FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

アフタートーク第3夜(1)

昨日のアフター

爆笑ネタでオオウケもあり
演出家のフィルにバンって最初に言い切った男気コウジ話ありで
中身が濃かった~~~\(^o^)/


※例によって順序とか、言葉は要約したものでいい加減です。
昨日は笑いすぎていつもにまして記憶が飛んだので、深夜に友達何人かにいろいろ思い出したことを寄せてもらって、それを参考にして思い出しながらまとめてみました。



まず、トークに行く前のカテコでの爆笑ネタ

カテコで耕史くんが

「このあとアフタートークがあるので、このままお待ちください。
あ、でも、帰りたい方がいれば帰っていただいてもかまわないですけど」

というと、ジョージさんが

「アフタートークはお得なんだから、このまま残ってもらったほうがいいでしょ~」
と言い、レオポルドモーツァルトになりきって
「息子よ、残ってくれるようにみなさんに言いなさい!!」

会場オオウケで爆笑

ジョージさん、ありがとう\(^o^)/

これでつかみはおっけ~(あはは)


さてアフタートークの4人が登場
山鶴緑中(やまつるみどりなか)(笑)

前のトークと違うのはとにかく鶴見さんのコスがスゴイ(あはは)
出てきただけでインパクトありすぎて
会場もまだ何もトークが始まらないのに、鶴見さんの姿だけですでに大ウケ状態

で、鶴見さんがまず

「しゃべっていいですか!?
それとも「我輩は~」って言った方がいいかな!?」

とデーモン閣下のモノマネで言うから、もう会場大爆笑と拍手!

ハマりすぎやろ(笑)


「ホントに存在感がありますね~」

とコウジくん。

「とにかくデカイでしょ!
それで、このメイクなんで、さすがに妻はわかったらしいけど、観に来た母が自分の息子だとわからないまま観ていたらしいです」

会場爆笑

するとグレイのテル耕ちゃんが

「あ、俺の友だちが観に来たとき、最後まで鶴見さんを俺だと思って観ていたって」

会場またまた爆笑

うそやろ~~~~(笑)
ま、でも、耕ちゃんの運命姿も観てみたいが…

中川くんは

「もうすごい存在感で
僕が下にいて、(運命が上から)出てくると怖いです、
ホントに怖い~
ああ、この人が出てきたら何か不吉なことが起きる~~~みたいな」

と本当に恐ろしそうに言っていた。

鶴見さんは

「俺って台詞はひとつだけなんだよね
(酒場のオヤジで)「まあまあお客さん」
あとはずっと無言のまま…
それでもう1役やってます。
どこで出ているか分かる人はいるかな~」

ここで客席から
「冒頭の十字架を持っている役」
みたいな声があがり

「うわ~よくご存知で」

と嬉しそうな鶴見さん。


緑子さんの衣装の苦労話になり

「この衣装はホントに暑いんですよ。
コルセットコルセットコルセットっていう風に締め付けているから…
見た目ほど重くないんですが、とにかく裾捌きが大変で
最初は慣れるまで、みんな踏んづけていましたね…」

ここでワッカのドレスの話になり鶴見さんが

「僕、フィナーレの時にアロイジアとお母さんにはさまれているから、その間にいてたいへんなんだよね~
ワッカのドレスとドレスにはさまれているから横に動けなくって、
みんなで横にステップしている時も、みんなはステップを踏んでいるのに僕だけ縦乗りになってるの
だってさ、スカートを踏んづけたら悪いからさ~」

で、こんな風に縦のりっていうのを再現してくれた
デーモン閣下の縦のり姿があまりにもおかしくて
会場爆笑
ステージ上の3人も爆笑

特に、耕ちゃんなんか、身をのけぞらせて「あっははは~」って声に出して笑っていたもんね。
ツボに入ってしまったらしい…

鶴見さん、面白すぎじゃ~~~


で、ここでカテコの話から

「アッキーは(サリエリが)終わったとたんに
 バ~ンっていっきに戻るよね~」

とコウジくん

「だってもうすっごい解放感なんですもん!」

と中川くん

前のアフタートークでも、何度もおっさっていたなぁ~
サリエリからフィナーレで解放されて嬉しい~~って!
サリエリの鬱屈感がホントにつらそう…

「耕史さん、今日はすっごくスピンしていましたよね
何回回るんだって感じで~
何回くらいスピンしたんですか!?」

そういや、昨日のソワレのモーツァルトはやたらと回っておったな~
いつもより多く回っております~みたいな(笑)

耕史くんの答えが

「ああ、数え切れないくらい(回った)
俺さ、暇になるとスピンしてるから」

会場大爆笑

暇になると回るって(あはは~)

じゃあ、これから回るたびに、ああ暇なんだなって思うぞ(笑)



こんな風に笑いの渦だらけで進んでいったトーク

次にサイコロを転がした、そのお題は!?

続く~(あはは~)
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1971-3b2d6d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top