FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

アフタートーク第1夜(2)

3人とも段取りの書いてあるファイルみたいなものを持っているんだが、ほとんど見てない(あはは~)

でもやっと気がついて、
「あのサイコロで出た質問に答えるってことらしい」
ってことで、セットの階段に置いてあったサイコロを運んでくるグレイのテル似(笑)

小堺さんでおなじみのサイコロトークってわけか~

サイコロには
他のどの衣装を着てみたいか
とか
誰がイチバンのライバルか
とか
いろいろ書いてあった。

ジョージさんが
♪何が出るかな何が出るかな♪
と歌い
中川くんがサイコロをころがし
出たお題が
「フィリップマッキンリーさんはどういう演出家だったか!?」

ジョージさんと中川くんが口々に

「鬼!」

会場爆笑

やはり厳しい稽古だったんですなぁ…

「僕が特に怒られて」

と中川くん

「アッキー、けっこう悩んでいたよね」

とグレイのテル耕(笑)

「だって僕には特に厳しくて…
 あんまりつらいから(マッキンリーに)聞いたんです
なんで僕にこんなに厳しいのかって
そうしたら、キミはもっとできるからだって」

するとジョージさんが

「なに、それ自慢!?
結局自慢なんじゃないの~」

会場爆笑

「違います~
違います
僕本当にそういうのって苦手なんです
そういう風に言われると、ものすごくプレッシャーに感じてしまってつらいから
そういうこと言わないで欲しいのに
みんなと同じでいいっていうか
ホントにただつらいだけなんです」

とホントにつらそうに言う中川くん


ジョージさんが

「あ、でもね、彼が厳しく言うのは、そう言われても這い上がってこれるヤツにだけなんだよね
なにくそ~って!
俺なんか、舞台稽古の前日に、前日にですよ!
“ジョージ、君は映画やテレビに出ているときは通用しても、舞台ではその滑舌は通用しない”
って言われて、その日眠れなかったんですよ~
でもくそ~って思って
アメリカ人に滑舌どうのって言われたかねえって、やってやるぞ~って(頑張った)」


「モーツァルトが父の手紙を読む場面で、モーツァルトに命令するじゃないですか~
あのジョージさんの迫力が本当に凄くてもう」

と中川くん


そして
「コウジくんはどうだったマッキンリー」
と言われ

「あ、僕は近づかないようにしてなるべく遠くで見ていたから」

会場爆笑

かならずわざと微妙にはずすんだよね君は(笑)

「なんかああしてこうしてって言われても、
あ、はいはいわかりました~そうします~
オッケーって
ローラみたいに!」

ローラ出た~~~~~

会場爆笑

テルの次はローラかぁ~(笑)




ジョージさんが

「2人はB型なんですよ
僕はA型だから細かいところまで見ているんだけど…
同じB型なのに全くタイプが違うんだよね~
アッキーは動物に例えるといのしし!
もうまっすぐ一直線に全力疾走して、ぶつかっては向きを変えてまた走り、またぶつかるみたいな…
舞台稽古のとき、モーツァルトが女の子たちを引き連れて走り抜けるところで、女の子たちを置いて一人で走っていっちゃったんだから」

会場爆笑

「あと、アッキーはお父さんに詰め寄るシーンで
“必ずお父さんを見下してみせます!”
って言っちゃったんだよね」

とジョージさん

するとグレイのテル似が

「あっそうそう
でもアッキーのモーツァルトならそれもありって思える
“お父さんを見下してみせます!”」

アッキーモーツァルトのモノマネ出たー(あはは)

会場爆笑

わずか10分足らずのトークでモノマネ3個
どんだけ~~~(笑)





ジョージさんは耕史くんについて

「山本耕史さんは、なんていうか、ちょっと近寄りがたいっていうか、
ここから先には入らないでね~みたいなゾーンがあって
おしとやか~に断るみたいな」

「おしとやか~に」ってのがバカウケして会場爆笑

で、ジョージさんが

「あ、でも、この間耕史くんの出待ちをしていたら、ちゃんと車の窓を開けて手を振ってくれたもんね」

と、言うと

「ジョージさんがいたら窓を開けるでしょ、普通」

とグレイのテル似。




トークの最後に

ジョージさんが

「これだけのキャストとセットや衣装
完全に採算度外視してやってます!
みなさんが盛り上げてくれてロングランになればいいなぁ~と」

これを受けて耕史くんが

「お帰りの際にはチケットを買っていただいて
できればお隣の人の分も一緒に買ってあげてください」(笑)


最後は3人で「どうもありがとうございました」と挨拶をし、お手振りをして去っていかれました~

短い時間なのにすごく濃い内容で楽しかったです!
生テルも聴けたし(あはは)

終演後のお疲れなところをこんなステキなトークを聞かせてくれて感謝感謝です!!
ジョージさん、中川くん、耕史くん
本当にありがとう(^O^)/
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1963-79e0014f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top