージ上巡りながら唄う曲☆)が特に入ってしまい頭の中を繰り返し繰り返し~エンドレス~(笑)
もう、再演しかないですね!!^^
URL | 小麦 #-
2013/02/18 09:26 * 編集 *

ありがとうございます!!

ふみ殿

テンプレを褒めていただき、本当に嬉しいです。
特別の思いで変えた青バージョンだったので!
誰がというのではなく、チーム全体の結集力の凄さ
舞台はつくづく総合芸術だと実感させてくれた舞台でした。
こういうレベルの高いものがもっともっと増えてくれたら・・・
フィルの演出の上手さにもうなります。
あの回る丘を舞台の核にもってきたことで、舞台の奥行きと迫力が全然違った!
サリエリの回る舞台は圧巻でした!
そして、中川くんをはじめ、才能のあるたくさんの方々を知ることが出来たのも大きかったです。
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/21 12:08 * 編集 *

見事な舞台でした

小麦殿

ほんとにおっしゃるとおり!
舞台は総合芸術であり、作品にかかわったすべての方々の力の凄さ、
毎日舞台がどんどん進化して濃密になっていく様子がはっきりとわかった舞台でした。
まだまだ、これで完成とは言いたくない
まだまだ進化していく舞台だと思うし…
大阪の公演がどうなっているか
どんな進化を遂げているか
観たい気持ちと、さらに大阪を観てしまうことでロスが大きくなってしまうことの恐怖で、バクバクししています(あはは)
大阪も盛り上がりましょう(^O^)/
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/21 12:14 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1977-ea013099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top