FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

アフタートーク第2夜(1)

ホントはコウジモーツァルトについての思いを日々書きたいのだが、アフタートークのレポだけでいっぱいいっぱいなのじゃ~

耕史くんのモーツァルトは、切なくて悲しい…
自分は傷だらけになりながらも、
愛情をいっぱいみんなに降り注いでいるモーツァルトだから…

ああ、ダメだ
今思っただけでも涙が出てしまう…


ってことで、


第2夜のアフタートーク

※例によって半分くらいしか覚えていないし、その話がどこで出てきたのか思い出せないので、順序はかなり前後していると思います。
言葉もいい加減ですので、そこんとこヨロシク


メンバーはコンスたんこと秋元才加ちゃん、中川くん、グレイのテル似(笑)

カテコの後、3人揃ってすぐに登場(あはは~)

ステージ上には、やはり一夜と同じように椅子3脚とサイコロ


「ヤマナカアキです」

と中川くん

最初なんのこっちゃとわからんかった(笑)

「え、なに!?」

とあとの2人

「え、だってこれに山中秋って書いてあったから」

と手元のパウチした紙を指して説明する中川くん

「山中秋で~す」



こんな風に始まったトーク(笑)

まずそれぞれの役を演じてみてどうかという話題から

「コンスタンツェをやっていて、どうですか」

と一応MC担当らしきグレイのテル似が(しつこい)才加ちゃんに聞いた

初めてでたいへんですがみなさんに助けてもらって頑張っていますと言い、

「2人のモーツァルトがいるんですから
相手役が2人いるようなもんで…
まるで違う2人なので」

とコンスたん。

「大きさも違うもんね(笑)」

「だってこの舞台って出ている人みんな背が高いんだもん
小さいのは僕と○○くんくらいで~」
(出演者のどなたかのお名前が出たが忘れました(^_^;))

と中川くん


「まるで違うもんね
それってどう!?たいへん!?」

と耕史くんが聞くと

「いえそんなに大変って言うわけじゃないです、いろいろ助けていただいているので・・・」

「ここらへんをなんとかするのが大変で(胸の辺りをさわって)
ほら、ないものをあるように見せなきゃいけないし」

コンスたん、なかなか大胆発言(笑)


「アッキーはどう
今日は2回公演だったんだよね
俺はモーツァルトでは初めての2回だった」

と耕史ん

中川くんは

「耕史さんがモーツァルトの2回で、僕はサリエリとして初めての2回公演で…
いや~もう、モーツァルト2回っていう耕史さんの大変さがわかるから、サリエリとしてもパワーを出してモーツァルトの大変さを支えなきゃって!だって舞台はバランスだから…
モーツァルトが熱いならそれと同じくらいサリエリも出さなきゃって思ってやりました」

と語り、2人で2回公演の大変さを語った

「モーツァルトはフィジカル的にたいへんなんだけど、サリエリは精神的につらいよね」

と耕史くん。

「うん、だから、フィナーレはやっと解放されて嬉しい~」

と中川くん

「フィナーレはこれでもかっていうほど弾けているよね、アッキーは」

と耕史くん。

「だってフィルが、最後の歌はサリエリやモーツァルトじゃなくて1人のアーティストとして出て来てって言ってたから。
もう僕はやった~自由だ~解放されたんだ~って嬉しいんだもん」

サリエリから解放された瞬間の嬉しさを体全体で表現する中川くん
そんな中川くんをニコニコしながら見ている耕ちゃん。


「じゃあ耕史さんは(演じてみて)どうですか」

と中川くんに聞かれ、まず第一声が

「とにかく高くて、キーが」

だろうなぁ…

「ホントにキーが高いよね
普通の曲の1音、2音高い。
アッキーはちょうどいいんじゃないの?」

すると

「耕史さんはいつもそういってくれるんですけど、僕にもあれはたいへんです。
あの高さはホント大変」

と中川くん

「え!?そうなの」

と驚く耕ちゃん

会場もみんな「え!?」と思ったのでは
だってあの中川くんの歌を聞くと、大変そうに思えないもんなぁ…
中川くんすげ~~~

「そうですよ。あれはすごい高さです。
なんでも、曲を作るときフランス版の役者さんが歌いやすい所を、ってどんどん音が上がっていったみたいですよ」

としみじみ音程の高さを語る中川くんだった。



話しながら後ろのサイコロの存在を気にして、何度も振り返るグレイのテルコウジ
一応トークの段取りが頭をよぎるらしい、
あとの2人は全然気にしていないし~(笑)

で、半ば強引に立ち上がって

「なんかこれを転がすらしいから~
この手作り感満載のサイコロを」

と手作り感満載のサイコロをコンスたんに渡すグレイのテル似(しつこ~)

昨日はジョージさんがちゃんと「何が出るかな」を歌ってくれたが、今日は誰も歌わんから、シーンとした中で、転がるサイコロを3人で待っている変な間が笑えた~
ビジュアル系ロックシンガーと輪っかのドレス姿の貴婦人と宮廷の貴族の3人が、サイコロをじっと見ているのが笑えた~(あはは~)


サイコロが止まったところでMCらしき耕史くんが

「これはイチバン上のやつってことですよね」

とサイコロを掲げて読んだ、そのお題は


続く~(え)
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

えっ!

えっ!(笑)

いつも本当に有難うございます。
続き待っています。
URL | 私も通りすがり #-
2013/02/15 11:46 * 編集 *

超、!お久しぶりです!
いつも楽しみなレクさんのレポ
ワクワクしながら拝見しています。
大阪インディゴ一回の観劇ですが
ますますパワーアップした耕史君にあえますね!
レクさんお身体に気をつけてください、
いつもこちらでエネルギーをいただいています!
URL | ココア #-
2013/02/15 20:17 * 編集 *

おっ!

私も通りすがり殿

なんとか途切れ途切れの記憶を辿り、
友達の記憶ももらいながら
レポ完成しました~\(^o^)/
抜けているところだらけですが、楽しんでいただけたら嬉しいです♪
続きを待っていてくださる方がいるってだけで、マジ嬉しい~
ブロガー冥利に尽きまする(^O^)/
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/21 11:44 * 編集 *

おお!

ココア殿

おひさでございまする
お返事が遅れて、申し訳ありませぬv-436

アホみたいな記事ばかりですが、いつも読んでくださり、
励ましのお言葉をかけていただき、本当に感謝です
去年の病のあと、まだまだ完治はしていないのですが、みなさんからパワーをいただいて楽しいブログライフが送れています!
感謝感謝~~~
\(^o^)/

大阪が呼んでいる~~~
ご一緒にめいっぱい盛り上がりましょうね!!
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/21 11:55 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1965-a4283f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top