FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記いろいろ

モーツァルトに心弾ませつつも
ふと
最期のテンゼンの微笑みを思い出して涙ぐんだり
ヤスベエの「ござそうらわずや」なんて台詞を思い出したり
カンゾウ、シンゾウ、ジンゾウのネーミングに思い出し笑いをしたり
「耳の穴かっぽじってよー聞け」なんて叔父上の台詞が浮かんだり
「あなた!」とテンゼンを呼ぶ千春たんの声を思い出したり

何かと薄桜記を思い出すなぁ…


今も、たまたまテレビをつけたらテレ朝で、
土曜サスの『西村京太郎トラベルミステリー・終着駅』をやっていて
石垣佑磨くんが映った途端に
「うおっ、サンノジョウじゃないか~
 こんなところにいたんか~」
と思った!

あはははh~

もう今や、チーム薄桜記の方々は、
そのキャラでしか認識できん!!!!!!

そして、丹下典膳は、ワタシの中ではすっかり歴史上の人物になってる(え)

ヤスベエがいるならテンゼンもいるはず
あの2人はセットだもん

堀部ヤスベエがホントにいたんだから、
丹下テンゼンもホントにいたのだ!
絶対にいたんだ!!
いたいたいたいたんだあああ~
いたんだったらいたんだあああああ~

ぜぇぜぇぜぇ…

何をそんなに力んでいるんだ、ワタスは(笑)


そういえば、拙宅の薄桜記マラソンの記事を読んだ仲間の中には
お正月にやはり第1話から最終話までいっきに観た友がいた!
また、別の友は、お正月休みの間に2日間に分けて第1話から観たが、10話でやめたそうな
最終話は切なすぎて観られなかったからだとか…
そして、典友から聞いたのだが、薄桜記公式の掲示板でも「大晦日に第1話から全部観た」と書いている方がいたそうだ

どんどん広がる、“薄桜記いっき観”の輪(あはは~)


いっきに観たからもういいか~というと、全然そうじゃなく
またすぐに観たくなってきてしまう

なんだかもう、薄桜記という底なし沼にはまって
ズブズブと引きずり込まれてしまったようじゃ~
一度ハマってしまったら、二度と抜け出せない

「それが彼岸島だ」

ならぬ

「それが薄桜記だ!!」

正直、ここまでハマってしまうとは予想しなかったもんね

BDの発売日まで、もう少し

特典映像の
「 山本耕史 最後の一日/最終回「雪の墓」の舞台裏」
が早く観たいよ~~

でも、観たらきっとまた泣いてしまうんだろうなぁ…
スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

一気観賞

こちらにお邪魔しては、レクイエム様の臨場感あふれる記事に
毎日楽しませて頂き、元気貰っていますm(__)m

昨日、今日は「頼長さん」「歌川さん」などの過去記事拝見しました。
オオムちゃんと山本さんの踊る姿などもうもうメイキングで見てみたい!!

大晦日に一気鑑賞の輪の一人ですが・・・、なんと「七面社」のスペルミス・・・トホホ。お恥ずかしい次第で、即お詫び書き込みしたんですけど

なんともはや、「生来の粗忽もので・・」(~_~;)

ほんと、何度も何度も観たくなる作品ですよね。
『このドラマの中のすべての人物が近しい存在(愛しい存在)になっています』(笑)

特典も楽しみで楽しみで。こちらで教えて頂いたfabulous actで知って「やったぁ」な「あのコレデモカコレデモカの浴衣」もカラーでみれるなんて・・・もう感激です。(山本さんもカラーでお見せできないのが・・・と言ってらっしゃいましたし)

ちなみに、ほとんど毎日くらいロックモーツァルトCD聴きながら通勤しています(#^.^#)すごい好みな楽曲・声でDVDも・・・舞台観に行けそうにないのでやけになって聴いてる?のもあるかもしれませんが(笑)
山本耕史さんの舞台、想像しただけでも「はぁ」堪りません!
「おのれナポレオン」のあのコスプレに表情にもやられました・・・

今年も「そうそう!そう!」とこちらに伺ってはテンションあげさせて頂きます。
『感謝!感謝!』でございます。
URL | lemi #80Bn6GJI
2013/01/06 14:00 * 編集 *

本所松坂町公園

『薄桜記』の余韻はまだまだ続きますよね…
まさに季節にぴったりの時期に地上波放送があって、
本当に良かったなあと思います。

江戸東京博物館の『浮世絵の中の忠臣蔵』展、
2日前に行って参りました。
飛ぶ火鉢や雪洞手燭、落ちた煙管など、
臨場感があってすごく良かったです。
さすが国芳!

せっかくなので本所の吉良屋敷跡にも。
広大な屋敷の86分の1しかない狭い公園ですが、
以前にはなかった吉良さまの木像が出来て良かった。
去年の夏、ご領地だった吉良町の方々が、
像の上に屋根も作って下さったとか。

私が滞在した10分くらいの間にも、入れ替わり立ち替わり
中高年のグループがいらして盛況でした。
絶対『薄桜記』効果だと思うと嬉しいです。

でも「吉良方には丹下左膳もいたんだよ」
「へ~そうなんだ。知らなかった」
なんて会話も聞こえてきて、
それ史実じゃないから!名前も違うから!
と声をかけるかどうか悩んでしまいました(笑)

すぐそばの和菓子屋・大川屋さんでは、
「吉良まんじゅう」も販売しています。
きなこ餡の上品な味で美味しいですよ。
おすすめです(月曜定休)。
URL | ふみ #mQop/nM.
2013/01/07 12:41 * 編集 *

おお!

lemi 殿

うおおお~
いっき観されたんですね\(^o^)/
お仲間お仲間!
通して観ると、それぞれの成長ぶりや変化がよくわかりますよね
それに、第1回の輝く若殿ぶりや幸せな暮らしが、なんだか切なく思えました。
ワタシも「生来の粗忽もの」で(^_^;)
しかも
「親戚筋でいちばんのできそこない」で
さらに
“ふり”ではなく、正真正銘の「へっぽこ」です(笑)

本当に素晴らしい作品で、この先ずっと台詞も使っていきたいです!

いつもこんなアホブログを読んでいただき、
過去の記事までさかのぼっていただいて
ありがとうございます(嬉)
第一章から第二章を読むと、どんどんウザく熱くなっているのがわかります(あはは)
最初はなにげなく始めたのに、こんなに長く続くとは…
山アリ谷アリですが、これからもノタクタしながら続けていければいいな~と思っていますので、よろしくお願いします
(^O^)/

モー曲はステキな曲ばかりで、毎日聴いても飽きないですよね!
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/01/09 07:42 * 編集 *

行きます!!

ふみ殿

さすがですなぁ
いつも貴重な情報をありがとうございます!
ワタシも今月中には絶対に行こうと思っています。
ふみ殿のように両国の国芳→吉良邸跡
→そして吉良まんじゅう(ふふふ)
というコースで行くつもりです(^o^)/
まさに薄桜記効果ですね!
名前は違っているけど(笑)
史実でも典膳殿がいるような錯覚は
ワタシにも起きています(あはは)
安兵衛がいるならテンゼンも絶対にいないとおかしい~
なんて本気で思ってしまうんですよね…
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2013/01/09 07:49 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1861-8206a5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top