FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

感激感涙のモーツァルト

あまりの感激にまだまだ言葉になりませぬ

この感動をどう書いたらいいのよ~~~~


一部を終わったときのあの大感激

いや、一部で初めてモーツァルトが登場した瞬間から、あまりのかっこよさに悶えっぱなし~


ロックスターなんだもん、完璧な!!

歌い方もロックスター


何より、一部幕切れの「薔薇の香りに包まれて」( Je Dors Sur Mes Roses)

絶叫に近い怒りの叫び

吠えてからさらに唸った

こんな声は初めて聴いた!

いわゆるミュージカル風なきれいな歌い上げではなく
シャウトだっ!!
そのシャウトの仕方がロックそのもの

歌い上げがロックスターだった!
めっちゃめっちゃカッコイイロックバンドのスター

マジで趣味過ぎて悶えた~


どのシーンも素晴らしくてひとつひとつ語るのはまだまだ時間がかかるそうだが…

結婚式の白いモーツァルトはあまりの美しさに泣けた…

イケイケにはしゃぐ姿も
みんなを従えて歌い踊る姿も

死が近づいてきて弱っていく姿も

どれもがすべて素晴らしすぎだ~

サリエリとモーツァルトが一緒に歌うところはホントに胸に染み入るようで、泣けた

そして、最後の光の中へ旅立つモーツァルトは、神の申し子のような神々しさがあった


モーツァルトの生涯を次々に見せていくので、ダイジェスト版のようになりがちだが、コウジモーツァルトは、シーンとシーンとの間の行間を埋めているのだ…
だからたたみかけるような展開でも、ちゃんとその隙間が埋められていた。


まだまだ語りつくせない
あまりにどハマり状態なんで、頭の中がパニくっています…

観終わって客席から出口へ向かうときに、たくさんの友だちや知り合いの方々に会った。
どの人も会う人会う人全部が異常なテンションと興奮で、高揚していた!
会った人たち全員が全部ハイテンションって、こんなことは初めてだったよ~


カテコは3回

拍手の中オールスタンディング

と、客席5列目くらいか、舞台上から出演者たちが指差したその先にいたのが演出のマッキンリーだったのだ~

会場から大きな拍手が沸き起こり、客席のマッキンリーは拍手に包まれながら立ち上がって観客に笑顔で応えていた。

ちょうどマッキンリーのすぐ側の席で見ていた友によると、マッキンリーさんは感極まって泣いていたとな!!!
何度もメガネをはずして涙をぬぐっていたとのこと・・・

マッキー、こんな素晴らしい舞台をありがとう\(^o^)/

出演者のみなさんがすばらしかったのはもちろんだが、
照明、舞台セット、特に衣装デザインの素晴らしさよ!!

今日が初日
これからまだまだ進化していくだろうなぁ



そして

明日はサリエリだぁ~
なんという幸せな舞台なんだろうか…
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

感謝です!!

レクイエム様、

ありがとうございます!!

まだかな?まだかな?(すみません)と
楽しみにしてました(#^.^#)

素晴らしい舞台だったんですね♪
感想読んでて、こちらも鳥肌が・・・

CD発売とても嬉しい~
やっと山本さんの舞台のCDが聴けます(涙)
「リンダリンダ」はDVDで観れて・聴いてますが・・・

DVD発売は本当にないのでしょうか?
絶対に発売して欲しいですよねっ

これからもどうぞよろしくお願い致しますm(__)m
URL | lemi #80Bn6GJI
2013/02/10 00:14 * 編集 *

まだまだです

lemi殿

ほんとですね
映像も欲しい~~~
あのように破壊的なかっこよさを手元に置きたいです。

昨日はまだプレビュー
感激・激萌えはしましたが、まだまだもっと煮詰まって欲しい。
舞台は生ものなんで日々進化していきますから、これからさらに煮詰まっていくだろうと期待しています。
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/10 08:19 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1947-d14038ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top