FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

さらに素晴らしい記事が!

朝日グローブの記事がさらに追加されていた

なんとレミゼの演出家ジョンケアードさん!!!!!!

あまりにも嬉しい内容のインタビューで感激あああああ

ガブローシュ時代のコウジヤマモトを語ってくださっている!!

なんとすでにこの頃からマリウスをやりたがっていたのかああ~
凄すぎる~~


そしてイチバン驚き感激したのがここ

「耕史は、ビブラートの幅を小さく抑え、ぶれずに力強く発声する歌唱法を身につけた最初の役者の一人だったと思います。しかも単に身につけるだけでなく、この歌い方を本当の意味で理解し、非常にうまく歌う先駆け的な役者になった。いまでは日本のミュージカルは、ほとんどこの歌い方に変わっています」

これを海外の演出家に言わせてしまうとは…
素晴らしすぎて感涙しました



そして、明日

久々に海外の演出家と組んだ全く新しい舞台の幕があがるのだ
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

ジョン・ケアードさんの記事紹介ありがとうございます!!感激の内容ですね!!
耕史ガブローシュの映像を見たことありますが、ガブローシュの出番になると当時の共演者たちも舞台そでにみに集まった程だったそうですよ◎~本当に耕史さんは根っからの役者なんですね。 ア~楽しみな今日☆です。^^
URL | 小麦 #-
2013/02/09 09:31 * 編集 *

何も手につかない~

小麦殿

コメントありがとうございます

なんせ昨夜からじゃ、コメントはおろか友達からもメールが全然こなくなっています(あはは)
みんな昨夜はどうやってすごしたんだろ!?
なんて、思っている自分が実は全然なってなくて(笑)
夜明けにめざめたわりには顔も洗わず歯も磨かずで何時間も過ごしていました。
このインタビューを読み返したり
自分の書いた毎モの過去記事を読み返したり

もうすぐですな!
ああ、何ものどを通らないです…
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/09 10:08 * 編集 *

レクイエム さん、頑張って!!(笑)
私は一昨日は久し振りに新潟へ帰郷しました。古町あたりの衰退ぶりに蕭然。^^;高校時代学校帰りによく立ち寄りましたからね~名画座ライフとかカミーノとか・・多分同じころではないかしらレクイエムさまと?^^高速バスで昨日帰京。明日はモートァルト!!☆の想い一心に。
今日は、お互い興奮疲れの余波で意識をなくさぬよう、頑張りましょう~(笑)
URL | 小麦 #-
2013/02/09 10:36 * 編集 *

感激です。

耕史くんは私にとって
「ビブラートの幅を小さく抑え、ぶれずに力強く発声する歌唱法」を「完全に理解し」「非常にうまく使い」こなして繊細に人物を表現して見せてくれた最初の役者
です。まったく、そこに感動して本当のファンになったと思います。

「80年代大ビブラート」に違和感があり、小さなカンパニーのいくつか以外はあまり見てもこなかったので、耕史くんが日本での先駆けであったとはこのインタビューで初めて知りました。これでもかとどこまでも完璧な朝日グローブの記事、称賛するしかありません。

では、チケットの日付間違えず転ばず行ってらっしゃいませ。
URL | タイム #EKsGaSlY
2013/02/09 11:09 * 編集 *

興奮!

小麦殿

興奮疲れどころか、テンションが上がりすぎて地上へ下がってこられない感じです。
現実生活にもどれない・・・みたいな(あ~)

名画座ライフ、カミーノ古町・・・
なんて懐かしい~
実家から徒歩数分です
ワタシの洋画の原点はライフでした。
あそこで数々の名作を観ました。
その時に観た映画が、今のワタシの趣味趣向に大きな影響を与えていると思います。

大和デパートもなくなったし、北光社もなくなって
ホントに町が一変してしまいましたよね
地下街のローサもシャッターを閉じているところが点在…
人通りも少なくて寂しい感じですよね
(ToT)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/10 08:07 * 編集 *

まさに

タイム殿

昨日の感激のいったんはやはり声でした!
もちろんビジュアル、憂いの表情、佇まい、演技にも激萌えだったのですが、声ですなぁ…

いわゆるミュージカルな歌い上げではなく、ロックでした!
ハスキーな感じ、シャウトする時のかすれ具合い、
高音域の絶叫具合い
力技でぐいぐいいくところがツボでした~

サリエリを観るのがコワいです
どんだけ溺れるかと思うと(あはは~)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/02/10 08:16 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1940-9da48432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top