FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

まだまだこれから

昨夜はモーツァルトが登場してから我を忘れて溺れすぎて、疲れた(笑)

歌ったり、泣いたり、語ったり、跳ね回ったり

そういう動きのあるところももちろん萌えたが、なにもせずにただたたずんでいる時にこそ最高に美しい!
台詞も動きもないのに、沈黙と表情だけで全てを語るってのがまさに彼の素晴らしさだった…

例えば

初めてアロイジアの歌声を聴いて心を震わせている時のモーツァルト。
美しいもの心が触れた時のなんとも切ない涙目の顔がものすごく美しかったし、痛々しいくらいに純粋だった。

この顔を観ていたら、こっちも涙が出ました~


例えば

最期が近づき衰弱している時にさえ、妻を気づかい、うつろな微笑みを見せ、
なおも痛みにもがき苦しんでいる顔、手、身体

もう、衰弱して死にそうな演技は天下一品ですのう

「日本一死に際が似合う男」


最後に階段を上って光の中へ向かっていく時
ただ階段を上っているだけの後姿なんだが、ほんとうに神々しい~~~
あの階段の上り方の美しさは何!?

ドリアンの時、階段を降りてくるその姿のあまりの気品に満ちた降り方に感激したんだったなぁ…


まだかなり後ろの席から1回観ただけなのに、語る語る

しかし、プレビュー1回終わったに過ぎない
これからホントのコウジモーツァルトの初日がくるのだ

それは2月13日

中川くんのモーツァルトをサリエリとして見続けたあとのコウジモーツァルトは、きっと変化し進化していると思うのだ。
それを観るのが楽しみで楽しみで~


舞台は生ものだから…

いくら稽古を積んでも、やはり実際に観客の前で演じ続けてこそ進化するもの。

中川くんの13日のサリエリも、モーツァルトとしてサリエリコウジを見続けあとのサリエリだから、昨日のプレビューよりさらに進化していると思う。

カンパにー全体も、まだまだ煮詰め具合いが薄いところがあって、それがこれからどんどん煮詰まって濃密になるに違いない!


カテコで

耕史くんへ両手で思いっきり投げキッスを送った中川くん
それを受けて、ちょっと恥ずかしそうに片手で投げキッスを返した耕史くん

観客に向かって
思い切り嬉しそうに飛び跳ねて手を振って応える中川くん
素に戻ると途端に照れがきてしまい、ちょっとハニカミながら手を振る耕史くん

ほんとに好対照な二人ですなぁ…\(^o^)/

カテコで、二人がしっかとハグした姿は感動だった




動き出したばかりの舞台

すべては

「これからだ!」(by 局長)
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

レクイエムさん、お疲れ様でした!!というか疲れではないですよね至福の世界ですよね~^^今日の初サリエリもご覧になるのですか?
私はとにかく全部のレベルが高いなあ、と。劇場、舞台装置、衣装、役者たち、、バレエありクラシックあり、、特に歌姫の北原瑠美さんの歌声の素晴らしいこと!鳥肌が来て泣きそうになりました。そしてアッキー君と二人で唄うとこ☆ほんとうにしのぎあい(いい意味で)て感じで感動ものでした。コングさんも歌うまいし芝居うまいしキムラさん湯澤さん酒井さん素晴らしい芝居◎akaneさん菊地さんの歌声も素晴らしい。そして秋元さんは将来いい女優になるだろうな、と思いました。鶴見辰吾さんはやはりオーラあって素敵。ただ、松之木天辺さんを探すのを忘れた(笑)。~そしてそしてそんなすべてを受け止めまとめあげモーツァルトという作品の世界観を見事に体現しているのが耕史さんでした!!!巨大な空間や私たち観客がが耕史さん一人に軽~くふわりと包まれているような・・・◎

URL | 小麦 #-
2013/02/10 09:42 * 編集 *

まさに!

小麦殿

まさにまさにおっしゃるとおり!

>巨大な空間や私たち観客が耕史さん一人に軽~くふわりと包まれているような

これです、まさにこれ!!

本当にそうでしたよね~
秋元さんがコウジモーツァルトを
「身を委ねていると、世界ができあがってしまうような印象です。」
とおっしゃっていましたが、まさにそうでした~



今度はサリエリなわけで…
ああ、もういったいどうなるの、アタシ
てt感じです(笑)

URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/10 10:57 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1948-c3cbed79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top